沖縄で面白いと評判の「月光荘(那覇)」に行ってみた結果→出会い厨しかいなくて残念。そもそも面白いゲストハウスとは。

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は沖縄・那覇にある
ゲストハウス「月光荘」に行って来たので
その感想をレポートします!

沖縄のゲストハウスへ

沖縄に移住して4ヶ月が経ちました。

沖縄で過ごす初めての年越しは
伊是名島で迎えましたが、
それ以降はずっと自分の家で寝ています。

学生時代から月1回は
旅に出ていた私にとって異常事態です(笑)

移住前は
「3ヶ月に1回は沖縄を出る」
と決めていました。

その理由は2つ。
・沖縄に飽きて嫌いにならないようにする
・常によそ者として沖縄を見たい
(観光客気分)

実際のところ、全然飽きておらず、むしろ、
よそ者の視点で沖縄を知れば知るほど
面白いなぁと感ています。

最近ふと気づいたことがあります。

沖縄には面白いゲストハウスが
たくさんあるのではないか

ということです。

年間を通じて観光客がやってくる沖縄には
数多くのゲストハウスがあります。

那覇のゲストハウス「月光荘」に泊まる

旅の醍醐味と言えば
普段見ることのできない美しい景色
見ることに加えて、日常では出会えない人と
話が出来ることです。

例えば、フロンクに話をしてくれる
おじさんがどこかの社長だった
というようことはよくあります。

ということで、久しぶりに
旅行気分を味わいたいなと思い
沖縄で面白そうそうな
ゲストハウスを探していました。

そして今回泊まってきたのが
那覇にある「月光荘」でした。

higemuu.com

国際通りにも近く
1泊2000円で泊まることが出来ます。

ネットでも様々な記事が出ていたり、
旅先でも名前を聞いていたりしていたので
泊まるまではかなり期待していました。

しかし…

結論から言うと、がっかりでした。

泊まっていたのは出会い厨の男

月光荘にチェックインしたのは
仕事終わりの夜8時ごろ。

すでに共有スペースでは
宴会が行われていました。

f:id:beautifuldreaman:20190416173336j:plain

泊まるのはもちろん相部屋。

施設の説明などを
ヘルパーさんにしていただき
そのまま「飲もうよ!」と誘われたので
宴会の輪に入らせていただきました。

こういう感じは好きです。

そこにいたのは男性5、6人。
そこで繰り広げられていたのは下品な会話。

聞いている感じだと皆さん長期滞在者です。

とにかく女性の宿泊者を
待っているような感じの出会い厨。

私はその場にいるのが15分で限界でした。

ゲストハウスでの出会いは質が大事

旅先での交流は好きですが、
この時はその質も大事だと思いました。

旅先だからこそ、
旅の情報交換やその土地の話がしたいのです。

そうした会話は仕事や身分、
年齢も性別も関係なく話すことが出来ます。

ゲストハウスブームが来ていた時期
ゲストハウスを利用していたのは
多くが旅行費用を抑えたい旅人たち。

しかし近年、
ゲストハウスの認知度も高まり、
不純な交流を求めた人たちが、
集まるようにもなっているのでしょう。

面白いゲストハウスとは

私にとって「面白いゲストハウス」とは
旅人や面白い人たちとの交流がある場所です。

旅先での出会いは
旅をより色濃いものにしてくれます。

ちなみに私がこれまでに泊まった中で
一番面白かったのは
「小笠原ユースホステル」です。

小笠原という特殊な環境には
本当に色々な人がやってくるので
そうした人たちとの交流は
とても面白いものです。

ただ、こうした交流の場に
下心丸見えな人がいると、
すぐ離れるようにしていました

こうした人も多いのではないでしょうか。

ゲストハウスに下心を持った男ばかりが
集まるようになると旅人が離れていきます。

面白いゲストハウスは田舎にある

ただ、下心目的の人が、
わざわざ田舎のゲストハウスまでは
行かないと思います。

田舎だと、長期滞在しても、
日中の時間が暇すぎます。

面白いゲストハウスは
繁忙期の田舎にあるかもしれません。

交流が生まれやすいゲストハウスでも、
田舎にあると閑散期は
他に宿泊者がいないなんてこともあります。

f:id:beautifuldreaman:20190416173434j:plain

ということで、チェックインから15分で
月光荘に限界を迎えた私は
夜ご飯を食べてくる」という口実を使って、
夜の那覇へと繰り出しました。

沖縄で行ってみたいゲストハウス3選

月光荘の他にも
調べていて面白そうなゲストハウスが
あったのでご紹介します。

なきじんゲストハウス結家(今帰仁村)

このゲストハウスの面白そうなところは
毎晩20時からのおかず交換会です。

こうした交流のきっかけがあると、
ひとり旅でも楽しむことが出来ます。

いくつか候補日を決めて
予約の電話を入れてみたところ
どの日も満室でした。

やはり人気が高い宿のようです。

【公式】なきじんゲストハウス結家
沖縄北部やんばるの安宿ゲストハウス!海まで30秒

ゴーヤ荘(沖縄市)

築50年にもなる
古民家を利用したゲストハウスです。

夜にはオーナーさんによる
三線の演奏があったり、ちんぴんという
お菓子の無料サービスがあったりと
至れり尽くせりのようです。

ごーやー荘 Goyah-so Minsyuku Hostel
沖縄の古民家民宿ーMinsyuku(a small Ryokan) in Okinawa

そして、私が注目したのは
近くに銭湯があるということ。

「中乃湯」は沖縄で唯一の銭湯です。

沖縄には浴槽に浸かる文化がないので、
家庭はもちろん、
民宿やゲストハウスにも浴槽はありません。

沖縄に移住してから約4ヶ月、
風呂に入っていませんからねぇ。

もともとシャワーだけ派だったのですが、
沖縄の風呂も体験してみたいものです。

月と海(読谷村)

ここはダイビングや
シュノーケルをする人向けのようですが、
フェイスブックを眺めていると、
なんとなくいい雰囲気が伝わってきます。

ここも出会い厨の
集まりじゃなければいいのですが…

沖縄ゲストハウス「月と海」沖縄読谷村の安宿
沖縄の真ん中、読谷村に位置し、観光やレジャーの拠点にとても便利!空港からバス1本、下車1分。食堂・居酒屋・スーパー徒歩1分。また、ダイビングショップも運営し、マリンツアーも多数ご用意♪

民宿もいいかもしれない

民宿と言えば和室に布団のイメージですが、
沖縄では『アットホームさ』が
強調されているようです。

オーナーさん主催のフリーツアーや
文化体験が行われていることもあります。

また、食事の有無を選べるのが
ゲストハウスとの大きな違いです。

そして、その食事も
部屋に運ばれてくるのではなく、
食堂や広間で食べるのが一般的です。

そこに沖縄の「ゆんたく」という文化が入ると
楽しい時間になること間違いなしです。

ゲストハウスはリーズナブルさ、
民宿はアットホームさ。

沖縄の宿で交流を楽しみたいときは
民宿もいいかもしれません。

民宿たつや旅館

那覇だとこの民宿が面白そうだと思いました。

沖縄一人旅ー女性一人旅でも安心の沖縄民宿ーご宿泊料金のご案内
沖縄一人旅ー女性一人旅向き沖縄民宿ーご宿泊料金のご案内

.

ということで、今回はここまで。
最後までありがとうございました。

~終わり~

コメント

タイトルとURLをコピーしました