島に着いたけれどやることがない。前浜海岸でシュノーケル。メインストリートを歩く ~初めての小笠原諸島 旅行記3~

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【初めての小笠原諸島旅行記その3】をお届けします。

★前回の記事★

まずは島のスーパーへ

前回の記事では、いよいよ父島に上陸しました。

島で3泊お世話になる「小笠原ユースホステル」にチェックインした後、私がまず向かったのはスーパーです(笑)

f:id:beautifuldreaman:20190924064858j:plain

そして、これはリンゴの値段に驚いたという写真です。 生鮮食品は人と同じく、おがさわら丸で島に運ばれます。

船で届いた食品が、スーパーに並ぶのは入港日の夕方 つまり入港直後のスーパーの棚には、ほとんど商品が並んでいないことが多いのです。この時も品薄の状態でした。

一方で、入港日の夕方スーパーに行くと、外まで行列が出来るほど賑わいます。

集落に最も近い前浜海岸

f:id:beautifuldreaman:20190924065350j:plain

リンゴの写真を撮った4分後にはビーチへ。集落から最も近くにある前浜海岸です。アオウミガメが産卵のために上陸するビーチでもあります。

うーん、 水は綺麗なんですけど 、曇っていて景色は微妙ですねぇ。ビーチにはだれもいません。まあ、それもそのはず。おがさわら丸が父島に到着するのは11時。 皆さん、まずは宿のチェックインを済ませて、その後は昼食を食べに出かけるのが一般的です。

父島は飲食店の種類も豊富です。しかし、当時の私には昼食を食べられるほど、金銭的な余裕はなく、朝食に食パン、夕食にカップ麺を持参しており、昼食は食べず、5泊6日の小笠原諸島滞在を乗り切ろうとしていました。

f:id:beautifuldreaman:20190924070128j:plain

ほとんどノープランの旅でしたが、シュノーケルセットは持ってきていたので、とりあえず海に入ってしまうことにしました。

台風が過ぎた後なので透明度は微妙ですが、魚は多く、少しだけテンションが上がりました。この白黒の魚はロクセンスズメダイ。小笠原でシュノーケルをすると、ほぼ100%見ることが出来る魚です。

ただ思い返すと、この前浜海岸で泳いだのは、数度にわたる小笠原旅行でこの1回きりですね。このビーチで泳ぐなら、近くにもっときれいな場所がありますから。

初めての小笠原、でもやることがない…

f:id:beautifuldreaman:20190924071012j:plain

海から上がって休憩。さぁ、次は何をしようという感じです。それを相談する相手もいません。だからといってパンフレットを眺めてもそこに載っているのはお金がかかるツアー。

特にやりたいこともありません…

f:id:beautifuldreaman:20190924071329j:plain

一旦、シュノーケルセットを置きに宿へ戻りました。前浜海岸から宿までも約5分という近さ!

一緒にチェックインした他のゲストの方も出かけているようで誰もいません。「どうしようかな」と思いながら、目的もなく再びメインストリートへ向かいました。

父島のメインストリートを歩く

父島のメインストリートです。メインストリート沿いには飲食店やお土産屋さんなどが並びます。左側に「生協」、右奥に「小祝」と書いてある看板がありますが、これらが父島にある2つのスーパーです。

二見港もメインストリート沿いにあります。おがさわら丸は父島で2日間停泊します。

基本的におがさわら丸は6日に1便の運航です。

1日目 東京・竹芝桟橋 出港
2日目 父島入港
3日目~4日目 父島停泊
5日目 父島出港
6日目 東京・竹芝桟橋 帰港

上記のようなスケジュールになります。

この運航スケジュールを、島では「一航海」といい、ほとんどの観光客が一航海で小笠原諸島にやってきます。

ということで今回はここまで。

NEXT

.

次回もお楽しみに!

本日もありがとうございました。

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 477人 Instagram 1024人

~移住270日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました