那覇発名護行き 沖縄の長距離路線バスに乗車 土日祝フリー乗車券利用|2020年 旅行記その1

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「路線バスで行く沖縄の旅」その1をお届けします。

★こちらもおすすめ★

土日祝限定フリー乗車券をゲット

2020年7月18日の金曜日の仕事終わり、那覇バスターミナルにやってきました。

ゆいレール・旭橋駅に隣接しており、ここからは沖縄本島各地に路線バスが運行しています。

ただ、この日はバスに乗るわけではありません。

目的は「土日祝1日限定 フリー乗車券」をゲットするため。

こちらのフリー乗車券を利用すると、特定の1日に限り、那覇バスと琉球バスが2000円で乗り放題になります。

★参考:沖縄県内のお得なバス乗車券★

お得な乗車券

7月19日の日付が記載がされた乗車券をゲットしました。

こちらの乗車券は、利用する当日にも、 県内数カ所にある窓口で購入することが出来ます。

しかし、私は始発バスから旅を始める予定で、その時間だと窓口が開いていません。バス車内での販売はないため、事前に手に入れておく必要があったのです。

ちなみに、沖縄バスと東陽バスにも乗車出来る「沖縄路線バス 周遊パス」もあります。

こちらは2500円、土日限定でもなく、大変使い勝手がいいのですが、観光客向けのもので、沖縄に在住している人は利用出来ません

那覇から名護 乗車時間約2時間の路線バス

ということで翌日、早朝の那覇バスターミナルにやってきました。

5時45分発の名護西線に乗車し、名護バスターミナルへ向かいます。

実は以前からこの路線に乗ってみたくて、今回の旅を実施したようなものです。

【20】名護西線は、約65km離れている那覇から名護までを、約2時間かけて結ぶ長距離路線。

それが土曜日の早朝にも関わらず、15分おきに出ているのは、なかなか凄いことだと思います。

この日最初のバスがやってきました。

沖縄の路線バスは遅れやすい」ということは有名ですが、さすがに朝一番は時間通りやってきました。

本来、私のフリー乗車券では乗ることが出来ない、沖縄バスの車両ですが、名護西線は那覇バスとの共同運行路線のため利用可能です。

那覇バスターミナルから乗車したのは私1人。

約2時間走るバスですが、車両はいたって普通の路線バスです。

ちなみに、国道1号線に変換すると、日本橋から神奈川県・平塚まで行くことが出来てしまうような距離を走る路線バスとなります。

沖縄の朝は遅いです。

夏ですが、朝6時前になって、ようやく空が白んできました。

乗客が私しかいないのうちに、朝食を済ませます。

そして今回の旅は、行き先を特に決めていなかったので、車窓を眺めながら予定を立てることにします。

沖縄にいると、電車に乗る機会がないので、車窓を楽しむ旅をするのも久しぶりです。

早朝の国際通りを通過。

さすがにこの時間、歩いている人はまばらです。

この日はGoToトラベルキャンペーンの初日。

国際通りは、地元の人がほとんど行かない場所になっているので、観光客激減の影響をもろに受けています。

★参考:国際通りの様子(2020年11月)★

国際通りからは数名の方が乗車。

その中には、終点の名護バスターミナルまで乗車している方もいました。

那覇から名護まで、通常料金は片道2000円かかりますこの路線バスが最も安い公共交通機関です。

沖縄本島北部に住むのは大変だなと、この時思ったものです。

沖縄本島中部 車窓から見える米軍基地

バスは国道58号線を北上し、沖縄本島中部エリアへと入っていきます。

勢理客と書いて「じっちゃく」と読みます。

沖縄には難読地名が多いですが、勢理客はその中でも特に読めない地名です。

いかにも夏らしい、白いもくもくとした雲が出ています。

フェンスの向こうは米軍基地のひとつ「キャンプ・キンザー」。

バス路線図を見ても分かりますが、米軍基地が多くなってきます。

送電線があるこちらも米軍の基地、キャンプ・フォスターであると思われます。

次は「美浜アメリカンビレッジ」、こちらも元々は米軍基地でした。

現在では沖縄県唯一の観覧車があったり、アメリカンテイストなお店が並んでいたりと、観光客だけでなく、沖縄に住んでいる人や、米軍の人も多く訪れる場所です。

バスで行くことが出来て、その本数が多いというのも、人気の理由のひとつではないかと考えられます。

この辺りは米軍・嘉手納基地

車窓の両側が基地になっています。

JR八高線も東京・福生の米軍基地の中を走りますが、それと同じような感じです。

沖縄本島北部 リゾートエリアを通過し名護へ

沖縄本島中部を過ぎ、恩納村に入ると、車窓には美しい海の景色が広がります

道端に生えているのヤシの木が、南国ムードを引き立ててくれますが、逆に、那覇からここまで1時間以上、バスの車窓から海を見ることが出来ません

海沿いのリゾートエリアを通過し、美ら海水族館もある本部半島が見えてきました。

名護市に入りました。

アメリカ発祥のチェーン店が並んでいます。

A&W(通称エンダー)は、日本では沖縄にしかないハンバーガーショップ。沖縄旅行の際は立ち寄りたいお店のひとつです。

また、沖縄のアイスといえば「ブルーシール」が有名ですが、こちらは本島内に9店舗。一方、サーティワンは本島に13店舗あり、サーティワンの方が店舗は多いです。

名護市街地は、地方のターミナル駅周辺の雰囲気に似ているような気がします。

いよいよ次は、終点の名護バスターミナルです。

料金表にはずらっと数字が並んでおり、那覇バスターミナルからは1940円

今回利用している土日限定フリー乗車券は2000円なので、これで那覇に戻るだけでも元が取れるのです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました