レンタカーが予約出来ない 車が必要な沖縄旅行の課題と解決策|観光アイデア教科書 Vol.21

南国日記~沖縄移住の記録~

2022年のゴールデンウイーク。

緊急事態宣言やまん延防止など、コロナによる制限がないゴールデンウイークを迎えるのは3年ぶりということで、飛行機の予約状況も好調のようです。

レンタカーの予約が取れない

琉球新報より

一方で、「レンタカーの予約が取れない」という課題が生じています。

コロナの影響で沖縄の観光客数は激減。レンタカー各社は、経費節減のため、保有する車両台数を減らしていました。

沖縄を訪れる観光客が少しずつ戻る一方で、また感染が拡大すれば、たちまちキャンセルの嵐となるので、増車にはリスクがあります。また、世界情勢の影響で、新車の納入にかなり時間がかかる場合もあるようです。

私がTwitterで行った調査では、約8割の方が路線バスより、少し値段が高くてもレンタカーを利用したいと回答しており、また、沖縄県が行っている「観光統計実態調査」からも、レンタカー利用意向が高いことが分かります。

観光統計実態調査より
筆者の独自調査より

沖縄旅行といえば、なんとなく「青い海を見ながらのんびり過ごす」というイメージが連想されますが、実際はそのように過ごすよりも、あちこち巡って、忙しく過ごしたい人が多いようです。

そうした潜在的な旅行者のニーズを満たす手段が、レンタカーとなっています。

沖縄旅行でレンタカーが一般化していることが課題

沖縄旅行では、レンタカーを利用することが一般化していますが、需要を満たすだけのレンタカーが足りないことではなく、「沖縄旅行でレンタカーが一般化している」こと自体が課題と捉えることも出来ます。

ここでは、レンタカー依存によって生じる、3つの課題をご紹介します

ポイント1 渋滞が悪化する

沖縄県の人口と観光客の増加に伴い、自動車の保有台数も増加しています。

例えば、100mの道路に1台車があるとしたら、その車は100mを自由に走ることが出来ます。もし2台あれば50m、20台なら1台あたり5mです。

これを「自動車1台当たりの道路実延長」といい、2018年の調査で沖縄県は全国平均の約半分となる7.5m/台、47都道府県でワースト4位となっています。

ちなみに、ワースト1位は神奈川県の3.2m/台ですが、那覇周辺はそれよりも短い2.8m/台となっています。

さらに、沖縄県の旅客輸送のうち、公共交通機関(モノレール+乗合バス)が占める割合は3%程度で、自家用車が90%を超えています

また、親が子どもを学校に送り届けるというのも、沖縄文化となっています。

2015年に行われた調査では、対象となった那覇市・浦添市の高校1年生うち、約半数が「自家用車(=親などの送迎)」で登校していると回答しています。

こうした背景から、那覇市内では全国で最もひどいと言われる渋滞が発生しています。

実際に住んでいての感覚としても、仮に国際通りまで約10kmの場所に住んでいて、「平日の朝8時に国際通り集合」で車を利用する場合、6時半過ぎには家を出ると思います。

自動車の増加とそれよって悪化する渋滞に対応するため、沖縄本島では積極的に道路工事が行われています。

しかし、これは「人々の移動手段を変える」という根本的な問題の解決方法ではなく、仮に観光客や人口が増え続けた場合、道路、そして駐車場も増やし続けなければなりません。

ポイント2 若者の沖縄来訪意向が下がる

2022年、沖縄振興開発金融公庫と日本交通公社による研究調査で、10代後半から30代の世代が、レンタカーが必要であることを理由に、沖縄を旅行先として選ばないという傾向が明らかにされました。

若者の車離れが進むにつれ、今後は「レンタカー利用に抵抗がある」「運転が苦手」という人が、今後はますます増加すると考えられ、レンタカー需要も減少傾向となるでしょう。

また、沖縄では新しい公共交通機関として「鉄軌道導入」の議論も盛んに行われています。

近い将来、レンタカー不足の課題は解決されるかもしれません。

しかし、若者の車離れは沖縄だけでなく、車(レンタカー)移動が中心となっている地方に共通する課題でもあります。

地方では人口減少によって、公共交通機関の【赤字→減便】が相次いでいます。

旅先のコンテンツを磨くことも大切ですが、今後は出発地から旅先(地方)までのスムーズな移動に関する情報発信が必要です。

私もよく田舎を旅しているので、旅行者としての意見を言わせていただくと、電車やバスは2時間に1本でもいいので、最新の情報を知ることが出来たらいいなと思います。

例えばTwitterで毎朝、「本日は全便通常運行です」などとツイートされているだけでも安心できます。

★参考:久高島フェリーのTwitter★

ポイント3 レンタカーが取れないから沖縄に行かない

先ほども、レンタカー増車のリスクについて触れましたが、増車をしても利用する人がいなければ、維持コストだけが出ていきます。

コロナという最悪の時期を経験した事業者は、レンタカーを多く保有するリスクを知っているため、今後もしばらくは、レンタカーの予約が取れない状況が続くと考えられます。

そうすると今度は、「レンタカーが取れないから沖縄に行かない」という旅行者が出てくるのが難しいところです。

レンタカーに依存していると、5年間は「レンタカーが足りない」から、5年後は「レンタカーが必要である」からという理由で、沖縄を訪れる日本人旅行者の減少があるかもしれません。

沖縄の観光客数増加はインバウンド増加にも比例しています。

そのため「日本人がダメならインバウンドだ!」となるであろう、沖縄県の観光方針が予想されますが、これは非常に危険です。

2018年、長崎県・対馬には非常に多くの韓国人観光客が訪れていましたが、日韓関係の悪化により急減。また、2018年に対馬に宿泊した人の内訳を見ると、韓国人観光客以外の数は減少となっています。

結果として対馬には、日本人も韓国人も行かなくなってしまいました。

どうやら日本人旅行者はインバウンドが多い場所を避ける傾向があるようです。恐らくですが、沖縄では「おきなわワールド」の来園者を見ると、似たような状況になっているかもしれません。

★参考:対馬の観光客数激減について★

今ある公共交通機関を利用しましょう!

f:id:beautifuldreaman:20190929195507j:plain

繰り返しになりますが、課題は「レンタカー不足」ではなく、「沖縄旅行のレンタカー依存」です。

その解決策は、シンプルですが、今ある公共交通機関を利用しましょう

聞け!沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)

ということを、本来は沖縄県の観光を司る、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)がPRすべきなのです。

例えば、沖縄本島北部を走る路線バス【67】辺士名線は、日本でも屈指の絶景路線だと思います。

この路線をPRするだけで、世界自然遺産・やんばるへの集客にもつながります。

そうは言っても、沖縄に住んでいる人(OCVBや県職員の皆さん)も、車を利用するのが一般的なので、バスの魅力をPRするのが難しいと想像されます。

また、日本屈指の絶景路線バスといえるのは、私が日本中を旅して、色々な景色を見ているからです。

沖縄にずっと住んでいたり、沖縄が大好きだったりで観光に携わっていると、PRするにしても、ポジションを取ることが出来ません

その結果として、レンタカー問題に限らず、沖縄県の観光は、すでに人気がある場所やモノを紹介したり、顕在化した課題をどうするか話し合ったりするなど、いつも対応が後手となっています。

沖縄観光に携わる人が、もっと日本や世界を旅行をすべき、と言いたいところですが、その休みもお金もないというのが、沖縄に関わらず、業界全体の根底にある問題です。

手っ取り早いのは、私のような旅行をしている人に意見を求めたりすることでしょうか。

しかし、こちらがバスの魅力やバスファンがいることを熱弁しても、OCVBや県の方にはいまいち理解されないことも想像がつきます。

バスと歩きでのんびり旅するのもいいものです

愚痴はここまでにして…笑

沖縄にはあちこちに路線バスや高速バスが走っています。

観光客や人口が増える一方、バスの利用者数は年々減少。沖縄本島を走る主要バス会社4社は赤字で、補助金が投入されています。

また利用者の数が会社の売り上げに直結するため、利用者が減少してしまうと、ドライバーさんの賃金も上がらず、ドライバーが不足。最終的に減便や路線の廃止に至ります。

若者の車離れが進み、モノレール以外の鉄道が無い中で、バスまで失くなってしまっては、いよいよ沖縄に来た旅行者の行き先が無くなります

もちろんバスも渋滞に巻き込まれ、遅れていることが多いですが、ここでレンタカーを利用してしまっては、さらなる渋滞を引き起こすこととなります。

路線バスの周遊パスもあります。

ゆいレールも利用することが出来て、3日間乗り放題5,500円は破格のお値段ですが、恐らくこの周遊パスの存在は、観光客の方に全く知られていないでしょう。

沖縄県民は利用することが出来ないパスなので、ぜひ観光客の方に利用していただき、沖縄の公共交通を盛り上げていただきたいです。

外国人観光客が「ジャパンレールパス」を利用するのが一般化しているように、この周遊パスももっとPRされるべきです。

★参考:沖縄本島最北端・辺戸岬までバスで行くことが出来ます★

マップ
やんばるぐるっと観光無料シャトルバス

また、2022年のGWと5月の土日には、本島北部の主要観光地を経由する無料バスの運行も行われています。

バスだけでなく「」もおすすめの公共交通機関です。

那覇市内から美ら海水族館がある本部半島までは、鹿児島行きの大型フェリーと高速船で行くことが出来ます。

高速船は2022年4月29日から、名護港に寄港する新しい便も登場し、GW期間は片道500円で利用することが出来ます。

北部無料バスとたくま3を組み合わせると、かなりお得な旅になりますが、これらもPRは県内向けが中心で、旅行者には届いていないと思われます。

★参考:フェリー乗船記★

★参考:高速船乗船記★

あとはのんびり歩きましょう

きっと、車ではあっという間に過ぎ去ってしまう何気ない景色の中に、本当の沖縄らしい景色が見つけられるかもしれません。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました