年越しを島で!やんばる急行バスで運天港へ。ハブのいない島に到着|2018年 伊是名島旅行記 その1

伊是名島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から「2018年 伊是名島の旅」の旅行記を綴ります。

★前回の記事★

年末年始は伊是名島へ

私は2018年12月19日に沖縄に移住しました。沖縄での仕事が始まるのは年明けから。移住直後に迎える年末年始は、さすがに沖縄で過ごす予定でした。

ただ、せっかく休みなので「どこか行きたいな」と思い、何となく決めた行き先が【伊是名島】。

沖縄には小さな島々が点在していますが、そうした島の中でも、伊平良島と並んで鹿児島に近い場所に位置しており、あまり注目されることはない島です。

ちなみに、沖縄最北端の島は「硫黄鳥島」。完全に鹿児島県の島々と並んで位置していますが、沖縄県久米島町に属する無人島です。

運天港からフェリーいぜなに乗船

船が出るのは運天港。港までは那覇からやんばる急行バスを利用して行くことが出来ます。高速を走って約2時間半、料金は片道2000円です。

船は1日2便出ています。朝6時45分に「県庁北口(那覇市)」を出るバスに乗ると、ちょうど10時半の船に乗ることが出来ます。

運天港からは伊平屋島へ行く船も出ています。こちらはちょうど船が到着したところ。折り返しの出港時刻は、フェリーいぜなよりも30分遅い11時です。

★伊平屋島旅行記★

ハブのいない島・伊是名島で初日の出

出港するとすぐに古宇利大橋が見えてきます。橋の全長は約2km、沖縄県内で2番目に長い橋です。

この日は2018年12月31日の大晦日。船にはちらほらと、大きな荷物を持った人がいます。

青空も見えています。島から初日の出を見るのが、今回の旅の楽しみのひとつ… というよりも、特に島で楽しみなことはありません (笑) 滞在も1泊のみ。

行ったことのない島に上陸出来れば、それでいいのです。今回はたまたま島で年を越すことになったという方が、正しいかもしれません。

運天港を出港してから約1時間。伊是名島に到着しました。

伊是名島は「ハブのいない島」のようです。ハブがいないことが前面に出てきているということは、やはりそれだけハブが脅威になっているということでしょう。

県のホームページを確認すると、厳密には「ヒメハブ」という種類のハブは生息するようですが、通常のハブよりも毒が弱いらしいです。

サトウキビ畑と田んぼ

まずは港から宿まで歩きます。

沖縄らしい、一面のさとうきび畑が広がる一方で

田んぼも広がっています。伊是名島では600年以上前から稲作が行われており、現在は「尚円の里」という名のひとめぼれが収穫されています。

歩いている人は誰もいません。そして空も曇ってきて肌寒いです。

港から少し離れた場所にある宿を目指して歩きます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1440人(前日比+0) 
Instagram 2653人(前日比-1)
Youtube 126617回 (前日比+660)

~移住3年目82日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました