さるびあ丸で新島上陸!石山展望台でコーガ石の景観を見る|2018年冬 新島旅行記 その1

新島・式根島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回から「2018年 新島・式根島旅行記」をお届けします。

★前回の島旅★

冬の新島へ 竹芝桟橋出港

2018年12月19日、私は沖縄に移住しましたが、その前日まで、新島式根島を旅していました。

今回は、事前に金券ショップで株主優待券をゲットしていたので、35%の割引料金で乗船券をゲット!

まずは東京・竹芝桟橋から、22時発のさるびあ丸に乗船し、「新島」に向かいます。

天気はあまりよくなさそうです。

冬の島旅で天気が悪いと、島に行ってもやることが無いので、難易度が高くなります

この日は乗船するお客さんも少なめでした。

1992年就航の2代目さるびあ丸

2020年6月、28年間運航した伊豆諸島航路を離れ、ベンガル湾へ活躍の場を移しました。

これが私にとって、最後の2代目さるびあ丸乗船となりました。

【さるびあ丸】レインボーなレインボーブリッジと横浜ベイブリッジの下を通過する動画

金曜日出港だったため、さるびあ丸は途中、横浜へ寄港してから、伊豆大島へ向かいます。

動画は、レインボーにライトアップされたレインボーブリッジと、横浜ベイブリッジの下を通過する様子です。

新島上陸 流罪の地から観光の島へ

船はそれほど揺れず、伊豆大島到着時も目が覚めることはなく…

竹芝桟橋を出港してから約10時間が経った翌朝9時前、新島に上陸しました。

地面を見ると分かりますが、雨が降っています。竹芝桟橋の天気予報で見た晴れ予報は、どこへ行ってしまったのでしょう。

東京都心から約150km、伊豆・下田からは約36kmの位置に浮かぶ新島。

今回私は夜出港のさるびあ丸に乗船し、時間をかけて上陸しましたが、高速ジェット船を利用すると、3時間かからず到着します。

一方で、冬は海が時化ることが多く、ジェット船の就航率がグッと下がるので、注意が必要です。

また、新島には空港もあり、調布飛行場からの飛行機が、1日3便就航しています。

飛行機を使うと、約40分で来ることが出来てしまいます。

こちらは新島に上陸した翌日、新島空港に着陸直前の飛行機を撮った写真。

都心からのアクセスが比較的良いため、新島は東京諸島の中で伊豆大島、八丈島に次いで、観光客が多い島(2014年)となっています。

旅先でも、「新島には行ったことがある」という声を聞くことが多いです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_4966-1024x768.jpg です

1668年から1871年まで、新島は罪人たちの流刑の地となっていました。

こちらは、無実を主張しながらも処刑された流人・清右衛門の霊を慰めるために建てられた墓石。無罪である証に「榎を生やす」と言って亡くなり、その後、本当に榎が生えてきたという逸話が紹介されています。

今回は立ち寄ることが出来ませんでしたが、島内には、流人の共同墓地もあります。

こちらは新島村の人口。

新島村は「新島」と、その隣に浮かぶ「式根島」から成り立っており、2020年は2500人ほどが暮らしています。

2005年以降、人口は右肩下がりとなっていますが、2045年でも、まだ約2000人の人口が見込まれています

原付で石山展望台へ

今回は新島に2泊、式根島に1泊します。

新島の2泊は「せんたく屋」さんに宿泊します。

クリーニング店も併設されているのが、この宿の名前の由来です。

港からは歩いて1.6kmほど。

★せんたく屋さんホームページ★

http://www3.plala.or.jp/sentakuya/

港周辺も、お店はほとんど開いていませんでした。

新島に限らず、冬の離島は寂しい雰囲気の場所が多いです。

一方で、港から宿まで歩いている間に雨が止んだので、宿に荷物を置いたら、さっそく外へ出かけます。

原付を借りることが出来たので、この日は原付で新島を巡ることにしました。

まずは島の南部にある、石山展望台を目指します。

こちらは、展望台へ向かう途中で見つけた鳥ヶ島。新島と砂浜でつながっている、いわゆる陸繋島です。

足場はなさそうなので、手軽に上陸難易度は高そうです。

また、調べても情報がほとんどありませんでした

新島の南方面の景色。

海に向かって、崖のような斜面になっていますが、石山展望台は、この崖の上にあります。

看板にミサイル試験場と書かれていました。

こちらは防衛庁技術研究本部の試験場。Wikipediaによると≪ミサイルなどの誘導武器の発射試験に関する業務を行っている≫とのこと。

かつてはロケットの打ち上げもあったようですが、種子島宇宙センターが建設されてからは行われておらず、現在の詳細は不明です。

グーグルマップを見ると、何となく、敷地内の様子を伺うことができます。

原付で山道を登っていきます。途中ではお隣の式根島、その先に浮かぶ神津島も見えました。

万全の寒さ対策をしていたつもりでしたが、この時期、原付に乗っていると、耳や手がちぎれるかと思うほどの寒さ

もし、冬の島旅で原付を借りるときは、覚悟が必要です。

コーガ石の山をトレッキング

石山展望台には駐車場があるので、車や原付で行くことも出来ます。

道路沿いに白っぽい岩がゴロゴロと転がり、ワイルドな景観になりました。

この白っぽい岩が、世界でイタリアのリーパリ島と新島にしかないといわれている「コーガ石」です。

漢字では「抗火石」と書き、wikipediaによると軽量性、耐火性、断熱性、耐酸性に優れているそうです。

新島には推定10億トンのコーガ石があるとされています。

岩の表面には背の低い草木が生えています。

コーガ石は様々な用途で用いられ、現在も採石は行われています

石山展望台は採石場を抜けた先にありますが、採石場はもちろんは立ち入り禁止

一方で、観光用に整備された遊歩道もあるので、コーガ石を間近で見たり、触ったりすることが出来ます。

コーガ石は持ってみると軽く、ザラザラとしています。

展望台に到着しました。こちらは港方面の景色。

無人島・地内島(左上)が見えました。地内島には約40年前、観光目的でシカが持ち込まれ、そのシカが海を渡り、新島に上陸。

もともとシカがいなかった新島ですが、現在はその数がかなり多くなり、農作物が荒らされる被害が出ているそうです。

新島の南に浮かぶ「早島」という無人島も見えました。

展望台から少し歩くと、利島も見えました。

こちらは島の北側の景色。

新島の最高峰「宮塚山(標高432m)」が見えており、その手前の谷のようになっている場所に集落や空港があります。

ということで、ここからは山を下りて、引き続き集落方面を巡ります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました