阪九フェリー「ひびき」の御船印をゲット!フェリーターミナルから乗船まで|2021年 御船印旅行記 その32

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「御船印をゲットする旅 2021年9月」その32をお届けします。今回は新しい船に乗ります。

★前回の記事★

阪九フェリー「ひびき」に乗船する

阪九フェリーに乗船するため、沖縄から寄り道なしで約5時間かけて、大阪・堺泉北港までやってきました。

ここから北九州・新門司に移動します。「関係者以外立入禁止」の看板があり、港の周辺を歩いている人も全くおらず…

この先行っていいのか?という雰囲気ですが、とりあえず行ってみます。

トラックが行き来する駐車場の先にフェリーターミナルがあります。

歩道もないので、やっぱり「本当にここ歩いてていいの?そう思うくらい危ない)」となりましたが、駐車場で誘導をしているおっちゃんにも止められなかったので、多分OKだったのでしょう。

これから乗船するのは『ひびき』という船です。

出港は17時半で、まだ時刻は15時半すぎ。乗船開始は16時半ということで、1時間近くここで待ちます。

待合室は閑散としています

まずは乗船券をゲット。事前にネットで予約をしていたので、割引されて5,520円

最も低い等級ですが、大阪から福岡に移動も出来て、横になって寝ることも出来て、お風呂も付いてこの金額はなかなかお得です。

阪九フェリーのマスコットは「ふねこ」。

この写真を撮っている私の背後が待合室なのですが、他に乗船を待つ人はおらず。お店などもないため、閑散としています。

こちらのお土産屋さんだけあります。

駅から港まで歩く途中、コンビニを見つけられず、昼食と船内で食べる夕食をゲット出来ていませんでした。

「ここで買うしかないか…」と諦めて眺めていましたが、我慢。船内の売店に賭けることとしました。

スロットマシーンもありました。

船内にはよくありますが、待合室にあるのは初めて見ました。どれくらい利用する人がいるのか、気になるところです。

豪華!ひびきの御船印をゲット

ということで、時間になったのでいよいよ船内へ。新門司港に到着するのは翌朝6時。12時間半の船旅が始まります。

今回乗船する「ひびき」は2015年就航の、まだ比較的新しい船です。外観の感じでは、もっと古い船かと思いました。

そんなわけで、とても綺麗な船です!テンションが上がります。

売店もありました。これで夕食の心配はありません。

今年に入ってから、船に乗りまくっていますが、私自身「船マニア」というわけではありません

今回の乗船目的も「御船印」をゲットするためです。

★参考:フェリーブームが来ると思う★

そして無事ゲットすることが出来ました!これで6つめの御船印です。出港から30分後に売店で販売されています。

ネットでは御船印の転売が散見され、船に乗らなくても御船印を集めることが出来る状態ですが、私はちゃんと自分で手に入れたいなと思います。

後で御船印を見たとき、思い出も振り返れるように。次回は船内の様子をご紹介します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【SNS本日の結果】
Twitter(目標2000人)1517人→前日比0
Instagram (目標3000人)3043人→前日比+8
Youtube(目標100万回) 278045回→前日比+993

~移住3年目289日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました