沖縄から船で沖永良部島へ!ノープラン 雨の島を車で巡る|2020年 旅行記前編

沖永良部島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2020年2月「沖永良部島旅行記」をお届けします。

★前回の島旅★

沖縄から船で沖永良部島へ

今回は沖縄から、鹿児島県・沖永良部島に上陸します。

鹿児島市から南へ552km、ちょうど北緯27度線上に位置しており、那覇空港からの飛行機もありますが、今回は船で向かいます

ということで、朝5時に家を出発し、まずは沖縄本島北部・本部港まで、約3時間の原付旅です。

天気は生憎の曇り空。

2月の早朝ということで、原付に乗っていると、沖縄といえど、凍えるような寒さです。

本部港からは鹿児島行きの「フェリーあけぼの」に乗船!

事前にネットで乗船券を確保していたので、割引料金が適用され、本部-沖永良部島間の往復運賃は6000円でした。

★参考:沖縄-鹿児島航路について★

定刻通り、9時20分に本部港を出港

ここから約5時間の船旅です。

船内Wi-Fiがサクサクだったので、移動中の作業もはかどります。

しかし、出港からしばらくすると、船が揺れ出したので、結局作業は中断し、自分の席で横になって過ごしていました。

本部港を出港してから約2時間半、与論島に入港しました

港には中田さんがいました!

今回の旅は、与論島に住むクリエイター・中田さんも一緒に、沖永良部島を旅します。

★参考:中田さんについて★

与論島での乗下船と荷役を終え、12時10分、フェリーあけぼのは与論島を出港しました。

与論島出港後、時化の影響により、沖永良部島で入港する港が和泊港から伊延港へと変わるという船内放送が流れました。

波や風の影響により、急きょ到着する港が変わるのは、島旅(船旅)あるあるかもしれません。

沖永良部島が見えてきました。

雨の島を車で旅する

14時ちょうど、沖永良部島に到着しました

しかし、なかなか強めの雨が降っています。

港では、中田さんが与論島で知り合った沖永良部島民の方が待ってくれていました。

さっそく車に乗せていただき、島を案内していただくことに。

旦那さんがトルコ、奥さんは大阪の方。

お2人は移住体験で、少し長めに沖永良部島に滞在しており、休日に与論島へ遊びに行ったとき、たまたま中田さんと出会ったそうです。

和泊町役場にやって来ました。

1周40kmなので、車であれば3~4時間程度で周ることが出来ます。それほど大きな島ではありません。

しかし、沖永良部島には、和泊町と知名町という、2つの町があるのです。ひとつの島に行政が複数ある場合、大抵仲が悪いものですが、その真相はいかに…笑

島の人口は12,000人ほど。

小学校の数は9つあり、高校も1つあります。道も綺麗で信号もあり、写真のようなチェーン店もあったり。

与論島の方が、お買い物に出かける時は、沖縄ではなく、沖永良部島へ行く場合が多いそうです。

車窓を眺めていても、「離島」という雰囲気をあまり感じませんでした

なぜか、火葬場に辿り着いてしまいました(笑)

鹿児島県のホームページには「花と鍾乳洞の島」と紹介されている沖永良部島。

温暖な気候のため、四季を通じて熱帯や亜熱帯の花々が咲き、200から300ほどある鍾乳洞群を探検する「ケイビング」も盛んです。

しかし、この雨なので、島の自然や絶景を楽しめるようなスポットはどこもダメです。

島民の方から「じゃがいも」の話を聞く

私と中田さんは沖永良部島について、本当に何も調べていなかったので、「どこに行きたい?」と聞かれても、答えられず…

島の面白い人に会いたい」とお願いし、やって来たのは「亀仙人」呼ばれる方がいるという小屋です。

こちら(右)が亀仙人さん。

「はじめまして」の挨拶をしたと思ったら、マシンガントークが始まりました(笑)

内容としては「島の歴史」から、「浮気が多い」「誰々が捕まった」など、ディープすぎる島ネタ。

1時間ほど立ち話をしているうちに雨は止み、青空が見えてきました。

亀仙人さんから聞いた話は色々ありすぎて、あまり覚えていませんが、ひとつ印象に残っている話があります。

それは「島のじゃがいも」の話。

鹿児島県はじゃがいも生産量全国3位で、県内4つの地区が「かごしまブランド産地」に指定されています。

沖永良部島もそのひとつで、 日本一早くじゃがいもの収穫が行われており、収穫期には、全国から短期アルバイトの若い人たちが訪れるそうです。

亀仙人さんの畑に案内していただきました。

ポニーが飼育されています。

その足元には…

じゃがいもが捨てられていました

2016年、北海道が台風の被害を受け、ポテトチップスの販売も一時休止になるほど、じゃがいもが全国で品薄になりました。

この影響で、沖永良部島産のじゃがいも需要が高まり、ここぞとばかりに大型機械を導入した農家さんもいたそうです。

しかし、北海道のじゃがいも生産が回復するにつれて、余るようになる沖永良部島のじゃがいも

高額な大型機械を導入する際、巨額の借金を作った農家さんは、相当厳しい状況になってしまったそうです。

もちろん亀仙人さんが言っていたことが、全て事実であるとは限りません。しかし「強みを持たず、量だけ増やすと飽和する」という亀仙人さんの言葉は、最もだなと思いました。

普段は絶対会えないような人と出会い、話を聞くことが出来るのは、旅ならではのことです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました