【原付で島旅】穴場「屋慶名展望台」から海中道路「海の駅あやはし館」へ~ 2020年7月 与勝諸島を巡る旅 旅行記その2~

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は
与勝諸島を巡る旅 旅行記」その2
をお届けします。

★前回の記事★

屋慶名展望台へ

敷地島の次にやってきたのは
屋慶名展望台」です。

奥に見えているのが敷地大橋。

展望台があるのは本島側です。
道端に展望台へと登る階段があります。

展望台からの景色です。

青でも水色でもない、
独特の蒼さをした海が
本島と敷地島の間を流れています。

幅が一番狭くなっている場所はこんな感じ。

北海道の「青い池」
を思わせるような蒼い色です。

緑とのコントラストも美しい。

この展望台は、地図を眺めていて
たまたま見つけた場所。

ネットでもあまり紹介されていない
いい場所を見つけることが出来ました。

ソテツと海。

こうしてみると
この場所の蒼さがよく分かります。

屋根もイスもある展望台だったので
しばし休憩。
他に人がやってくる気配もありません。

展望台へ続く階段からの景色。

ぽっかりと空いた木々の間から
敷地大橋と海中道路、
その先には沖縄本島北部の島影も見えます。

島々をつなぐ海中道路

続いては「海中道路」を渡って
平安座島・宮城島
伊計島・浜比嘉島
を巡ります。

全長約5kmの海中道路はその全てが
橋で繋がっているのではなく、大部分が
堤防上の道路として造られています。

橋の上から見た海。

これぞ沖縄という感じのキラキラとした
水色の海を見ることが出来ます。

沖縄本島と平安座島は
昔の人々は潮が引いたときに
歩いて島を行き来していたそうです。

海中道路は1972年に完成しました。

海の駅あやはし館

平安座島へ渡る途中にあるのが
海の駅あやはし館

琉球最古の歌謡集
おもろさうし』で「美しい橋」を表す
「あやごはし」という言葉があり
「あやはし」はそれに由来しているそうです。

橋の上で車を止めることは出来ませんが
海中道路には歩道があるので、
こちらに車を停めて
橋からの景色を楽しむのがおすすめです。

歩道橋から眺める海中道路。

こちらは沖縄本島側。

こちらはこの後向かう宮城島方面。

平安座島と宮城島を経由して
伊計島まで向かう予定です。

道の駅の外にはインスタ映えしそうな、
というよりも、インスタ映えを
狙ったと思われる白いベンチが。

いい感じの写真を撮ることが出来ます。

産直市場もあります

海の駅の中には
産直コーナーが設けられていました。

ちなみに「海の駅」ですが、
魚介類はほとんど
置かれていなかったような気がします。

シークワーサーや島バナナがありますが、
全体的に定番の沖縄お土産が並んでいます。

この日は平日ということもあって
人はほとんどいませんでした。

外にはマリンレジャーの受付窓口もあり
様々なアクティビティも
楽しむことが出来るようです。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1232人(前日比+11) 
Instagram 2433人(前日比+9)
Youtube 52292回 (前日比+1868)

~移住2年目 254日目終了~

コメント

  1. 竹盛窪 より:

      綾橋渡って 浜比嘉の知る蜜ちゅーの里に泊まったことあります。
     オオゴマダラ蝶の縁でつながっています。
      
     26日 港で待ってます。

            海草の実験の手伝いをお願いしたいです。

         泡盛窪

タイトルとURLをコピーしました