沖縄のパイナップル農園で収穫を体験してきました!栽培まで2年。日本一の生産量。貴重な沖縄県産パイナップル。

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
パイナップル畑を見学」をした時の話
をお届けします。

ガチのパイナップル農園へ

先日、
ナゴパイナップルパークを見学しました。

★その時の様子★

日本で本格的なパイナップル栽培が
行われているのは沖縄だけということもあり
私は沖縄のパイナップルに興味を持ちました。

やってきたのは草木に覆われた藪の中。

日本最大のクモ
オオジョロウグモ」が巣を作り、
そこにセミがかかっています。

藪の中である一方
すぐ近くには住宅街があります。

何とこの場所に
パイナップル畑があるというのです。

こちらがそのパイナップル畑。

知り合いにパイナップルの農家さんを
紹介していただき、今回は
農園を見学させてもらえることに。

ここには
200株ほどのパイナップルがあるとのこと。

パイナップル農園を見学してみる

パイナップルは地面から生えてきます。

これはあまり
知られていないのではないでしょうか。

基本的には1つの苗から1つの実が生ります。

こちらはすでに特徴的な
パイナップルの葉の形が出来ています。

一定の大きさに育つと、
日焼けを防ぐため新聞を巻きます。

沖縄の眩しい日差しは
パイナップルをも焦がすのです。

そしてこちらが収穫するパイナップル。

一般的にパイナップルは
酸性度が高い赤土の土壌でしか獲れない
と言われています。

しかし、ここは実は赤土ではなく
ジャーガルというアルカリ性の高い
土壌が広がる沖縄本島の中部。

ここでもパイナップルは出来る
というのが、こちらの農家さんが語る
自慢のポイントです。

パイナップルを収穫を体験する

収穫はひとつひとつ手作業です。

大きな畑であっても、
沖縄では手作業が基本。

このパイナップルをしっかり握って

ポキっと。結構簡単に獲ることが出来ます。

苗を植えてから実が生るまでには2年。
収穫は2秒くらい。一瞬です。

この苗にはまた翌年実が生り、その後は
苗を入れ替えるのが一般的なのだそう。

こうして栽培したパイナップルは近くの
ファーマーズマーケット(産直市場)に
出荷されています。

1個1000円とのことですが
すぐに売れてしまうそうです。

この日は農家さんがあらかじめ
カットして冷やしておいてくれていた
パイナップルを頂いてしまいました!

芯まで食べれるパイナップル

甘い…

芯も柔らかく、
皮のギリギリまで食べることが出来ます。

こんなに美味しいパイナップルは
生まれて初めて食べました。

ちなみにパイナップルは、
ビタミンを中心に
栄養成分も豊富といわれています。

お土産までいただいてしまいました!

日本のパイナップルはほとんどが外国産。
国産は全体の4%のみという
貴重パイナップルです。

これぞ「沖縄らしい」というような
体験を楽しむことが出来ました。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1185人(前日比+18) 
Instagram 2415人(前日比+1)
Youtube 47863回 (前日比+1073)

~移住2年目 246日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました