道の駅いとまん・ファーマーズマーケット沖縄ならではの野菜を探す!アテモヤもゲットしたけど… |その2

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「道の駅いとまん ファーマーズマーケットに行ってきた その2」をお届けします。

★前回の記事★

沖縄ならではの野菜

地元の人も買い物に訪れる道の駅いとまんのファーマーズマーケット。

そこには沖縄以外ではあまり見られない、珍しい野菜も並んでいます。

こちらは「福耳」という唐辛子。沖縄ならではの品種かと思ったのですが、サカタのタネから「ジャンボとうがらし」という名前で販売されているようです。

沖縄では激辛の「島唐辛子」が有名ですが、県全体の生産量は全国11位(2018年)と、特別多いわけではありません。

島らっきょうは沖縄の伝統野菜のひとつで、沖縄居酒屋のお通しなどでよく出てくる品です。小ぶりでからみと香りが強く、塩漬けや天ぷらにして食べます。

料理では根の部分の3cm程度しか食べないので、島らっきょうの全体像を見たことがある人は少ないのでは。ちなみに沖縄のらっきょう生産量は全国4位です(2018年)。

紫色の葉をしたこちらの野菜はハンダマ。沖縄では古くから「血の薬」や「不老長寿の薬」と言われる、栄養豊富な野菜です。

私もホウレンソウのようにして食べたことがあるのですが、栄養豊富な野菜にありがちな苦みや臭みは少なく、食べやすかったです。加熱すると粘り気も少し出ます。

2種類の瓜

冬瓜は沖縄県が生産量全国1位です。冬の時期になると、どこのスーパーでも山になって売られています。

冬瓜も夏野菜。常温で冬まで保存できることがその名の由来なのだそう。

方言ではシブイといわれ、汁物や煮物といった沖縄料理には欠かせない野菜です。

こちらは南瓜。ん、かぼちゃ?ひょうたんのような形をしています。

島かぼちゃといって、このかぼちゃが沖縄では古くから作られてきた在来種なのです。沖縄にかぼちゃが伝わった後、交配や変異によって生まれたそうです。

表面がオレンジ色になっているのは長時間貯蔵している証です。

野菜だけでなくフルーツも!アテモヤをゲット

野菜だけでなく、沖縄ならではのフルーツもあります。

冬はフルーツが少なめですが、夏のパイナップルやマンゴーの時期は、店内に入るとふわっと甘い香りが漂います。

ずらっと並んだオレンジ色の果実はシークワーサー

一般的に知られているのは「青切り」という、緑色で酸っぱいものですが、こちらは熟して酸味が抜け、ミカンのように皮をむいてそのまま食べることが出来るのです。

知る人ぞ知るフルーツ・アテモヤを見つけました。「森のアイスクリーム」といわれ、その糖度は20~25度。マンゴーよりも甘いそうです。

日本ではほとんど沖縄でしか栽培されていないレアなフルーツで、ネットショッピングでもなかなかのお値段…

ということで、お土産に買ってみました。小ぶりですが2つで500円はおそらく格安のはず。

柔らかくなるまで常温で保存するそうですが、寒さの影響からかなかなか柔らかくならず… 購入から2週間経った今もまだ食べることが出来ていません(笑)

.

ということで本日はここまで。今回もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1410人(前日比+3) 
Instagram 2557人(前日比+3)
Youtube 81306回 (前日比+285)

~移住3年目29日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました