神の子池から知床へ!ヒグマを見ることは出来るか|2016年北海道&東日本パス旅行記 その7

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「北海道&東日本パスの旅」その7をお届けします。

★前回の記事★

神の子池が青い理由

北海道を車で巡るとき、注意したいのはシカとの衝突です。

北海道のレンタカーには「鹿笛装着車」というのもあるようです。

そして北海道といえば「クマ」にも注意する必要があります。

世界には8種類のクマがおり、北海道に生息しているのがヒグマです。クマの被害は日本各地で発生していますが、本州以南に生息しているのはツキノワグマという、別の種類になります。

クマに注意しながらやってきたのは清里町にある「神の子池」です。

水源は1日12,000tも湧き出す摩周湖の伏流水。

池の底に沈んだ倒木が見えていますが、水深は5mにもなるそうで、透明度が非常に高いことが分かります。

美瑛の青い池に続き、こちらも「青い池」といえるでしょう。

「透明な湧水」「白色の水底」「微粒子の動きによる光の錯乱」という3つの要素によって、神の子池は青く見えているそうです。

水面の白い点は雨粒。雨が降っていても、これだけ青く見えるのです。

周囲を木々に囲まれて陰になっているので、晴れていてもそれほど青さは変わらないと思われます。

知床横断道路でヒグマに会いたい

前日は神の子池から網走へ向かい1泊。この日は世界自然遺産「知床」へ向かいます。

相変わらずの雨。

オホーツク海側の斜里町から、太平洋側の羅臼町に抜ける「知床横断道路(国道334号線)」を走ります。目的は「ヒグマを見る」こと。

そしてさっそく、霧の中にうっすらと生き物が見えています。

車が接近しているにも関わらず、逃げる素振りを一切見せないキタキツネ。むしろこちらに寄ってきてしまいました。

きっとエサを与えている観光客が多いのでしょう。こうした動物が轢かれてしまう「ロードキル」も問題となっています。

知床峠に到着しました。

峠から景色は全く見えず、そしてヒグマを見ることも出来ず。

知床峠到着

ヒグマは国内で北海道にのみ生息する、日本最大の陸生哺乳類です。写真を撮りたいとかではなく、その姿をちらっとでも見ることが出来たらよかったのですが…

この日は網走の宿に戻ることにしました。

こちらは知床から戻る途中の道沿いの景色。雨は止む気配がありません。

こちらは斜里の道の駅にあった張り紙。

車では行くことが出来ない場所ですが、トドを捕食していたクマがトレッカーに突進する事故があったという内容です。

船からヒグマを見ることが出来るツアーもあるので、そちらに参加すると遭遇率9割とも言われています。

★参考:知床のヒグマツアー★

知床の観光船(クルーズ)|知床斜里町観光協会
世界自然遺産知床の観光船情報。ウトロ港か...

せっかくの旅行の1日「何もなかった」で終わりにするのはもったいないので、夕食は宿の近くでジンギスカンを食べました

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

~続く~

コメント

タイトルとURLをコピーしました