死ぬまでに見るべき絶景13選 青ヶ島の二重カルデラを見る!日本一小さい町の集落|2015年 夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その5

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2015年 夏 八丈島・青ヶ島旅行記 その5」をお届けします。

★前回の記事★

青ヶ島の自然を感じる

青ヶ島に上陸し、港から集落を目指して歩いています。

青ヶ島村製塩事業所

ここでは青ヶ島の海水と地熱蒸気を使った「ひんぎゃの塩」が作られています。青ヶ島の自然から作られた手作りの塩は、青ヶ島の定番お土産にもなっています。

朽ち果てたショベルカー。その背後にはほぼ崖のようになっている緑の急斜面。自然の迫力を感じさせます。

都道236号線「青ヶ島本道」を歩いています。ここも東京都。島の車のナンバーに書かれている地名は「品川」です。

二重カルデラのある景色

こちらが青ヶ島を代表する景色。周囲を崖に囲まれた中にもうひとつ、プッチンプリンのような小さな山があります。

この地形を二重カルデラといいます。青ヶ島は標高1100mの山の頂上部にあたり、見えていない部分は海面下にあります。

1780年から火山活動が発生し、1785年に大噴火を起こしました。二重カルデラはこの大噴火によって出来た世界的にも珍しい地形です。

2014年にアメリカの環境保護NGOが発表した「死ぬまでに見るべき絶景13選」に日本で唯一選ばれ、世界的にも有名になりました。

最近では「君の名は」の舞台であるらしいということでも有名になりました

青ヶ島で唯一の信号

ここまでは内輪山の周辺を歩いていましたが、山を登り外輪山の上までやってきました。海面に雲が反射するほど穏やかな海です。

集落に入ってきました。こちらは青ヶ島駐在所。「負傷71 !?」となりましたが、ここに掲示されているのは東京都内の数字です。

青ヶ島の人口は170名程度。日本で一番人口が少ない市区町村となっています。

島で唯一の信号機。子供たちの教育のため、小学校の前に置かれています。

青ヶ島 島で唯一の信号を赤にしてみた

押しボタン信号なので赤に変えてみました(笑) この信号は1日にどれくらい赤に変わるのでしょうか。

海へとまっすぐ伸びる一本道。二重カルデラの景色は絶景というよりも珍しい景色ですが、こちらは間違いなく絶景です。

海までは絶壁になっているので降りていくことは出来ないようです。

日本一小さな町の集落は一通り揃ってる

日本一小さな町の集落を散策してみます。

ガソリンスタンド。

寄り道をしながらですが、港から集落までは2時間半近くかかりました。しかも山道なので、島で暮らすには車か原付が欠かせないはずです。

自動販売機。ボタンを押したら、果たして何が出てくるのでしょうか(笑)

★島の自動販売機あるある★

【島旅】兵庫県坊勢島の自動販売機で飲み物を買おうとしたら…

島で唯一の商店。お土産や青ヶ島のお酒「青酎」もここで売っています。

居酒屋もあります。この旅の時は利用しませんでしたが、今だったら絶対に夜はここに行って、島の人から色々話を聞きたいなと思います。

郵便局もあって、一通り生活に必要なものは揃っています。ということで、宿にチェックインします

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1491人(前日比-2) 
Instagram 2724人(前日比+2)
Youtube 175176回 (前日比+710)

~移住3年目136日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました