日帰り利島!奴隷船と化したさるびあ丸乗船 宮塚山山頂を目指す|2018 利島旅行記1

利島・伊豆大島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2018年「利島・伊豆大島旅行記」その1をお届けします。

★こちらもおすすめ★

奴隷船と化したさるびあ丸

2018年7月20日金曜日。翌日から3連休ということで、仕事終わりに竹芝桟橋へ直行。

23時出港のさるびあ丸に乗船し、向かうのは利島です。この日はサンダルや着替えを入れた、少し大きめのリュックサックで出社。竹芝桟橋に到着後、まずはトイレでスーツを着替えます。

竹芝桟橋はこれまで見たことがないほどの大混雑。

窓口では乗船券と一緒に、レジャーシートを渡されました。また乗船券には「2等フリー乗船券」と書かれています。フリーとはいったいどういうことでしょう…

こちらは翌朝に撮ったデッキの写真。あちこちで人が寝ています。そう、2等フリー乗船券とは「船に乗ってもいいけど席はないよ」というもの。つまり、レジャーシートには、「どっか空いているスペース(=フリー)で寝てね」という意味が込められていたのです。

デッキはもちろん、船内の通路やトイレの前まで、皆さんあらゆる場所にレジャーシートを引いて横になっている様子は、教科書などで聞く「奴隷船」を思わせる光景です。日本にもこういう場所があるんだなと、割と衝撃を受けました。

★参考:ナンパ船とも言われた時代もあった★

こちらは私が受付の時にもらったレジャーシートを、最後尾の座席と壁の間に引いて、ここで寝ようとしている様子です。こうしてとりあえず寝る場所を確保してから、船内受付に向かい、2等和室のキャンセル待ちに申し込みました。

当日キャンセルなどがあった場合、キャンセル待ちを申し込んだ人から順番に、無料で二等和室に移動出来るのです。結果として、私は二等和室を確保し、狭い場所で寝ることは回避したのでした。

就航率低め 利島に上陸なるか

うっすらと富士山が見えています。この日は天気が良さそうです。

東京都の資料を見ると、利島の就航率は伊豆八島の中で、御蔵島や青ヶ島の次に低いことが分かります。天気が良くても、波が立つと、船は利島に接岸出来ないのです。果たして今回は、利島に上陸することが出来るでしょうか。

★参考:さるびあ丸の運航状況★

本日の運航状況|伊豆諸島へ行く船旅・ツアー|東海汽船
東海汽船の就欠航など本日の運航状況をお知らせします。

利島の中央にある標高507mの宮塚山。山の頂上にはうっすらと雲がかかっています。伊豆諸島の島々は、江戸時代から明治時代にかけて罪人が送られる「流刑の地」でしたが、利島に送られた罪人の数は少なかったそうです。これも接岸率の低さが影響していると思われます。

この日は海も穏やかで、6時半過ぎ、無事利島に上陸することが出来ました。

さるびあ丸は利島を出港した後、新島と式根島へ寄港し、神津島まで向かいます。神津島で折り返しの東京行きとなり、式根島と新島に寄港した後、この日の12時前に再び利島へやって来ます。

利島で宿の予約はしておらず、キャンプや野宿はNGのため、何としても帰りの船に乗る必要があります。そうすると、 利島での滞在時間は約5時間です。

★参考:利島(としま)と言えば…

利島上陸!宮塚山山頂へ

短い時間ですが、宮塚山の山頂を目指します。港から途中までは、島に住んでいる知人に送っていただきました。

利島の周囲は約7.7km。伊豆諸島の中で一番面積が小さい島です。宮塚山がそのまま1つの島となっています。ちなみに、利島の隣にある新島の最高峰も「宮塚山」です。

宮塚山の登山口は3つあり、今回は南登山口から入ります。

山頂までの距離は約1km。島に着いたときは晴れていましたが、山中は暗く霧(雲)がかかっています。

登山道はこんな感じ。道はあり普通の服装でも歩けますが、あまり人が入ってないようで、草を掻き分けながら進みます。

人っ子一人いない登山道ですが、クマやイノシシはもちろん、虫も少ないので、安心して歩くことが出来ます。

登山道の途中にあったこちらは「スダジイ」。島の指定保存樹木となっています。宮塚山は活火山ですが、有志以来噴火の記録がないことから、こうした巨大な樹木が所々に残されています。

登山口から30分ほどで、標高507mの山頂に到着しましたが、ここからは景色が何も見えず。近くに木組みの展望台があったので、そちらで少し休憩します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました