レンタルバイクで那覇から万座毛を目指す!原付の旅もおすすめです|2021年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「レンタルバイクで万座毛を目指す旅」の旅行記をお届けします。

★前回の記事★

原付を借りて沖縄を旅をする

前回の記事で、2連休で沖縄を旅しようとしたら、出発1時間で原付が故障し、来た道を8時間歩いて家に戻るという旅の様子をご紹介しました。

そして、壊れた原付を修理に出したものの、混んでいるとのことで、代車を借りることが出来ず

そこでしばらく、レンタルバイクを利用してみることに。

沖縄 原付 レンタル」で、Yahoo検索をして、一番上に出てたきた「プレジャー沖縄」というお店を利用しました。

那覇空港から比較的近い場所で、原付を借りることが出来ます。

しかし、出発後すぐ、原付の速度計が動いていないことに気付き、お店にUターン。

原付はたくさんあったのですが、動かないものもあるようで、その場で何台か試してから、出てきたのがこちらの原付。

このゆるさが、いわゆる「沖縄らしい」というやつでしょうか。

壊れた原付の修理が、いつまでかかるかも分からないため、この原付は9日間借りました。

料金は保険なしで9,830円です。

年間契約プランもあるようで、その場合、1ヵ月3,000円で点検も無料。年間にすると3万6千円。新しい原付を買うよりも、場合によっては、レンタルしたほうがコスパがいいかもしれません。

那覇から万座毛を目指す

目指す先は、沖縄旅行で王道スポット「万座毛」です。

こちらは、コンビニに貼ってあったポスター。

この場所が万座毛です。

有名な場所ですが、旅行の時も、沖縄に移住してからも、これまで行ったことがありませんでした。

ちなみに他にも、私は、美ら海水族館やアメリカンビレッジなど、王道スポットに行ったことがありません (笑)

万座毛までは那覇空港から約50km

沖縄に旅行で訪れる場合、ほとんどの方がレンタカーを利用していますが、天気がいいときは原付もおすすめです。

私は移住してから2年間、雨の日も風の日も、沖縄本島の移動はずっと原付を利用しています。

★参考:原付で沖縄本島を1周した★

海を見ながら、のんびりと原付で走るのは、気持ちがいいものですが、恩納村に入るまでは、海沿いを走ることはありません

読谷村までは市街地、その先は丘の間を走ります。

こちらは、道の駅おんな付近。

ここでやっと海沿いを走ることとなります。

実は、恩納村に入ってからも、国道58号線を走っていると、海沿いの景色は一瞬です。

しばらくすると、「万座毛 3km」の看板があるので、こちらを左折します。

海に棒が刺さっていますが、これらは「もずくの養殖」です。

また、奥に見えている島々は無人島

近くにあるムーンビーチホテルからのツアーで上陸できる島もあるようです。

万座毛は観覧に100円かかる

那覇から原付を走らせること1時間半、「万座毛」に到着しました。

事前に何も調べずに行ったのですが、こんなに綺麗に整備されているとは、さすが観光地。

そして、平日ですがたくさん車が止まっています。

この建物の中を通過しないと、万座毛の景色にはたどり着けないようになっています。

ということは…

やっぱり有料でした

2020年10月から、万座毛観覧には100がかかるようになったようです。

建物への入場にはお金がかかりません

消毒と検温をしてから、チケット売り場へと向かいます。

こちらの券売機でチケットを購入。

観覧料の100円は周辺の環境保全に活用されるようです。

ということで、いよいよ、絶景スポットとしてよく紹介されている万座毛」とご対面です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました