仕事を辞めて5泊6日の小笠原旅行へ 社会人には難易度高め|2018年旅行記 その1

2018年小笠原

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から「2018年 冬 小笠原諸島旅行記」をお届けします。

小笠原にハマった学生時代

初めての海外旅行で訪れたミクロネシア・ジープ島で、小笠原諸島をおすすめされ、2016年9月、大学3年生の夏休みに、私は初めて父島を訪れました。

★参考:初めての小笠原旅行記★

そこで、すっかり島の雰囲気に魅了されてしまい、2017年1月、再び小笠原へ。

今度は母島をメインに旅をしました。

★参考:私は母島より父島が好きです★

2017年4月、大学4年生になった私は、「卒業論文を学生時代の旅の集大成にしたい」と考えていました。

そして、卒論のテーマを【小笠原諸島の観光】に決め、島での調査を行うという名目で、2018年8月、3度目の小笠原へ。

この時は、島の宿でお手伝いをしながら、父島に3週間ほどの滞在しました。

当初は、「さすがに3週間も島に居たら退屈するかな」と思っていましたが、実際はあっという間

次に来島する日付まで決めて、島を離れたのでした。

2018年2月7日、前日に卒論を提出し、夏に約束した日付の通り、4度目のおがさわら丸に乗船

この時も、夏と同様、宿でお手伝いをしながら父島に滞在。

学生として過ごす最後の時間を噛みしめながら、島での時間を過ごしました。

社会人にとってはハードルが高い小笠原旅行

2018年3月26日。

4月1日には入社式がありましたが、この日まで、私は父島に滞在していました。

【まるで映画のワンシーン】年度末のおがさわら丸 小笠原諸島・父島出港

父島では、いつも盛大におがさわら丸のお見送りが行われますが、年度末は島民の方の上京や異動もあるため、とても感動的な雰囲気に包まれます

「もうこの島には来れないんだな…」

デッキで見送りの様子を見ながら、そんなことを思い、自然とがこぼれました。

浜松町駅から歩いて約10分、竹芝桟橋から出ているおがさわら丸に乗ってしまえば、24時間後には父島へ着きます。

アクセス方法は非常に簡単ですが、社会人になってから、小笠原諸島へ行くことは容易ではありません

小笠原へ行くための唯一の交通手段である、おがさわら丸の運航スケジュール上、小笠原旅行には、最低5泊6日が必要です。

山手線を浜松町駅で降りて、少し歩いて船に乗ってしまうだけですが、船に乗る一歩の重みが、他の離島へ行く船とは全く異なります。

また、GWや夏休みなど、多くの会社が連休を取るタイミングでは、船の予約が瞬く間に埋まってしまいます。

★参考:おがさわら丸の予約が取れない★

それでもやっぱり小笠原に行きたい

会社のトイレやお昼休みに、自分で作った小笠原の思い出動画を眺めて過ごす日々が続きました。

おがさわら丸乗船!

2018年12月4日、私は朝から、小笠原諸島の写真が貼られた埼京線に乗っていました。

私は結局、新卒で入社した会社を半年で退職

理由は、どうしても小笠原に行きたかったから…

ではなく、ネットでたまたま見つけた沖縄の求人に応募してみたところ、採用が決まり、沖縄で生活することになったからです。

ということで、電車を乗り継いで、浜松町駅に到着!

少し時間が出来たので、沖縄へ引っ越す前に、小笠原諸島へ行くことにしました

そんな日の朝の埼京線、しかも私が乗った車両に、小笠原のラッピングがされていたのは、奇跡的な偶然でした。

竹芝桟橋に到着すると、おがさわら丸橘丸が向かい合って停泊していました。

通常であればこの時間、橘丸は八丈島へ向かっているはずなので、前日夜に出港する予定だった便が、欠航になったのでしょうか。

こちらは、竹芝桟橋にあるモニターで流れている、東京の島々の天気予報

翌日からの予報を見ると、小笠原は天気が良さそうです。

離れ行く父島を見ながら、「もうこの島には来れない」と泣いた日から1年も経たず、また小笠原に行くことが出来てしまいました(笑)

ちなみに、小笠原では、人を島を離れる親しい人に対し、植物や花で作られた首飾り「レイ」を送る習慣があります。

レイのルーツはポリネシアの島々にあり、ハワイでは様々な場面で用いられます。

父島を離れるおがさわら丸からは、海に向かって、いくつものレイが投げられます。

せっかく貰ったレイを、なぜ海に投げてしまうのか…

それは、海に落ちたレイが父島にたどり着くと、レイを投げた人は、再び小笠原に戻ってくることが出来ると言われているから。

私も3月に島を離れるときに、島の方からレイをいただき、おがさわら丸から海へ投げました。

きっと、そのレイが、父島へ流れ着いたのでしょう。

11時、おがさわら丸は定刻通り、父島へ向けて、東京・竹芝桟橋を出港しました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました