おじぃの農園ではシークワーサーも獲れます。未開拓の森にコーヒーの木は育つのか|「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」2020年9月編 旅行記その3

沖縄コーヒー

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は
「沖縄コーヒー農園にカフェを作ろう」
9月編のその3をお届けします。

★前回の記事★

コーヒーの台風対策

前回の記事で、
沖縄(日本)のコーヒーは台風の影響を
強く受けるということをご紹介しました。

おじぃのコーヒーは、木が小さいときに
こうしたくくりをつけることで
木が風で傾くことを防いでいるそうです。

苗を植えつけてから、
こうした若芽が出てくれば
木が根付いたということなのだそう。

植え付けをして、
そのまま枯れてしまうこともあるそうです。

軽く作業を終えたら休憩。

農園にはシークワーサーもある

おじぃの農園には
シークワーサーも実っています

こちらは
収穫・出荷をしているわけではないので
ある意味獲り放題です。

日本で獲れるシークワーサーの
99%が沖縄県産。

今年は沖縄県内で、シークワーサーの
病気が流行っており、木々が枯れてしまう
というニュースもありましたが
おじぃのところにある木々は無事でした。

一般的にはカボスやスダチのように
料理に酸味を加えるため、
搾って使われるのが一般的ですが
今回は皮をむいてそのままいただきました。

酸っぱいのかと思いきや、
甘くて美味しかったです。

シークワーサーを食べ終わると、
おじぃが「行きたい場所がある」とのこと。

早速、おじぃの軽トラに乗って移動します。

看板犬のボスも荷台に飛び乗りました。

森にコーヒーの木は育つのか

やってきたのは草木が生い茂る森です。

一見すると、人の手が付けられていない
ただの森のようにも見えますが…

地面をよく見ると
コーヒーの木がありました。

コーヒーの農園のように
密集してコーヒーの木々があるわけでなく
所々に点在しているため、
間違えて踏みそうになってしまいます。

昨年おじぃは、この森をゲットし
周囲の木々を生かしながら
コーヒー木が育つかを調べていたとのこと。

周囲の木々が風よけになるという考えです。

コーヒー農園に来た人向けの遊び場

沖縄では珍しく竹も生えていました。

リュウキュウチク」という、
鹿児島県と沖縄県で自生している竹。

ということは、
ここではタケノコもあるはず。

ちなみに沖縄の方言で
タケノコはチンブクダケといいます。

この森にはガジュマルなどがないため、
亜熱帯」の雰囲気は感じられません。

何だか関東近郊などにある
森を歩いているような感じです。

森を歩くとき、
ボスはリードで繋がれていませんが
おじぃにぴったりとくっついて歩きます。

さぁ、いよいよ道なき道へと入っていきます。

結構斜面も急ですが、
おじぃは何度もここに来ているので
慣れた足取りで先へと進んでいきます。

おじぃは
この森でコーヒーを育てるだけでなく、
コーヒー農園カフェに来た人向けの
遊び場を作りたいのだそう。

果たして今後どうなるのでしょうか。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1270人(前日比-1) 
Instagram 2441人(前日比+4)
Youtube 60541回 (前日比+403)

~移住2年目 274日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました