パッションフルーツのハウスを見学! 南国の果物栽培を知る|2021年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「パッションフルーツのハウス」を見学してきたので、その時の様子をご紹介します。

★こちらもおすすめ★

パッションフルーツをご存知ですか

パッションフルーツをご存知ですか。「名前は聞いたことがある」という方は多いのではないでしょうか。

写真は「小笠原パッションサワー」。生の果実ではなく、加工された状態で商品になっていることが多く、世界で生産される9割のパッションフルーツが加工品として利用されています。

沖縄県のパッションフルーツ生産量は全国で2番目。WATTAからもパッションサワーが販売されています。

生産量日本一は鹿児島県。伊豆諸島や小笠原諸島でも生産が行われており、東京都の生産量が全国で3番目に多いのも特徴的です。

今回は知り合いの紹介で、沖縄のパッションフルーツハウスを見学させていただけることになりました。

テカテカの果実 シワシワが食べごろ

こちらがパッションフルーツの果実。果実の表面はつるつるでテカテカと輝いています。沖縄では2月から7月にかけて収穫が行われます。

食べごろはテカテカの果実がシワシワになってから。収穫後、常温で追熟させるのが一般的です。

小さな果実の先に伸びているのがめしべ。こちらはすでに受粉を終え、花が枯れ、果実が出来ている状態です。

こちらが別日に撮影したパッションフルーツの花。花の形が時計の文字盤を思わせることから、パッションフルーツは和名を「クダモノトケイソウ」といいます。

この花が咲くのは1日、しかも午前中だけ。花が咲いている間に、おしべに付いた花粉を、手作業でめしべに付けて受粉させるのが一般的です。

受粉に成功すると2週間ほどで果実がここまで大きくなります。

パッションフルーツの「パッション」とは

パッションフルーツの「パッション」は「情熱」ではなく、「キリストの受難」の意味があります。

受難とは、イエス・キリストの裁判と処刑における、精神的および肉体的な苦痛のための言葉(wikipediaより)。かつての宣教師たちが布教の際、この花を使って、その説明を行ったそうです。

そして、私は何度かパッションフルーツをみたことがありましたが、ここまで大きいサイズの果実は初めてです。

【パッションフルーツ 大きさ】で検索をして出てくるのは「4cmから8cmの大きさになる」という記事。このハウスで育っているパッションフルーツは、それよりも大きいサイズばかりです。

色が付いた果実は、熟すと自然落下するので、傷が付かないよう果実にネットを被せます。

捨てられてしまう果実たち

収穫したパッションフルーツはJAに出荷しているそうですが、ハウスの外に捨てられている果実を発見しました。

どうやら大きさに対して中身が少ないため、出荷出来ないないそうです。

中身を見せていただくと「あら、普通に美味しそう」。食べてみても味は間違いありません。

ちなみにパッションフルーツは、このように果実を半分に割って、スプーンなどで黄色い果肉と黒い種をすくって食べます。

いかにもトロピカルフルーツという感じの、さわやかな香りと、甘酸っぱい味を楽しむことが出来ます。さらには、βカロテンなど栄養も豊富で、健康や美容にもいいと言われています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6700-1024x768.jpg です

こちらは農家さんの手作りのパッションフルーツパウンドケーキ。出荷できない果実は、このように農家さんも加工して楽しんでいるそうです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_6701-1024x768.jpg です

こちらはクッキー。

f:id:beautifuldreaman:20191112055231j:plain

また、パッションフルーツの葉っぱには、睡眠に有効な成分が含まれており、リーフティーにして飲んでいるという人もいます。

美味しいのにもったいない」ということで、私は上の写真のパッションフルーツを譲ってもらい、ツイートしてみました。

すぐに反応をいただけて、捨てられるはずの果実を、無事、食べたいという人に届けることが出来ました。

かき氷として活用していただいたようです。

パッションフルーツは、生産地以外であまり販売されていません。沖縄ではこれからの時期、ファーマーズマーケットや道の駅でも売られていたりするので、ぜひ探して食べてみてください。

南国を感じるのにぴったりの果物です。

.


今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました