【沖縄三大綱引き】太すぎる・重すぎる・長すぎる綱を担いで勝負スタート!「与那原大綱曳」は予想外の結末に|2019年 後編

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄の三大綱引き」のひとつ『与那原大綱曳』に参戦してきたとの様子・後編を綴ります。

★前回の記事★

綱を肩に担いで運ぶ

裏通りに置かれた巨大な綱。まずはこの綱を、勝負の場所である「御殿山青少年広場」まで運ぶ必要があります。

f:id:beautifuldreaman:20190816091129j:plain

綱の先端は楕円形状の輪となっています。一般的な綱引きとは異なり、沖縄の綱引きに使う綱は1本ではなく、雌(西)のミージナと雄(東)のウージナと区別されています。

雄綱と雌綱の先端がカヌチ(カナチ)棒で結ばれた瞬間に、勝負が始まるのです。

勝負が始まるまで、ミージナとウージナは、それぞれ別の路地に待機しています。

綱を運ぶ際、綱の上にはこのように人が乗ります。この人たちのことを「支度(したく)」といい、琉球の歴史的な人物に扮しているそうです。お化粧をしていますが、支度の方たちは全員男性でした。

全員で綱を肩に担ぎ上げ、国道329号線へと向かいます。こちらは沖縄本島南部と北部を繋ぐ主要な国道ですが、この綱引きのために通行止めになっています。

ちなみにこの写真は、綱を肩に担いだまま、何とか撮った写真です。

さすがは「沖縄三大綱引き」。沿道や歩道橋にはたくさんのお客さんがいます。

それにしても重い!

綱はもともと、丸太のような木の棒の上に置いてありその、丸太を持ち上げて肩に担ぐのですが、これが予想以上に重いのです(笑)肩パットがないと本当に身体を痛めると思います。

戦いの前にスマホ画面が割れる

10分ほど歩いて、綱引きの会場となる「御殿山青少年広場」に到着しました。

綱を引く前にもうくたくたです。そしてそれは皆さん同じようで、後半になるにつれ、どんどん重さが増していきます(笑)

この写真は綱を地面に降ろした後の写真ですが、この綱を降ろすときに悲劇が起こりました。

綱をおろす合図は特にありません。前の人から順番に担いでいる丸太を自分の背後に落としていくというルールです。

つまり、前の人の丸太が自分の足に落ちたり、自分が丸太を落とすタイミングを誤ると、もの凄い重さが自分の肩に乗っかって、自分の身体が丸太につぶされてしまうこともあるのです。

私は肩にカバンをかけていたのですが、そのカバンに自分の落とした丸太がひっかってしまいました。

私はその場でしりもちをつくことになりましたが幸いケガはなく、一方で、 カバンの中にあったスマホの画面が割れてしまいました。 6年間使続けたスマホですが、画面の一番左の列にあるアイコンだけが押しても反応しなくなったので、これを機に買い替えることになりました (笑)

いよいよ綱引きスタート!

綱が会場の「御殿山青少年広場」に到着したときには、すでにそこに多くの人たちがいました。実はここから綱引きに参加することも可能なのです。

ただ、オリジナルのTシャツをもらえるのは、綱を運んできた人たちだけです。

ということで、いよいよ勝負が始まります。

これはすでに綱を引っているときの写真。

太い綱を中心に細い綱が何本も伸びており、その綱を何人もの人たちが引っ張ります。

綱を引っ張っているときの写真その2。

一度地面に下した綱はもう一度下に丸太を入れて担ぎ上げます。そして、西と東の綱が「かなち棒」で結ばれた瞬間にまた丸太を地面に落として、今度は綱を掴み引っ張ります。

公園に到着したときは、失敗して尻餅をついてしまいましたが、今度は無事に丸太を落とすことに成功しました。

引っ張っているときの写真その3。

綱の全長は約90m。その重さはおよそ5トンにもなるそうです。

勝負はそう簡単に決まりません。西も東も一歩も譲らずに膠着状態が続くこと1分40秒… 突然張り合いがなくなり、今度は綱を引いていたほぼ全員が地面に尻餅をつきました。

勝負は予想外の結末に

何が起きたのか全く分かりませんでしたが、西側の綱が切れてしまったのです。

綱は2週間前から町民が区ごとに手作りし、綱引き前日の深夜に完成したそう。綱には色んな方の想いが詰まっています。

この日はお昼にザッと一雨降りましたが、その後は勝負の時までピーカンに晴れていました。水分を含んだ綱が一気に乾くと切れやすくなるそうで、実は勝負の前から「切れるのではないか」と心配する声もちらほら聞こえていました。

ということで、今年の綱引きは東の勝利で幕を閉じました。写真は東チームの皆さんがカチャーシーを踊って勝利を祝っている様子です。

夜はイベントもある

綱が置かれていた裏通りも、勝負の後は閑散としています。

待ち時間が長かったこともあり、それなりに疲れました… が、イベントは夜も続きます。

綱引き会場近くにある那古浜公園には出店があって賑わっている他、夜にはステージでライブが行われます。この写真は「かりゆし58」のステージの様子。

かなりの人たちが集結していました。本人たちがMCで「撮影OK」と言ってくれたので私もこうして写真を撮ったわけです。が、全然映っていませんね(笑)

最後は打ち上げ花火で締め!

ということで今回は、沖縄三大綱引きのひとつ「与那原大綱曳」の当日ドキュメンタリーをお届けしました!

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 218人 Instagram 788人

移住232日目終了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました