やんばる・未開の山を探検する!誰も知らない池を見つけた|沖縄コーヒー 2020年9月編

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄コーヒー農園 9月編」をお届けします。

★前回の記事★

コーヒーの山を作る

安里おじいに連れられて、やってきたのは、草木が生い茂る森です。

一見すると、人の手が付けられていない、ただの森のようにも見えますが…

地面をよく見ると、コーヒーの木がありました。

すでにあるコーヒー農園のように、密集してコーヒーの木々があるわけでなく、他の木々に混ざって所々に点在しているため、間違えて踏みそうになってしまいます。

昨年、安里おじいはこの森をゲットし、周囲の木々を生かしながら、コーヒーの木が育つのかを調べていたそうです。

沖縄では珍しくも生えていました。

こちらは「リュウキュウチク」という、鹿児島県と沖縄県で自生している竹です。

この森にはガジュマルなどがないため、亜熱帯の雰囲気は感じられません。

何だか、関東近郊にある森を歩いているような感じです。

ジャングル探検

「山を案内する」ということで、探検が始まりました。

道なき道へと入っていきます。

斜面も急ですが、安里おじいは何度もここに来ているので、慣れた足取りで先へ進んでいきます。

ぐんぐん進んでいくおじい。

ミリタリー柄の服を着ているので、見失わないように注意も必要です。

そしてもうひとつ、ハブにも気を付けなければなりません。

ここから先は川を歩いていきます。

まさにジャングル探検です。

やんばるの森といえば「ヘゴの木」。

ジュラシックパークのような雰囲気です。

また、周囲の音からも、自然が感じられます。

案内がなければ絶対に来れない場所

どうやらこの池が目的地。

先に到着していたボスがこちらを見つめています。

周囲をやんばるの深い緑に囲まれた素敵な場所です。

ボスも野生を思い出すのでしょうか、水辺ではしゃいでいます。

ちなみにボスは「琉球犬」という、沖縄県原産の日本犬の一種。かつて日本列島に点在していた縄文犬の一種で、沖縄県の天然記念物にも指定されています。

滝も見つけました。

ここは案内がなければ、絶対に来ることが出来ないスポットです。

【やんばる】未開の山を歩く動画 ~沖縄移住した私の休日~

沖縄でしか出来ない、ジャングル探検という、貴重な体験をさせていただきました。

この山が、これからどのように進化していくのでしょうか。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました