道路もネコ優先 「田代島」でネコが神である理由 | 2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記4

2019年→2020年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2019年→2020年 年末年始の旅」旅行記その4をお届けします。

★前回の記事★

猫神社に到着 ネコが神の島

港から歩くこと約20分、猫神社に到着しました、

f:id:beautifuldreaman:20200123054450j:plain

ネットで田代島を調べると、「ネコの島」として有名であることが分かります。

今回私は、それを知ってて島に上陸したのですが、ここまでネコの姿を1匹も見ていませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20200123054550j:plain

さすがに、猫神社にはネコさんがいました

最近はPRとして、「ネコの島」を謳う島が多いです。

ただ、わざわざネコの島と言わなくても、離島はどこもネコが多いです。

f:id:beautifuldreaman:20200123054404j:plain

上陸するまでは、田代島もそうした島のひとつで、「野良猫」がたくさんいるんだろうと思っていたのですが、どうやら違うようです。

漁業が中心だった田代島では、ネコは昔から今も、大漁を招くありがたい存在として、大切にされています。

猫神社の雰囲気も、観光客向けの安っぽいものではありません

f:id:beautifuldreaman:20200123055235j:plain

こちらはネコへの餌やりを禁止する看板です。

島民の方によって、島のネコはご飯は与えられているので、観光客が次々とおやつなどをあげてしまうと、食べ過ぎの状態になってしまいます。

f:id:beautifuldreaman:20200201053720j:plain

場所は変わりますが、こちらは仁斗田港にある、ネコごはんおあずかりBOX

本当にネコのことを思う人は、持参したネコのおやつやご飯を、ここに預けるべきでしょう。

そうでない場合は、ネコのためでなく、自分が楽しむための餌やりでしかありません。

f:id:beautifuldreaman:20200126054553j:plain

島のネコには予防接種も施されているようです。

田代島はネコがたくさんいるわけではなく、ネコが大切に守られている、だから「ネコの島」なのです。

ちなみに、犬はネコの天敵であるとして、田代島への持ち込みが禁止されています。

田代島にゃんこ共和国

f:id:beautifuldreaman:20200123055710j:plain

こちらは平成元年に廃校となった田代中学校。現在は「田代島にゃんこ共和国」として、観光客向けに開放されています。

かつては1000人近くの人が島に暮らしていたそうですが、現在の田代島の人口は60人程度、ネコは約130匹。

島に学校はなく、子供たちは島外へ通学しているそうです。

f:id:beautifuldreaman:20200123055914j:plain

二宮金次郎の銅像とプロペラ機の残骸。

よく見ると金次郎さんの足元にも、ネコが座っています。

f:id:beautifuldreaman:20200123060404j:plain

こちらは癒しの写真(笑)

皆さん気持ちよさそうにお昼寝中です。

f:id:beautifuldreaman:20200123060558j:plain

校舎の中では田代島グッズが販売されています。

喫茶店のようにもなっており、休憩するにはちょうどいい場所です。

外には自動販売機もあります。

f:id:beautifuldreaman:20200123060902j:plain

校庭にはヘリポートも設置されています。

f:id:beautifuldreaman:20200123061525j:plain

中学校の横には小学校の跡。

こちらは整備等されておらず、ジャングルになっており、敷地内に入ることは出来ません。

島のマナーは猫優先?

田代島にゃんこ共和国で、しばらくネコさんたちと触れ合った後は、また港を目指して歩き始めます。

f:id:beautifuldreaman:20200123060827j:plain

大泊港から猫神社まで、ネコは1匹もいなかったのですが、ここで、私が歩く先にネコさんが現れました

f:id:beautifuldreaman:20200123061717j:plain

恥ずかしそうにしていますが全く逃げません。

するとそこに、島の方が運転する車が来たのですが、ネコが道路の真ん中にいるのを確認し、引き返していきました

「あぁ、そういう島なんだな」と実感する一幕でした。

f:id:beautifuldreaman:20200126055804j:plain

道端で黒猫さんとにらめっこ。

仁斗田港に近づくにつれて、ネコさんたちが増えてきました。

f:id:beautifuldreaman:20200126061016j:plain

ミニカフェ&おみやげクロネコ堂併設田代島歴史資料館という看板を見つけました。

せっかくなので行ってみましょう。

f:id:beautifuldreaman:20200126061307j:plain

こちらが入口です。

ネコさんたちが数匹たむろしています。

f:id:beautifuldreaman:20200126061407j:plain

中に入るとこんな感じ。

ここはもともと島の郵便局だったそうです。

f:id:beautifuldreaman:20200126061659j:plain

人よりも、ネコさんたちのお休み処になっているようです。

f:id:beautifuldreaman:20200126061819j:plain

お昼寝中のネコさん。

こんなにアップで写真を撮られているなんて、気付いていないのでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20200126062004j:plain

どんな状態か分かりますか?

この水色の容器は、学校の教室にあるようなごみ箱です。

聞くといつもここで寝ているようです。このハマり具合が心地よいのでしょうね。

f:id:beautifuldreaman:20200126061550j:plain

昔の島の写真も飾ってあります。

東日本大震災と田代島

f:id:beautifuldreaman:20200126062255j:plain

そしてこちらは震災当時の写真

漁港は壊滅的な被害を受けましたが、集落は残ったとのこと。

おそらく集落まで壊滅的な被害を受けていたら、田代島は現在、無人島になっていたことでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20200126062601j:plain

震災から9年が経とうとしている今でも、沿岸は工事が続いています。

f:id:beautifuldreaman:20200126062727j:plain

津波浸水深ここまでという看板。

これは身長175cmの私の目線です。

f:id:beautifuldreaman:20200126063041j:plain

せっかく震災から復興を遂げているので、島で暮らす人が増えて、これ以上人口が減らないことを願うばかりです。

仁斗田港に到着! ネコ愛が伝わる

f:id:beautifuldreaman:20200126060057j:plain

ということで、無事、時間までに仁斗田港の近くまで来ることが出来ました

船が来るまでの時間は、港周辺を散策します。

f:id:beautifuldreaman:20200126055007j:plain

何でも揃う皆様の店 阿部ツ商店

恐らく、島で唯一の商店。何でも揃うということで、「本当か」と気になりましたが、いかんせんお店の中に入りにくい雰囲気…

椅子に置いてあるホワイトボードには「ドリンクすべて200円」と書かれており、こちらも気になるところです(島インフレ)。

f:id:beautifuldreaman:20200201050845j:plain

ドリンクは、仁戸田港の周辺田代島にゃんこ共和国の2か所に、自動販売機が設置されているので、そちらで手に入れることが可能です。

料金は通常料金と変わりませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20200201051233j:plain

仁斗田港周辺の家々は、作りが古いように感じました。

f:id:beautifuldreaman:20200201051450j:plain

掲示板も年季が入っています。

その横に貼られているのは観光客に向けた4つの注意事項。

1. 道の真ん中で写真撮影NG
2. 人の敷地に勝手に入るのはNG
3. ごみは持ち帰りましょう
4. 動植物の持ち込み・持ち帰りNG

特別なことではなく、どれも当たり前のことです。

f:id:beautifuldreaman:20200126060525j:plain

この朽ち果てた建物は、平塚八太夫さんの土蔵

八太夫さんは、船を使った交易で巨額の富をあげた人物だそう。いわば海運業の成功者です。

母屋は焼失し、この土蔵だけが残っています。

f:id:beautifuldreaman:20200201052027j:plain

こちらにもネコの置物が置かれていました。

ネコが島の人に愛されていることがよく分かります。

f:id:beautifuldreaman:20200201052824j:plain

こちらが仁斗田港です。

人口60人の島にこれだけの船の数。田代島が漁業の島であることがよく分かります。

三陸沿岸はリアス式海岸という、地形を生かした養殖漁業が盛んです。さらに三陸沖は潮流がぶつかる「潮目」があり、世界三大漁場ともいわれています

f:id:beautifuldreaman:20200201051156j:plain

写真のほぼ中央にネコが映っているのが分かりますか?

ネコさんたちは、ここで漁から帰って来た漁師さんたちから、魚のおすそ分けをもらっています

f:id:beautifuldreaman:20200201054300j:plain

もうすっかり陽が傾いていますが、時刻はまだ15時半前。

東北の冬は1日が短いです。

この日は、ここから山形駅まで移動して1泊です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

★動画はこちら★

【2019→2020 年末年始の旅】宮城県の猫島「田代島」旅行記 vlog#2

.

■地に足を付けた都道府県
1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県

コメント

タイトルとURLをコピーしました