「東洋に浮かぶ1個の真珠」と言われた与論島。全盛期の面影残る銀座通り|2019年8月与論島旅行記 その5

島活in与論島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2019年8月与論島旅行記 その5をお届けします。

★前回の記事★

東洋に浮かぶ1個の真珠と例えられた与論島

無事に宿も確保したので、雨の与論島を少し歩いてみます。

f:id:beautifuldreaman:20190910074556j:plain

昭和を感じるレトロな案内板。

与論島の全盛期は日本全体で「離島ブーム」が起こった1970年代後半。 「東洋に浮かぶ1個の真珠」 と島には、リゾートの雰囲気を求めて、多くの観光客が訪れていました。

沖縄が米軍の統治下だった時代は、与論島が日本最南端の島でもありました。

f:id:beautifuldreaman:20190910075319j:plain

その後は、沖縄へ手軽に行けるようになったこともあり、観光客は年々減少。

現在与論島へは鹿児島か沖縄から飛行機と船で行くことが出来ますが、沖縄から行くほうが圧倒的に近く、沖縄の海もまた言うまでもなく美しいです。そこで観光客の足も止まってしまうのでしょう。

f:id:beautifuldreaman:20190827124332j:plain

ただ最近は、百合が浜の美しい海が、SNSなどを通じて再び脚光を浴びており、与論島の観光は少し盛り返しを見せているそう。

そういえばこの日の船でも、与論島で結構な人が下船していました。

ギリシア風の建物と銀座通り

f:id:beautifuldreaman:20190910075439j:plain

島を歩いていると、こんなギリシア風の建物がありました。

こちらは一般の島民の方のお店(家)ですが、与論島の姉妹都市はギリシアのミコノス島ということで、島には「ミコノス通り」という通りも存在します。

f:id:beautifuldreaman:20190910123623j:plain

ちなみにこちら、夜は綺麗にライトアップされています。

その一方で、

f:id:beautifuldreaman:20190910075607j:plain

こんな趣のあるお店も残っています。

与論島は市街地をぶらぶらと巡るだけでも、いろいろな建物(お店?)があるので、案外面白いものです。

f:id:beautifuldreaman:20190906211125j:plain

こちらは「銀座通り」。

与論島で最も栄えている通りだそうですが、雨なので人通りはありません。夕方で暗くなっていることもあり、とても寂しい雰囲気です。

与論島ならではの餃子とお酒

f:id:beautifuldreaman:20190910205047j:plain

与論島餃子の旗がありました。

調べると鹿児島県産黒豚とキャベツ・ニラ・玉ねぎをベースに「与論島産島唐辛子」「サトウキビ酢」「海水塩じねん塩」を隠し味に使うことを定義とした、与論島ならではの餃子です。

f:id:beautifuldreaman:20190910205742j:plain

こちらは酒蔵

与論の島酒は「島有泉(しまゆうせん)」。奄美黒糖焼酎の銘柄のひとつで泡盛ではありません。

与論島は奄美大島よりも沖縄本島の方が近く、道端に生えている草木などが織りなす何気ない景色も沖縄とそっくりなのに、文化の面で違いが出てくるのは面白いことです。

f:id:beautifuldreaman:20190910210459j:plain

島有泉はサトウキビとサンゴ礁から湧き出る、ミネラル豊富な地下水を原料にしているそうです。飾っておくにも綺麗な見た目です。

「こんな綺麗な水色の海を見に来たのになぁ」、ふとそう思ってしまいます。

スーパーと商店と居酒屋

写真のスーパーは「ショッピングプラザ トップ」。あまり名前を聞いたことがないスーパーです。

調べると与論島にしかないスーパーのようです(多分)。写真の店舗が銀座通りにある本店。もう1店舗は島内の花川という地区にあります。

他にも与論島には、全国チェーンのスーパー「Aコープ」もあります。

「くすりのてんてん堂」こちらも与論島にしかない薬局です。

こちらは商店。24時まで開いている、与論島のコンビニのようなお店です。 カードや電子マネーも使えるので便利です。

こちらは沖縄料理の「シーサー屋」。

足ふきマットに書いてあるのは「小倉駅前店」。「シーサー屋」で調べてみると検索候補に「シーサー屋 小倉 閉店」と出てきます。

小倉駅前店は残念ながら閉店してしまったようで、 与論島にしかないお店になってしまったようです。

PayPayもトークンも使える

与論島のお店では「PayPay」を使える場所が多いです。

この「ペイペイ使えます」という赤い旗が、銀座通りの色々なお店に立てられています。

他にも与論島では、ほかの離島では見られない「トークンエコノミー」への取り組みが行われています。

この取り組みの主導は大学を中退して、島に移住してしまった21歳の方らしい…

.

ということで、今回はここまで。最後までありがとうございました。

★続きはこちら★

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 340人 Instagram 855人
~移住257日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました