船酔い注意!地獄の定期船「おがさわら丸」の過ごし方|2019年→2020年 年末年始の旅 旅行記11

2019年→2020年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2019年→2020年 年末年始の旅」その11をお届けします。

 ★前回の記事★

旅の4日目は2019年の大晦日。私はおがさわら丸に乗船24時間の船旅が始まりました。

さっそく揺れ始めるおがさわら丸

まぶしい太陽の下、東京・竹芝桟橋を出港したおがさわら丸。

★参考:竹芝桟橋でも見送りがあります★

出港してしばらくは穏やかでしたが、事前にチェックしていた波予報の通り、東京湾を出るあたりから船が大きく揺れ始めました

★船旅の参考に:波予報(気象庁)★

沿岸波浪予想(気象庁提供)
f:id:beautifuldreaman:20191231140608j:plain

相変わらず天気はいいものの、甲板は爆風が吹き、風に乗って飛んでくる波の飛沫で、私もすぐに全身ずぶ濡れになってしまいました。

また、写真通り、船尾には虹も出来ていました

f:id:beautifuldreaman:20191231140820j:plain

出港時には多くの人がいた屋上のデッキへの階段には「昇降禁止」の看板が掛けられ、行くことが出来なくなっていました。

f:id:beautifuldreaman:20191231141319j:plain

猛烈な風と船の揺れで立っているのがやっとです。

普段は御蔵島や八丈島付近で「黒潮」の影響を受け、船の揺れが大きくのなるのですが、この日はまだ東京湾を出たばかり。

東京から父島に向かうおがさわら丸に乗船するのは、これで7回目ですが、こんなに早くから揺れ始めるのは初めてです。

★参考:はじめての時も大変でした★

船酔いとの戦い…

まもなく甲板も閉鎖されてしまいました。

【船旅】大時化&暴風を進むおがさわら丸 2019年12月31日 出港

せっかく旅をしているのに、念願のおが丸に乗っているのに、「寝るのはもったいない!

ということで、ラウンジで過ごすことにしました。

しかし、パソコンを開いて、画面を眺めながら写真の整理などをしていたら、一瞬で気持ち悪くなってきました(笑)

f:id:beautifuldreaman:20191231142401j:plain

うっすら見えているのは伊豆大島。そう、まだ伊豆大島です。

ラウンジのスタッフの方がお客さんに「台風のときみたいです」と話している声も聞こえました。

しかし、父島はまだ遥か彼方。

さらに揺れる船内。ラウンジでは「ガシャーン!」という音ともに、ビンや缶が飛び交っていました。

★参考:台風とおがさわら丸★

私は「立ったら吐く…」というところまで追い込まれていました。

酔い止めは飲んでいません。お酒は飲んでいます。

酔い止めを飲まないのは、島旅好きとして、こういう波の時こそ「慣れてるんで余裕です」という顔をしていたいから。実際、それなりに揺れる船の経験もあります。

★参考:揺れるさるびあ丸★

【東海汽船】大揺れのさるびあ丸 式根島→神津島

しかし、このときはトイレまで行くのも厳しい状態でした。椅子に深く腰を掛け、足を投げ出し、天井を見上げた状態で目をつぶります。

船酔いは一度リバースしてしまったら終わりです。 身体のリミッターが外れてしまうのでしょう。またすぐに吐きたくなってしまうのです。

揺れるおがさわら丸での正しい過ごし方は、酔い止めを飲んで寝ることなのです。

★参考:船酔い止めといえばアネロン!★

海に沈む夕陽を眺める

一人船酔いと闘いながら、なんだかんだで16時になりました。

f:id:beautifuldreaman:20191231160755j:plain

おがさわら丸は三宅島付近。本来はここからが黒潮の影響で揺れる海域です。

ただこの時は、ここまでが激しすぎたせいか、揺れが落ち着いたように感じたので、私はようやく椅子から立ち上がり、少し歩いてリフレッシュ。

何とかリバースは回避することが出来ました。

f:id:beautifuldreaman:20191231113525j:plain

もうすぐ日の入の時刻。2019年ももうすぐ終わります。ただ、引き続き甲板は封鎖されたまま。

船内から夕焼けを眺めます。

f:id:beautifuldreaman:20191231115029j:plain

こちらは、おがさわら丸の船内に流れている電子公告。

「一瞬の景色は永遠のお土産」というフレーズとともに、夕陽に染まるおがさわら丸のイラストが書かれています。

f:id:beautifuldreaman:20191231163112j:plain

本当であれば、甲板で夕陽にたそがれ、2019年を振り返りたかったところですが、景色だけでなく、こうしたエピソードもまた、永遠のお土産になります。

f:id:beautifuldreaman:20191231163105j:plain

それまで閑散としていたラウンジ(恐らく皆さんやられていた)ですが、夕陽を見ようと多くの人が集まっていました。

船内で出会った人と忘年会

そろそろ夕食の時間です。

f:id:beautifuldreaman:20191231114220j:plain

船内ではすでに、一部で宴会が行われていました(笑)

おがさわら丸は、船内のあちこちで宴会が行われている船です。そしてその宴会は、知り合い同士ではなく、船内や島で知り合った人たちで呑んでいるという場合が多いです。

f:id:beautifuldreaman:20191231180808j:plain

かくいう私も、ラウンジで隣に座っていた人たちと忘年会

揺れる船内で、電波も繋がらず… かといって何か作業をしようとすると、私のように船酔いしてしまいます。

でも、寝てるのももったいない。という人たちが集まれば… そういうことなのです。

f:id:beautifuldreaman:20191231194453j:plain

「人と人とが繋がる」というのは、小笠原旅行の魅力のひとつです。

小笠原や旅の話をしていたら、あっという間に20時。場所は八丈島を過ぎたあたりです。

ここで一旦お開きにして、年越しの瞬間に備え仮眠を取ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

★動画編★

【2019→2020 年末年始の旅】おがさわら丸 大晦日出港 vlog #8

■地に足を付けた都道府県
1. 沖縄県 2. 千葉県 3. 茨城県
4. 栃木県 5. 福島県 6. 宮城県
7. 山形県 8. 埼玉県 9.東京都

.

【 SNS本日の結果】
Twitter 967人(前日比+11) 
Instagram 1559人(前日比+13)
Youtube 13361回 (前日比+64)

~移住2年目 69日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました