太平洋フェリー 仙台一時下船でイオンへ 夕食ゲット|2020年→2021年 年末年始の旅その4

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅】その4をお届けします。

★前回の記事★

仙台港で一時下船する

名古屋と北海道・苫小牧を結ぶ太平洋フェリー。

40時間の船旅の途中、仙台港に寄港します。

仙台では3時間ほど停泊し、荷役や、乗客の乗下船が行われます。

その際、北海道(名古屋)まで行く場合も、一時下船が認められています

午前中のうちに船内で案内があり、私も手続きを済ませていました。手続きといっても、紙に名前を書くくらいです。

太平洋フェリー【いしかり】仙台港入港・接岸、ノーカット(2020年)

16時半頃、フェリーいしかりは仙台港に入港しました。

仙台が目的地の人も多かったようで、下船口には多くの人が集まっていました。

ここでは、ソーシャル・ディスタンスが保たれており、船のスタッフの方に対し、「ありがとう」と挨拶をされているお客さんが多く見られたのが印象的でした。

こちらが再乗船証

財布とスマホとパソコンだけ持って船を下りました。

ちなみに、一度下船したらしばらくは船内に戻ることが出来ないので、船内に忘れ物をしないよう注意する必要があります。

名古屋から21時間半、仙台に上陸

名古屋を出港して21時間半、東北の地・仙台に上陸しました。

気温の変化などはそれほど感じられません。

東日本大震災の津波の高さを示した看板が、身長175cmの自分の目線よりも高い場所に設置されていました。

仙台港は仙台市宮城野区という、市街地から離れた場所にあります。

港からは接続バスが運行されており、仙台駅をはじめ、JRの駅まで行くことが出来ます。

★参考:仙台港からバスの案内★

仙台港のご案内|航路・ダイヤ・のりば|太平洋フェリー
太平洋フェリー、仙台港乗り場へ、公共交通機関をご利用の場合やお車をご利用の場合の所要時間や運賃をご案内しています。

一時下船の時間は3時間ありますが、旅の合間の3時間は、あっという間に過ぎてしまいます。

さらに、夕方の時間なので、バスに乗ると、市街地の渋滞に巻き込まれる可能性もあります。

船内でネットが使えなかったこともあり、私はしばし、フェリーターミナルのWi-fiで作業。

イオン多賀城店でおつとめ品をゲット

作業が一区切りしましたが、船の出港まで、まだ1時間半ほどあります。

せっかく仙台にいるので、少し外を歩くことにしました。

東北の海を知ることが出来る「仙台うみの杜水族館」も、港から歩いて30分ほどで行けるようですが、今回私が向かうのはイオンです。

歩いて約20分ほどで、イオン多賀城店に到着。

道はまっすぐなので、迷う心配などはありません。

そして、私がここへ来たのには、明確な目的がありました。

それは「おつとめ品」の購入です。

割引されたパンなどをゲットすることが出来ました。

これでしばらくは食事に困ることがありません(ちなみに賞味期限は気にしてません)。

お惣菜に割引シールが貼られるのを待っていたら、船の時間ギリギリになってしまい、走って船へ戻りました(笑)

再びフェリーに乗船したのは、締切の3分前くらい。

私が最後の乗客だったようです。

仙台出港

【フェリーいしかり】仙台港出港の様子(ノーカット)

寄港地の仙台を出港し、フェリーは苫小牧へと向かっていきます。

苫小牧に到着するのは翌日午前11時

ここから北海道まで、15時間半の船旅です。

前日の夜も船内でしたが、もちろんこの日も船内です。

夕食は売店で買ったカップ麺と柿ピー、そしてイオンで買った安い発泡酒。

夜ご飯を食べて、お風呂にも入って、夜は映画です。

この日は「最高の人生の見つけ方」。

面白くて見入ってしまいました。

映画が終わったのは23時前。

客室はすでに消灯になっており、船内を歩いている人もまばら。

これにて旅の2日目は終了。北海道・苫小牧の気温は0度、雪の予報です。翌朝は、どのあたりにいるのでしょうか。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました