伊平屋島最北端・久葉山に到着!海の向こうに与論島 | 2019 伊平屋島旅行記 その11

伊平屋島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます

今回は伊平屋島旅行記 その11」をお届けします!

★前回の記事★

クマヤ洞窟の入口が見つからない

f:id:beautifuldreaman:20191029054040j:plain

クマヤキャンプ場の隣に、クマヤ洞窟の入口がありました。

パンフレットによると、天照大神が隠れていたとされる洞窟がこの階段を登った先にあるようです。さっそく行ってみましょう。

f:id:beautifuldreaman:20191029054341j:plain

しかし、階段を登り切った先はまさかの行き止まり… 途中、洞窟の入口のような場所は見つかりませんでした。

しかし、この柵の先は明らかに危険です。そんな危険な場所が、パンフレットに載るわけがありません。

f:id:beautifuldreaman:20191029054557j:plain

行き止まりの周囲をよく探してみるとそれらしき岩の割れ目が。

かろうじて通ることが出来そうなので、行ってみることに。

f:id:beautifuldreaman:20191029054757j:plain

やっぱりここみたいです。クマヤ洞窟は沖縄県の天然記念物に指定されています。

ただ、整備されているとは言い難く、危険を感じたので中には入らず引き返しました。そもそも、本当にここがクマヤ洞窟なのかも怪しいですからね。

クマヤ洞窟から久葉山へ

ここからは島の最北端「久葉山」を目指すことにしました。

f:id:beautifuldreaman:20191103062638j:plain

洞窟に行くときは気付きませんでしたが、振り返るとこのきれいな海。太陽の光に照らされてキラキラしています。

f:id:beautifuldreaman:20191103062826j:plain

クマヤ洞窟から先、久葉山までは写真のような上り坂が続きます。

ここは自転車を押して黙々と歩きます。ちなみにこのとき私は上半身裸です(笑)

伊平屋島最北端・久葉山に到着

f:id:beautifuldreaman:20191103063041j:plain

20分ほど上り坂を歩き続け、久葉山の頂上にある灯台までやってきました。パンフレットによると、ここからは与論島が見えるというのですが…

f:id:beautifuldreaman:20191103063326j:plain

こちらは沖縄本島の最北端「辺戸岬」ですね。

f:id:beautifuldreaman:20191103063450j:plain

分かりますか?水平線の向こうに平べったい島影が見えます。

こちらが与論島です。つまり、この海を挟んだ向こう側は鹿児島県になります。

f:id:beautifuldreaman:20191103063815p:plain

ちなみに、伊平屋島・辺戸岬・与論島の位置関係をみると、伊平屋島と伊是名島は辺戸岬よりも北にあり、緯度的には与論島と並んでいます。

f:id:beautifuldreaman:20191103064229j:plain

角度を少し変えてみます。

右側にある島影が与論島だとすると、左側に見えているのは沖永良部島でしょうか。いい天気なので、遠くの島が見えていても不思議ではありません。

ということで、ここから山を下りて、港へ戻ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

NEXT

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 654人 Instagram 1174人

~沖縄移住305日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました