クイーンコーラルクロスの船内。ゲームコーナーが消えた!|2021年 御船印旅行記 番外編 その2

御船印の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「マリックスライン・クイーンコーラルクロス、上り第1便に乗船した」時の様子、その2をご紹介します。

★前回の記事★

船内売店の様子

クイーンコーラルクロスに乗船し、就航記念の御船印をゲットしました。

御船印は売店で販売されているので、ここから船内を散策したいと思います。

ちなみに、こちらの案内板では案内所と売店が常に空いているように見えますが、実際は空いていない時間も多いです。

こんな感じ。

御船印はじめ、売店の商品は買うことが出来るタイミングで買うのが吉です。

ということで、売店の様子です。

新造船就航に合わせて、マリックスラインの新しいグッズが販売されていました。

こちらも就航記念グッズ。日付入りのお酒です。

以前と同様、奄美の島々の黒糖焼酎も並んでいました。そしておつまみも。

手作りのおにぎりもあります。

お菓子も並んでいますが、売店で販売されている商品は比較的少ないような気がします。

船内Wi-fiは繋がりにくい

客室は3階と4階にあります。

最近ではほとんどのフェリーに付いていますが、クイーンコーラルクロスもエレベーターを利用することが出来ます。

こちらはエレベーターの中の様子。細長いです。

客室以外の設備は少な目で、日本の長距離フェリーの定番ともいえる「ゲームコーナー」「マッサージチェア」も、ついに姿を消しました。

写真は作業スペース。コンセントも付いています。

この場所以外にも、自由に使えるコンセントは至る所に設置されていました。

というよりも、「どんだけコンセントあるねんw」というくらい、コンセントが多かった印象です。

Wi-fiルーターも発見しましたが…

繋がらず… ルーターとの接続は出来ていたので、ルーターがネットに繋がっていなかったようです。

まだ出港前、那覇に接岸しているときにチェックして駄目だったので、船内Wi-fiは諦めた方が良さそうです。

奄美の人たちの生活を支える航路

宴会が出来そうなテーブルとイスもあります。

壁に額が掛けられています。最近の長距離フェリーはホテル風なので、絵画が飾られていることも多いですが…

寄港する島を象徴するようなポスターが掲示されていました。

ちなみに、写真の「唄う島」は奄美大島の様子です。

観光客やトラックドライバーよりも、奄美の島々の人が移動したり、モノを運んだりするための手段として利用されることが多いのでしょう。

奄美で農作物の出荷がピークを迎える時期は、船の遅延が見込まれるという案内が、その点を象徴していると言えます。

那覇発の第1便にも、早速徳之島の高校生たちが乗船していました。

新しい船ということで、写真を撮っている生徒も多く、きっと彼ら・彼女らにとっても、「第1便に乗った」ということは、思い出になることでしょう。

人とモノが動くということは、地域経済も動くということ。まさに生活航路です。

次回は客室内とレストラン、その他の設備などをご紹介します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1500人→前日比-2
Instagram (目標3000人)3115人→前日比-3
Youtube(目標100万回) 299025回→前日比0

~移住3年目329日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました