アフターダイブで1泊2日 ノープラン久米島へ 暴風吹きすさぶ「はての浜」上陸|2017年旅行記

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2017年に【久米島】を旅した時の様子をお届けします。

★前回の記事★

アフターダイブの過ごし方

前回ご紹介した「慶良間諸島の旅」は2017年2月。

今回の久米島はその2か月後、2017年4月上旬。

就活を早々に終え、大学4年生になったばかりの私は、また沖縄へ飛んだのでした。

f:id:beautifuldreaman:20200202204651j:plain

沖縄を訪れた目的は「ダイビングのライセンスを取得する」ため。

4月は観光の閑散期。

沖縄への飛行機+ライセンス取得』を合わせた料金と、関東近郊(伊豆や湘南、千葉)でライセンスを取る料金は、実はそれほど変わらないのです。

f:id:beautifuldreaman:20200202204802j:plain

沖縄・真栄田岬での、2日間に及ぶ講習を終え、ダイビングのライセンスを取得することが出来ました。

アフターダイブの過ごし方

1日に複数回または連日ダイビングを行った場合、減圧症発症のリスクを抑えるため、飛行機搭乗まで最低18時間空けることが推奨されています。

そのため、ライセンス取得後も、あと2日間、沖縄で時間がありました。

そこで私は【久米島】へ行くことにしたのです。

久米島へのアクセス手段には飛行機がありますが、もちろん安いのは船

那覇・泊港を朝9時に出港する船に乗船するため、宿泊していた沖縄市のゲストハウスから、路線バスで移動。

しかし「東京よりもひどい」と言われる那覇の渋滞にはまり、途中でバスを降りて走ることに。

f:id:beautifuldreaman:20191119060659j:plain

窓口に到着したのは出港10分前。

予約はしていませんでしたが、ギリギリでも船に乗ることが出来ました。

久米島に朝の船で渡る際、前日は那覇市内に宿泊するのがおすすめです。

f:id:beautifuldreaman:20191124204412j:plain

朝の船は途中「渡名喜島」を経由し、3時間半かけて久米島へ向かいます。

料金は往復割引が適用され、往復で6,560円です(2022年4月現在)。

ちなみに、飛行機の場合は35分しかかかりません。

★参考:船内の様子はこちらから★

自転車で久米島を1周

そんなわけで、全くのノープランで上陸した久米島。

f:id:beautifuldreaman:20200202112920p:plain

島に着いてから2,000円くらいで泊まれる宿を予約し、宿でレンタサイクルを借りて、夕方までに島を1周することにしました。

久米島は1周およそ20kmなので、自転車の場合、半日あれば1周することが可能です。

f:id:beautifuldreaman:20200202112201j:plain

天気はどんより曇り空ですが、海は綺麗です。

アップダウンが多く、しかも半日という短い時間。

どこかでのんびりすることもなく、必死になって自転車を漕ぎ、何とか島を1周することが出来ました。

f:id:beautifuldreaman:20200202113155j:plain

宿に泊まっていたのは私1人だけ。

久米島にはファミリーマートもあるので、夕食はそこで買ったカップ麺です。

暴風吹きすさぶハテの浜へ

久米島に1泊し2日目。

那覇へ戻る船の出港は14時。午前中がまるっと空いていたので、「ハテの浜上陸ツアー」に申し込みました。

f:id:beautifuldreaman:20200202114011j:plain

上陸しました。こちらがハテの浜です。

久米島の東にある砂浜だけの島

3つの砂浜を合わせて「ハテの浜」と呼ばれており、ここへ上陸するために久米島を目指す人も多いです。

f:id:beautifuldreaman:20200202114331j:plain

しかし、この写真だけ見ると、何が魅力なのかいまいち分かりません。

沖縄本島のビーチで撮った写真と変わりません。

パンフレットで見るような美しい景色とは全く違っています。

【島旅10秒動画】久米島・はての浜上陸!※嵐のため音量注意※

動画で見ると、暴風が吹いていることが分かります。

この日のハテの浜はでした。

幸い波がなかったので、上陸することが出来たのでした。ある意味貴重な体験になったかもしれません。

ベストコンディションの「ハテの浜」には、またいつかリベンジしたいと思います。

f:id:beautifuldreaman:20200202113122j:plain

無人島なので基本的には何もありませんが、お手洗いはあります(写真)

ハテの浜へ渡る船が、水中を見ることが出来る「グラスボート」であったため、そちらも楽しむことが出来ました。

ツアー終了後、14時の船に乗り久米島から那覇へ、そして夜の飛行機で東京へ帰りました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

☀上陸した島☀

No.25 久米島(沖縄)2017.4.8
No.26 はての浜(沖縄)2017.4.9
※無人島は島数に含みます。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました