台風の沖縄へ 第2弾!Peach利用 飛行機は飛ぶのか 帰ることは出来るのか|2022 旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

沖縄へ行くタイミングで、また台風が発生しました。それでも沖縄に上陸し、無事に帰ってくることが出来たので、今回はその様子をお届けします。

★参考:2か月前も台風の沖縄へ★

台風でもPeachは飛ぶのか

2022年9月2日金曜日の仕事終わり、成田空港19時50分発のPeachに乗り沖縄へ。土曜日1日を沖縄で過ごし、日曜日に東京へ帰って来る予定でした。

しかし、8月30日の時点で、小笠原諸島の近海で発生した台風11号が沖縄へ接近しており、さらに、新たな熱帯低気圧も発生してしまいました。

台風と熱帯低気圧の予想進路はかなり複雑な状況でしたが、私が沖縄を訪れる9月2日から4日の間は、雨や風の影響を受けることが想定されます。

しかし、私が購入していたのは、最も安い料金設定の「シンプルピーチ」。台風の予報が出ていても、欠航にならない限り返金はありません。

ちなみに、少し金額が高い「バリューピーチ」「プライムピーチ」を利用した場合は、ピーチポイントでの返金があります。

ただし、シンプルピーチでも、手数料3500円を支払うと、日付変更は可能です。

2回連続で台風の沖縄へ行っても仕方がないので、翌週への変更も検討しましたが、やはりベストは、往復ともに欠航で全額返金となること。

日付変更はフライトの1時間前まで可能で、台風が早めに通過する可能性もあるため、もう少し様子を見ることとしました。

台風はチケットガードの補償対象外

航空券を買うときに、預け手荷物や座席指定などのオプションと一緒に、「チケットガード」という、航空代金返金補償保険の案内があります。

なお、台風は補償の対象外となっているので、注意が必要です。

また、チケットガードと一緒に紹介されるチューリッヒの保険も、傷害保険なので、飛行機の欠航や遅延は全く関係ありません。

台風11号と熱帯低気圧が沖縄へ

沖縄行きの2日前、8月31日の状況は以下の通り。

台風11号は中心気圧920hPaという、猛烈な勢力に発達。

沖縄本島は強風域に入り。9月2日から4日にかけては、石垣島や宮古島の周辺で停滞・北上する予報となっていました。

那覇の天気予報を見ると、18時時点で風速10mを超える北東の風が吹いていました。

ここで、注目すべきは21時以降。

風向きが、北東から「東北東」に変わる予報となっています。

那覇空港の到着情報を確認すると、21時以降の便は概ね欠航。この時欠航が付いていなかったPeachの2便も、結局欠航となりました。

飛行機は向かい風に向かって離陸します。

那覇空港の滑走路は南北に敷かれているので、那覇空港を離発着する飛行機は、南北の風には強い一方で、東西からの風(横風)に弱いのです。

こちらは出発前日、9月1日16時頃、Peachの運航状況です。早朝の那覇便は欠航、また石垣便も欠航ですが、それ以外の便は運航されていました。

那覇空港の発着情報を見ても、夜までほとんどの便が運航。

私が乗る予定の飛行機も、欠航の案内は届いていませんでした。

そして旅の当日。

台風は勢力を維持していましたが、速度が遅く、沖縄本島からはだいぶ離れた場所にいました。

こうなると、この日の飛行機は飛んでも、帰りの飛行機に影響が出る可能性高く、沖縄に行っても、帰れなくなります

那覇は3日の午後から雨が強くなる予報が出ている一方で、風速は11m、風向きは南東のまま推移することとなっています。

決断の時

状況をまとめると、もしこれで往復ともに飛行機が飛べば、1円も返金はないので、2万円近くの損失。一方で、飛ばなければ全額返金。

しかし、沖縄行きの飛行機は飛ぶ可能性が高い状況です。

9月4日、帰りの飛行機はもともと成田行きではなく、関空行きを予約していました。

しかし、もう4日の飛行機は飛ばないだろうと判断

この便を9月3日の昼便に変更しようとしましたが、9月1日昼の時点で、3日の那覇→関空は、すでにどの便も満席で変更出来ず。

とにかく、3日の昼までに沖縄を脱出出来ればいいのです。

そこで見つけたのが、3日12時15分 名古屋行 6690円

4日の便は、欠航となった場合、全額返金なので、この名古屋行きが飛べば、プラマイゼロで済みます。しかしもちろん、この飛行機も欠航となる可能性はあります。

こちらは2日夕方時点での台風の予想進路。

相変わらず台風の速度は遅く、3日まだ、台風が沖縄本島から離れた場所にいる予報です。

金曜日の仕事終わり、私が向かった先は成田空港。

4日の那覇→関空はキャンセルせず、3日の那覇→名古屋の搭乗券を購入。

  • 3日の名古屋便が飛ぶ
  • 4日の関空便が欠航し全額返金になる

こうした状況になることを望んで、台風が接近する沖縄へと飛びました。

沖縄からリアル脱出ゲーム

9月2日23時前、沖縄・那覇空港に到着。

飛行機は着陸直前に多少揺れた程度。この時はまだ、空港の外も、雨風はそれほど強くありませんでした。

この日は那覇市内のホテルに1泊。

2日21時の時点で、沖縄本島はまだ強風域に入っておらず、また、進路もやや西にそれる(=沖縄本島から遠くなる)予報となっていました。

寝る前にもう一度、翌日(9月3日)のPeachの運航状況を確認。

那覇空港を離発着する飛行機は、欠航になっていません。

しかし、状況は「天候調査中」。ジェットスターはこの時点で、9月3日に那覇空港を発着する便の全便欠航が発表されていました。

油断は出来ない状況です。

9月3日の朝、起きてまずは天気予報を確認。風速・風向きは前日と変わらず。

那覇空港を離発着する飛行機は、概ね通常運航しており、私が乗る12時過ぎのPeach名古屋行きも、通常通り運航の予定となっていました。

これで台風が来る前に、沖縄から脱出することが出来ます。

寝ている間にも、時折強い雨風が窓に吹き付け、本当に帰れるのか不安でしたが、さすがは台風に慣れている沖縄。

沖縄市で行われるFC琉球の試合も、時間を早めて開催されるようで、これくらいならまだ、色々と大丈夫なようです。

★参考:台風の日の過ごし方について★

台風11号が接近する瀬長島

那覇空港へ行く前に、瀬長島へ寄り道。

普段より波風は強いですが、何事もないかのように、飛行機が飛んでいるのを見て一安心。

那覇空港は、台風の風に備え、コンコースの花鉢にネットが掛けられています。

搭乗券をゲット。

空港の窓口では、予定を早めて沖縄から帰ると思われる人たちの行列も出来ていました。

それでも飛行機は飛んだ!

こちらの飛行機で、愛知県・中部国際空港へと飛びます。

果たしてどれだけ揺れるでしょうか。

この天気でも、整備士さんたちはこちらへ手を振ってくださっています。こうした方々のおかげで、台風でも飛行機が飛んでいると考えると、頭が上がりません。

台風11号が接近する那覇空港を離陸 2022.09.03

こちらの動画が離陸の様子。

離陸する瞬間も、離陸からしばらくしても、飛行機の揺れ加減は普段と変わらず。シートベルト着用サインもすぐに消えました

その後はずっと雲の中。外の景色がここまで真っ白なことも、あまりないと思います。

高度が下がると、紀伊半島が見えてきました。

ここから飛行機は伊勢湾沿いを回り込むようにして、中部国際空港に定刻通り到着。そして、中部国際空港から名鉄で名古屋へ向かい、名古屋から青春18きっぷで東京へ。

もともと、関空から18きっぷで帰る予定だったので、この移動による損失はありません。

そして予想通り、翌日9月4日 那覇→関空 は欠航となりました。

Peach以外でも、9月4日に那覇空港を離発着する飛行機はほとんど欠航なぜかANAは飛んでたようです、強い!)。

今回の体験(記事)が、台風の沖縄へ行こうか迷っている方々の、判断の助けになれば幸いです。

ちなみに、今回は欠航による返金をピーチポイントで行ったため、500ポイント(=500円)多く戻ってきて、少しだけ得をすることも出来ました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました