ジンベイザメがいる!?水槽の上に立ってみたら迫力満点だった|DMMかりゆし水族館 旅行記後編

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「DMMかりゆし水族館」に行ってきたので、その時の様子(後編)をお届けします。

★前回の記事★

沖縄にいない生き物たちばかり

沖縄の水族館と言えば「美ら海水族館」。

ホームページには「沖縄の海を丸ごと体感できます」という文言があります。

一方こちらは、沖縄に新しく出来たDMMかりゆし水族館。

熱帯の川を再現したと思われる水槽があり、そこに泳ぐのは、沖縄にはいない魚

うろこがキラキラして綺麗だなと思っていたら、この魚はピラニアでした。

ピラニアも沖縄にはいません

ワニ

置物であることを疑ってしまうほど、微動だにしません。

何もいない水槽?

少し引いて見ると、上にペンギンさんが1匹だけいました。

ただ、こちらもワニと同様、じっとしているので、大きな水槽がまったく意味を成していません(笑)

そして、ワニもペンギンも、沖縄には生息していません

空間と演出を楽しむ水族館

DMMかりゆし水族館のホームページを見ると、「いきものたちの美しさと亜熱帯気候が織りなす自然の魅力を、映像表現や多彩な空間演出で表現しました」とあります。

このことからも、「沖縄」や「海の生き物」より、エンタメ要素が強い水族館であることが分かります。

一般的な水族館とは、毛色が全く異なります。

自然と映像が調和した、「空間」や「演出」を楽しむような場所と言えるでしょう。

ここでようやく、沖縄らしい水槽が登場しました。

海の映像をバックにサンゴ礁の海が再現され、水槽には波も再現されています。

しばらくすると、水槽の背景の映像が切り替わり、雷の音とともに、スコールがやってきました。

こうした演出が、DMMかりゆし水族館の醍醐味ということです。

ジンベイザメがいる!?

少し分かりにくいですが、「靴を脱ぐように」という案内が書かれたエリアにやってきました。

ここでは、ガラス張りの水槽の上に立つことが出来るのです。

足元には魚たち、しかもサメやマンタなど、大きな生き物たちが泳いでいます。そしてたまに、足元までやってきて、ガラスを突いたりもするので、迫力満点です。

しかも、耳を澄ますと、ちょっとミシミシという音が…笑

この写真に写っている生き物。

そのフォルムと模様から一瞬「ジンベイザメの子供?」と思いましたが、これはトラフサメという種類らしいです。

もう一匹、似たような見た目のシノノメサカタザメも泳いでいます。

ちなみにこちらが下の水槽です。

出口やトイレの場所を示すピクトグラムには、ダイバーの絵が描かれていました。

入口からここまでは2階フロア。

次はエスカレーターで1階へ移動します。

ずらりと並ぶ小さなショーケース。

このショーケースに、沖縄の海にいるような、サンゴや熱帯魚たちがいます。

世界にいる約800種のサンゴのうち、約200種が沖縄の海に生息していると言われています。

サンゴは、海中の二酸化炭素を吸収し、酸素を作り出す、植物の「光合成」のような働きをしています。

また、サンゴは自然の防波堤の役割も果たしており、沖縄には台風が来ても、高波の被害が少ないのです。

サンゴの色=褐虫藻の色】です。

サンゴは光合成をしますが、植物ではなく動物です。

そして動物ですが、その場から動くことが出来ないので、褐虫藻という植物を自分の体に住まわせることで、そこから栄養を得ています。

褐虫藻がいなくなると、サンゴは栄養を得ることが出来なくなり、やがて死んでしまいます。色は白くなり、これが白化現象というものです。

イソギンチャクとクマノミとナンヨウハギが一緒のケースにいます。

ファインディング・ニモ」の世界ですね。

ただ、こちらのドリーさんは、かなり弱っていました。

水族館のオープンから1週間程度。きっとまだ減価償却も…やめましょう。

チンアナゴがいっぱいいます。

非常に繊細で警戒心が強い生き物のため、基本的には砂に潜って隠れてしまうそうですが、皆さん顔を出しています。

ここにいるチンアナゴたちは、ある程度人慣れしているようです。

ショーケースの隅でじっとしているのはセミエビ

背中から見るとセミに似ていることが、名前の由来だそうです。

普段は水深30mに生息しているとのことですが、このショーケースにいても大丈夫なのか…

この不思議な生き物はヘコアユ

これは頭を下にして泳いでいる状態で、危険が迫ると体を水平にして、猛スピードで移動するそうです。

ジンベイザメは映像で見ることが出来ます

こちらは、よくある「水槽のトンネル」です。

写真にすると分かりにくいので、トンネルの天井に向かって手を伸ばしてました。

サメが泳いでいます。

マンタも泳いでいます。

アプリによると、アオウミガメもいたようですが、見つけることが出来ませんでした。

オオカマスの群れが泳いでいますが、こちらはバーチャル水槽、つまり映像です

ジンベイザメやダイオウイカ、リュウグウノツカイも、この映像で見ることが出来ます。

DMMかりゆし水族館の一番の見どころはクラゲ!

ここはまた不思議な空間です。

四方を鏡に囲まれ、柱にはクラゲが展示されています

クラゲは刺されると痛いらしいので、海の中では絶対会いたくないですが、このように展示されていると幻想的です。

光の色も常に変化しており、いかにも「バーチャル」という感じです。

このように、鏡を使った自撮りも出来てしまいます。

これにて見学は終了!

かなりゆっくり巡りましたが、約1時間半で周ることが出来ました。

感想は…難しいです。

ご夫婦が「室内水族館だったら、サンシャイン水族館のほうがいいな」と話していたのが印象的でした。

出てすぐのところにはお土産屋さんがあります。

「紅芋タルト」「ちんすこう」といった、空港でも売っている沖縄ならではの商品はなく、人形をはじめ、オリジナルのグッズが多いです。

沖縄へ旅行に来て、雨が降ってしまったときには、時間を潰すのにおすすめだと思います。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました