【沖縄の慰霊の日】平和祈念公園の異様な雰囲気。子どもの前で安倍首相へのヤジ。平和って何…

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

6月23日、沖縄の慰霊の日でした。

f:id:beautifuldreaman:20190623181208j:plain

今年は日曜日でしたが、
毎年この日、県内は休みになり、
各地で慰霊の式典が行われます。

沖縄の慰霊の日

そもそも、なぜ6月23日が
沖縄の慰霊の日なのでしょうか。

それは今から74年前の1945年6月23日、
太平洋戦争における
沖縄での戦いが終わりました。

4月1日に米軍が沖縄本島に上陸し、
日米合わせて
約20万人の方が戦争の犠牲になりました。

沖縄戦で特に悲惨だったのは
住民が巻き込まれた」ということ。

一般に戦場で戦うのは兵隊さんですが、
沖縄戦では住民が米軍や日本軍に
殺されたという歴史があります。

沖縄戦の末期は、
日本軍も消耗しきっており、
戦うというよりも抵抗するのみ。

沖縄は米軍が本土に上陸するのを遅らせる
時間稼ぎに利用されたのです。

雨予報の慰霊祭。情報が錯そう。

正確には、6月23日の慰霊の日は
日本軍の司令官が自決し、
組織的な戦闘が終了した日
」です。

例年、慰霊の日には梅雨明けの
まぶしい太陽が照り付けていたそうですが、
2019年は梅雨がまだ明けておらず
当日も雨予報でした。

前夜祭の灯篭流しなどのイベントは中止。

当日も中止の予定で発表されていましたが
結局、大雨にはならなかったのもあり、
慰霊祭は実施されました。

f:id:beautifuldreaman:20190623185431p:plain

最新情報はTwitterでしか分からないので
旅行者にとっては困りますね。

先週の牧志公設市場最終日もそうですが、
イベント当日の流れはその日その場の、
直前の時間まで分からないのが
沖縄イベントの特徴なのかもしれません。

f:id:beautifuldreaman:20190623185408p:plain

情報が錯綜していました。

平和祈念式典の異様な雰囲気

当日は平和祈念公園の慰霊祭と
白梅之塔の慰霊祭へと行ってきました。

f:id:beautifuldreaman:20190623190039j:plain

平和祈念公園の入口にはたくさんの警察官。
基地反対の主張が行われています。

f:id:beautifuldreaman:20190623190246j:plain

私が家を出たときに降っていた雨はやみ、
空が明るくなってきました。奇跡です。

f:id:beautifuldreaman:20190623190801j:plain

私の地元、埼玉出身で犠牲になった方の
名前が刻まれた
礎にも花束が置かれていました。

世界中から多くの人たちが訪れていました。
沖縄にとって特別な日です。

f:id:beautifuldreaman:20190623191450j:plain

慰霊祭の会場に入る際、
手荷物検査がありました。

平和を願う式典ですが、
普通ではない緊張感がありました。

f:id:beautifuldreaman:20190623191810j:plain

ブロック塀も追悼式典用です。

f:id:beautifuldreaman:20190623193223j:plain

式典の式次第です。
内閣総理大臣の挨拶があります。

辺野古移設を問う県民投票が行われてから
安部さんは初めての
沖縄訪問なのではないでしょうか。

「どんな雰囲気になるのだろう」
「もし自分が首相だったら何を話そう」
「変な事件が起きなければいいな」

と、式が始まるまで
いろいろと考えてしまいました。

とにかくそういう雰囲気だったのです。

【沖縄×SDGs】 沖縄慰霊の日~沖縄移住生活・平和学習~

式典が始まる

11時50分

沖縄県副知事の開式の辞に続いて
沖縄県議会議長の式辞が読まれました。

そして正午。
時報の合図に合わせて黙とうを捧げます。

f:id:beautifuldreaman:20190624205020j:plain

1分間の静寂。

きっとテレビを通じて、
日本中、世界中の人が平和への
祈りを捧げたのではないでしょうか。

沖縄県遺族連合会会長による
追悼のことばの後は献花。

そして、いよいよ
安倍首相の名前が呼ばれます。

f:id:beautifuldreaman:20190624205836p:plain

このときは何も起こらず。
なんだかホッとしてしまいます。

続いては沖縄県知事による平和宣言。

ここから会場の雰囲気が
おかしなことになっていきます。

f:id:beautifuldreaman:20190624214620j:plain
f:id:beautifuldreaman:20190624214640j:plain

これが玉城知事が読んだ平和宣言です。
沖縄にとって平和って何なんだろうな
と、考えさせられる内容です。

ただ、知事が話す言葉の節々で
拍手や指笛が起こるといった感じです。

こちらは生徒代表の言葉。

f:id:beautifuldreaman:20190624215045j:plain

小学6年生が書いたと思えぬ内容で、
しかもその語り口もはきはきと、
堂々としており感動しました。

未来に夢を持つことが 最高の幸せだ

まさにその通りです。

安部さんの挨拶とヤジ

この感動的な雰囲気の中、
完全アウェーな状況に
安倍さんが登場すると一気にヤジの嵐に。

ヤジを言わなくても、
結構な人が「わじわじする」といいながら
退席してしまいました。

f:id:beautifuldreaman:20190624212121j:plain

まぁ、こうなることは予想通りでしたが、
なんだか切なくなりますね。

小さい子供たちも
平和を祈る場
としてたくさん来ているのに。

f:id:beautifuldreaman:20190623194625p:plain

首相に続いて衆議院議長、
参議院議長の挨拶もありましたが、
ここでヤジを飛ばす人はいませんでした。

多分、誰も聞いていなかったのだと思います。

f:id:beautifuldreaman:20190624220401p:plain

沖縄県副知事による閉会の辞で式は終了。
最後に焼香をして公園を後にしました。

戦争の歴史を意識する

帰りに寄ったのは「白梅学徒隊の塔

平和祈念公園の周辺には
様々な慰霊塔が点在しており、
各地で追悼式が執り行われています。

f:id:beautifuldreaman:20190624220807j:plain

元学徒の中山きくさん、
武村豊さんもいらっしゃいました。

霊的なものは全く信じていないのですが…

・私の誕生日は8月16日です。
→ 終戦記念日の翌日

・はじめて行った海外はミクロネシア
→ 行った日はその日は昔、
周辺の島々に大空襲があった日です。

・小笠原諸島にハマる
→ もちろんここも激戦地。

といった感じで、沖縄に来てからも
戦争の歴史は意識しています。

終わり

コメント

タイトルとURLをコピーしました