無料のイルカショー・オキちゃん劇場に行ってきた イルカの餌付けも体験|2021年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「海洋博公園・オキちゃん劇場に行ってきた」ので、その時の様子をお届けします。

★こちらもおすすめ★

路線バスで海洋博公園へ

2021年4月、沖縄に初めて上陸してからおよそ5年。私はいよいよ “あの場所” に行くことを決めました。

ある場所とは「海洋博公園」です。海洋博公園は沖縄旅行で一番人気の観光地と言っていいでしょう。しかし、私がここに来るのは初めてです。

海洋博公園には「美ら海水族館」をはじめ、様々な施設がありますが、公園内を歩いている分にはお金がかかりません。

★参考:みんな美ら海水族館を訪れる★

やって来たのは「おきちゃん劇場」。ここでは1日数回のイルカショーが行われており、なんと無料で見ることが出来ます。座席には屋根もあるので、よっぽどの大雨でなければ、濡れる心配もありません。

無料イルカショーを見物

開始時間が近づくにつれ、少しずつ人が集まってきました。

海洋博公園・オキちゃん劇場 Short.ver

イルカショーが始まりました。飛んだり泣いたり、ボールを飛ばしたり、アクロバティックなイルカの動きに歓声が上がります。

かつて沖縄では、名護湾にイルカが生息していましたが、こちらで飼育されているイルカたちは、他の地域から移送されてきたようです。

海洋博公園のイルカショー・オキちゃん劇場の歴史は古く、始まりは1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会(海洋博)。

海洋博に先立って、1974年に奄美大島でイルカの捕獲・訓練が行われ、15頭がヘリコプターで沖縄まで運ばれたそうです。そのうちの1匹「オキちゃん」は今も現役で、ミナミバンドウイルカの国内最長飼育記録を更新し続けています

イルカの餌付け体験が面白い

コロナの影響で上映時間は短く設定されており、あっという間に終わってしまいましたが、それでも十分楽しむことが出来ました。

イルカの給餌体験

どうやらイルカに餌をあげる体験が出来るようです。これは今までやったことがない体験なので、さっそく列に並んでみました。

料金の案内はなく、「いくらかかるんだろうか」と少し不安に思っていましたが、無料のイルカショーに続き、こちらも太っ腹の500円。

バケツに入ったししゃもを数匹貰って、イルカの所へ移動します。

口を開けて待つイルカの、口にししゃもが入るように投げてあげます。なかなか面白いです。

沖縄・海洋博公園 イルカに餌付けする体験(500円)

参加者はちびっこがいるファミリーやカップルが中心。

でもそんなの関係ありません。26歳男1人でも、「お早めにお願いします」とスタッフの方に注意されるくらい、楽しめる貴重な体験でした。

ただ今回は、どのイルカがオキちゃんであるか、見付けることは出来ませんでした。

イルカショーと餌付けの後は、美ら海水族館にやって来ました。でもやっぱり、中に入るのは止めました。逆にここまで来たら、散々あちこち行きながらも、「美ら海水族館に行ったことがない」という事実が、何らかの価値になる気がするのです。

そもそも、本当に自分が行きたい場所であれば、とっくに来ているはずです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました