【糸満大綱引に参戦】決着までに30分!?何時に終わるか分からない 休憩もある沖縄の伝統行事

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2019年 糸満大綱引】に行ってきたときの様子をお届けします。

★参考:与那原大綱曳★

★参考:那覇大綱挽

綱引きの前の伝統行事

綱引きは沖縄の伝統を感じることが出来るイベント。

糸満の綱引きは沖縄三大綱引きのひとつです。

2019年は旧暦の8月15日に行われ、市内外から約3万人が訪れました。

会場となるのは県道256号線の糸満ロータリーから白銀堂までの区間およそ500m。

駐車場は用意されていないので、徒歩かバスでのアクセスとなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926062155j:plain

私が到着したのは綱引きが始まる1時間前。

f:id:beautifuldreaman:20190926064332j:plain

そしてこちらが糸満ロータリー

いわゆる環状交差点(ランドアバウト)というものです。

その歴史は古く、戦後、米軍統治下の時代に導入された、沖縄県内に唯一残るロータリーで、道路マニアにとっては有名な場所なのだそう。

f:id:beautifuldreaman:20190926062719j:plain

こちらが白銀堂

立派な鳥居が設けられていますが、ここは沖縄の人々が拝みをする「御嶽」です。お堂の中にある自然の石筍が氏神として祀られており、本殿と言われるものはなく、岩穴に拝みのための石が置かれているだけです。

f:id:beautifuldreaman:20190926064056j:plain

中ではちびっ子たちがエイサーの練習をしてました。

沖縄ではこうして、小さいころから地域の伝統に触れる機会があるのです。

会場では綱引きの前に「道ズネー」という、いわゆるパレードが行われています。

この写真ですが、綱引の綱が少年の腰掛になっていますね(笑)

大きなのぼり旗(旗頭)をひとりで持っています。頭にのっけたりもしていました。

秋田県の「竿灯まつり」にも近いものを感じます。

他にも地域の様々な演舞が披露されていました。

ここでの地域とは、糸満市内の様々な集落のこと

集落ごとにこうした演舞があるというのは、さすが「沖縄は芸能が盛んだな」と改めて気付かされます。

沖縄県内最大級の綱

f:id:beautifuldreaman:20190926065328j:plain

こちらが綱の末端です。

ここから中心に向かって徐々に太くなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926065635j:plain

f:id:beautifuldreaman:20190926065724j:plain

もう手では握ることが出来ない太さになっていますが、先端はもっと太くなります。

f:id:beautifuldreaman:20190926065836j:plain

こちらが綱の先端です。

身長174cmの私の目線と同じ高さに綱があります。綱の隣に立っている女性と比べても、その大きさ分かります。

綱引き当日の朝8時半から小綱をまとめ、雄綱・雌綱合わせて総重量およそ10トン、全長約180mにもなる沖縄県内最大級の綱を手作りするのです。

f:id:beautifuldreaman:20190926070828j:plain

与那原大綱曳は綱を担いで会場まで運びますが、糸満大綱引きは当日の朝から会場となる県道が封鎖され、その場で綱が作られるので、重い綱を担ぐ必要はありません。

そのため、道端には写真のように、綱を作るときに出たカスが散乱しています。

f:id:beautifuldreaman:20190930062140j:plain

歩道に置かれた巨大な「カナチ(カヌチ)」棒。

この棒で雄綱と雌綱を繋ぎます

異国の雰囲気 綱引きが始まる!

f:id:beautifuldreaman:20190930062714j:plain

開始時刻の17時になりました

まずは開会の言葉が読み上げられます。

道ズネーが行われている間は、雨が降ったり止んだり、やや不安定な天気でしたが、幸いこの時には止んでいました。

f:id:beautifuldreaman:20190930063200j:plain

優勝旗の返還です。

糸満大綱引では、北組(ニシカタ)と南組(へーカタ)に分かれて綱を引き合います。2018年は北組が勝利したそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190930063618j:plain

ここで再び旗頭が一斉に並びます。

爆竹が鳴り響き、ここが日本であることを忘れさせるような雰囲気です。

f:id:beautifuldreaman:20190930063927j:plain

いよいよ歩道の柵に括りつけられていたひもが解かれ、糸満大綱引が始まります。

綱は皆さんの力で道路の真ん中まで引きずります。

このときにその場にいれば、誰でも綱引きに参加することが出来ます

雌雄の綱を近づけます。

雌雄の綱がカナチ棒で結ばれました 。

与那原大綱曳はこの時点で勝負が始まりますが、糸満の綱引きはここで一呼吸。

シタクと呼ばれる、伝説上の人物に扮した地元の中学生が登場。

綱の中央でにらみ合い、会場のボルテージは最高潮に。

審判の旗が振り下ろされるとスタートです!

糸満大綱引の特徴:休憩がある

皆さん勢いよく綱を引っ張ります。

糸満大綱引のルールは以下の通りです。

・10m引いたほうが勝ち
・30分で10m引けない時は、2m以上引いたほうが勝ち
・双方2m以上引けない場合は引き分け

10m』は結構な距離です。そして『30分』という競技時間も長いです。

そのため、こんなユニークな光景を見ることが出来ます。

f:id:beautifuldreaman:20191004060402j:plain

休憩です。

リーダーの方の合図で、皆さん一斉に綱の上に座ります。

サッカーのハーフタイムのように、お互いのチームが一緒に休憩を取るのではなく、休憩の間も、もう一方のチームは綱を引っ張っています

f:id:beautifuldreaman:20191004060812j:plain

電話するのもOKです。

勝負事ですが、このゆるさがとてもいいなと思いました。

開始から30分、勝負の結果は

f:id:beautifuldreaman:20191004061120j:plain

そしてまた引っ張ります。

綱引きが始まる前に「何時に終わるか分かりませんが、皆さんぜひご参加ください」とアナウンスがされていましたが、その意味がようやく分かりました。

f:id:beautifuldreaman:20191004061413j:plain

大体1分引いて1分休むという感じです。

最初から30分という制限時間内に、10mを引くつもりはないようです。

休憩の時間を利用して、カメラマンさんも綱の上から写真を撮ることが出来ます。

f:id:beautifuldreaman:20191004061707j:plain

それでも少しずつですが綱は引っ張られています。

f:id:beautifuldreaman:20191004061936j:plain

この方はどうやら名物おじさんのようです。場が盛り上がっていました。

f:id:beautifuldreaman:20191004061816j:plain

そして30分が経ちました…

f:id:beautifuldreaman:20191004062143j:plain

今年の糸満大綱引は30分で4m30cmを引いた北組が優勢勝ち。

通算成績は北組が38勝20敗6引き分けになったそうです。

糸満大綱引は五穀豊穣・大漁祈願・家内安全・無病息災を願い、勝負の結果で吉凶を占う行事。勝敗よりも融和と調和を図り、絆を深めることが目的です。

それを表しているのがまさに「休憩」の時間だなと思いました。

f:id:beautifuldreaman:20191004062755j:plain

最後には綱を切って持ち帰るのもOKです。

のこぎりを持参している人のところに人だかりができます(銃刀法…笑)。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました