沖縄の亜熱帯海洋性気候とは何か 地理学的に気候帯を分析する|観光アイデア教科書 Vol.24

観光アイデアノート

東京から約3時間。飛行機の進行方向左手にやんばるの森が見えるようになり、その数分後には本部半島の上空を通過。そして間もなく、那覇空港へ着陸します。

那覇空港離陸後、天気が良かったので沖縄本島がよく見えました

空港の外へ出ると、温かく湿った空気が、南の島に来たことを感じさせてくれます。

那覇空港は北緯26度に位置しており、一般的に沖縄は【亜熱帯】と言われています。

沖縄は亜熱帯海洋性気候なのか

国(気象庁など)や沖縄県から出ている資料では、「沖縄は亜熱帯海洋性気候である」と紹介されることが多いです。

また、奄美群島や小笠原諸島も同じく、亜熱帯海洋性気候と言われています。

それでは、亜熱帯海洋性気候は、本州などの気候とどのような違いや特徴があるのでしょうか。

地球の気候は、高校の地理の授業でも登場する、「ケッペンの気候区分」を用いて語られることが多いです。

ケッペンの気候区分では、植生と気温によって、世界が大きくA(熱帯)・B(乾燥帯)・C(温帯)・D(冷帯)・E(寒帯)に分けられています。そこからさらに、降水量や雨季・乾季の有無などによって、細かく分類されます。

しかし、ケッペンの気候区分には、「亜熱帯」がありません。

ケッペンの気候区分的に当てはめると…

気象庁のデータをもとに、2015年以降、那覇の月別降水量と最寒月平均気温をまとめると、以下のようになります。

最寒月平均気温が18度以下になる年は、温帯の【温暖湿潤気候】。

18度以上になる年は、最小雨月雨量が60mm以下なので、熱帯の【モンスーン気候】となります。

こちらは那覇より南、石垣島の月別降水量と最寒月平均気温をまとめた表です。

こちらはモンスーン気候となる年が多いですが、2021年は温暖湿潤気候となっています。

これ、沖縄の景色です。

ケッペンの気候区分に当てはめると、沖縄は年によって気候帯が変わるため、「○○気候である」と明言することは出来ないのです。

奄美・小笠原はどうか

沖縄と同じく、「亜熱帯海洋性気候」とされる奄美・小笠原はどうでしょうか。

こちらは、奄美大島・名瀬の月別降水量と最寒月平均気温をまとめた表です。

2015年以降、最寒月平均気温が18度を超えた年はないため、温暖湿潤気候と言えるでしょう。

一方で、雨が多く、2015年と2017年以外の年は、最小雨月雨量が60mmを超えており、もう少し最寒月平均気温が高ければ、熱帯雨林気候の条件に該当します。

こちらは、小笠原諸島・父島の月別降水量と最寒月平均気温をまとめた表です。

那覇や石垣島と同じく、年によってAm気候またはCfa気候となっています。ただ、降水量は少なめです。

生物地理学的には東洋区(熱帯と同じ)

ここまでは、ケッペンの気候区分に基づいて、「沖縄は亜熱帯なのか」を検証してきましたが、ケッペン以外からの見方もあります

生物地理学では、動物相や植物相の違いから、地球の陸域を8つに区分します。

WWF Living Planet Report 2008の地図を見ると、日本の大部分は「旧北区」に属していますが、九州の南端に線が引かれ、トカラ・奄美・沖縄は「東洋区」に区分されています。

また、小笠原諸島は「オセアニア区」となっていることも分かります。

こちらは、トカラ列島・悪石島から小宝島へ向かう船から撮った写真。

悪石島と小宝島の間は「トカラ海峡」と言われ、旧北区と東洋区の境界線は、一般的にここを通るとされています。

トカラ海峡を通る境界線は「渡瀬線」と呼ばれ、これより南にスギ花粉はなく、ニホンザルもいません。

一方で、小宝島にはハブがいますが、悪石島より北にはハブがいません。

生物学的には、小宝島以南は、赤道が通るフィリピンやインドネシアと同じ区分となるため、熱帯地域と言えるかもしれません。

また、小笠原諸島は日本で唯一、ハワイなどと同じ「オセアニア」となります。

ただし、ここでも「亜熱帯」という言葉が、登場することはありません。

海洋性気候とは何か

続いては、亜熱帯海洋性気候の「海洋性気候」の部分について。

ケッペンの気候区分にも「Cfb:西岸海洋生気候」がありますが、海洋性の特徴は「気温差が小さい」ことです。

f:id:beautifuldreaman:20160911104934j:plain

水(海)は、石(地面)に比べて、温まりにくく冷めにくいという性質があります。

これは、私たちの日常生活の中でも感じられることです。

夏のビーチへ遊びに行くと、砂浜の上は灼熱地獄ですが、数m先の海に入ってしまえば、水の冷たさを感じることが出来ます。

一方で、少し曇ったり、雨が降ったりするだけで、素足でも普通にビーチを歩けるようになります。

このとき、海の水が急に冷たくなることはありません。

普段、私たちが感じている気温は「空気の温度」です。

空気は、太陽の日差しによる熱をほとんど吸収せず、海や地面から熱を受け取ります

言い換えると、私たちが感じる気温は、海や地面の熱を受け取った空気の温度なのです。

海に近い場所は、海の熱を受けた空気が、風などを通じて循環している一方で、内陸は風も少なく、地面の熱を受けた空気が滞留します。

これは熱せられた時だけでなく、冷やされた時も同じです。

冬になると、日本は太陽の出ている時間が短くなるとともに、太陽の日差しの量が少なくなります。地面は熱を失い、やがて空気も冷やされます。

ちなみに、太陽の日差しで地球が温められるのと同じように、冬になると地球が何かに冷やされる…というわけではありません。

基本的に地球は極寒の惑星で、太陽が無ければ、丸ごと凍ってしまうとも言われています。

日本各地の年較差をまとめてみた

こちらは、日本各地の気温をまとめた表です。

1991年から2020年の8月の最高気温の平均と、1月の最低気温の平均から、最も暑い月と最も寒い月の気温差(年較差)を比べると、やはり内陸で、山に囲まれた、甲府・長野は、年間の気温差が大きいことが分かります。

○おが丸の朝焼け

那覇、そして小笠原諸島・父島は、他の地点に比べ、圧倒的に気温差(年較差)が小さく、まさに「海洋性気候」となっています。

まとめ

亜熱帯海洋性気候と言われる沖縄ですが、そもそも「亜熱帯」という気候帯が存在しないので、亜熱帯ではありません。

  • 気候区分的にはAmまたはCfa気候
  • 生物地理学的には東洋区(熱帯)
  • 年間の気温差が小さい海洋性気候

というのが、厳密な沖縄の気候区分となります。

「亜熱帯」は、南国を想起させる、マーケティング用語なのかもしれません。

分かりやすさが大事で、そこに厳密さは求められていないのです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました