所要時間10時間!揺れる?船で徳之島から沖縄へ 条件付き運航の船旅の様子|2022 旅行記5

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2022年 徳之島旅行記」その5をお届けします。

★前回の記事は こちら

船で徳之島から沖縄へ

2022年5月20日、この日は1日かけて、徳之島から船で沖縄へ帰ります。

前日夕方に出ていた天気予報では、奄美大島が大雨の予報になっており、船が欠航にならないか心配していました。

宿から港へ向かう道中も雨は降っていましたが、風はそれほど感じず、遠目に見ると海も荒れている様子はありません。

沖縄行きの船が亀徳新港に入港するのは9時10分。今回は事前にネット予約をしていましたが、8時半には港へ到着し、乗船手続きを済ませていました。

この日乗船するマリックスラインのクイーンコーラルクロス。徳之島から沖縄・那覇までは約10時間の船旅です。飛行機の場合、那覇空港へ直行する便がないため、鹿児島空港などで乗り継ぎが必要となります。

■ 参考:クイーンコーラルクロス 船内の様子

なお、この日のクイーンコーラルクロスは、沖永良部島の和泊港と与論島の供利港に接岸しないかもしれない「条件付き運航」でした。

徳之島も風速9m~10mの風が吹く予報になっていましたが、船が定刻通り入港出来たのは、亀徳新港の立地と風向きが良かったからでしょう。

揺れる?条件付き運航の船旅の様子

乗船し、2等室の自分の座席に荷物を置いて、やって来たのはビューシート。全面展望を楽しむことが出来る特別席です。

停泊中は荷役の様子を見物。やはり天気は悪く、コンテナが空中でゆらゆらと揺れる中で作業が行われています。

9時40分、亀徳新港を出港!と思ったら、少しだけ船が動いて、元の位置に戻ってしまいました

結局、徳之島を出港したのは30分後。船内放送によると、風の影響で出港することが出来ず、タイミングを待っていたようです。

沖永良部島までは約2時間の船旅。徳之島出発遅れの影響で、各島への到着も遅れることが見込まれます。果たしてこの悪天候で、船はどれだけ揺れるでしょうか。

全面展望ならではの、迫力ある景色が期待していましたが、船は全くと言っていいほど揺れず。海も白波が立っているような様子は見られません。

30分遅れのまま、12時に沖永良部島へ到着。条件付きだった和泊港(島の南東にある港)ではなく、北東にある伊延港へ入港しました。

荷役作業をした後、12時40分に沖永良部島を出港。遅れは40分に拡大しました。次の与論島までは約1時間半の船旅です。

■ 参考:2021年 沖永良部島旅行記

船内レストランもありますが、昼食は持参したカップ麺(とお酒)。お湯は船内にて無料で注ぐことが出来ます。

14時20分、与論島に到着。普段は与論空港の南にある供利港ですが、この日は空港の北にある茶花港への入港でした。恐らくこの日は、東からの波風の影響があったのでしょう。伊延港・茶花港が島の西寄りであるのに対し、出港に苦戦した亀徳新港があるのは島の東側。

「条件付き運航」の場合、島へ行けるor行けないではなく、今回のように普段とは違う港に接岸することもあるのです。島の人も慣れているので、直前の予定変更にも対応することが出来るのでしょう。

所要時間10時間 遅れ45分

与論島を出港したのは15時前。クイーンコーラルクロスは45分ほどの遅れを保ったまま、沖縄・本部港までは約2時間半の船旅です。

2等室の様子(寝た状態で撮影)

ここで自分の座席に戻り、しばしお昼寝。

目が覚めると沖縄県に入っていました。あと15分ほどで本部港へ入港です。

徳之島(鹿児島県)から約150km以上離れていると、流石に天気も変わります。到着した沖縄北部・本部港は雨が降っておらず、風もありません。

再びビューシートへ移動。本部港から那覇港までは約2時間。遠くの空は晴れているようで、うっすらと夕焼け空を見ることも出来ました。

19時44分、約45分遅れでクイーンコーラルクロスは沖縄・那覇港へ到着。天気予報に反して、大きな揺れもなく、穏やかな船旅を楽しむことが出来ました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★今回の旅の始まりはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました