【沖縄三大綱引き】決着までに30分!? 途中で休憩もある。 2019年糸満大綱引の結果はいかに 後編

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【糸満大綱引に行ってきた】後編 をお届けします。

★前回の記事★

糸満大綱引きが始まる

f:id:beautifuldreaman:20190930062140j:plain

歩道に置かれた巨大な「カナチ(カヌチ)」棒。この棒で雄綱と雌綱を繋ぎます。雄綱と雌綱が繋がると全長約180メートル、綱の最大直径は約1.5メートル、重さ約10トンにもなるそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190930062714j:plain

開始時刻の17時になりました。まずは開会の言葉が読み上げられます。

道ズネーが行われている間は、ザッと雨が降ったり止んだりというような不安定な天気でしたが、幸いこの時には止んでいました。

f:id:beautifuldreaman:20190930063200j:plain

優勝旗の返還です。

糸満大綱引では、北組(ニシカタ)と南組(へーカタ)に分かれて綱を引き合います。昨年は北組が勝利したそうです。

f:id:beautifuldreaman:20190930063618j:plain

ここで再び旗頭が一斉に並びます。爆竹が鳴り響き、もう日本の雰囲気ではありません。

f:id:beautifuldreaman:20190930063927j:plain

いよいよ歩道の柵に括りつけられていたひもが解かれました。糸満大綱引が始まります。

巨大な綱をカナチ棒でつなぐ

綱はみんなの力で道路の真ん中まで引きずります。このときにその場にいれば、誰でも綱引きに参加することが出来ます。

雌雄の綱を近づけます。

雌雄の綱がカナチ棒で結ばれました 。

与那原大綱曳はこの時点で勝負が始まりますが、糸満の綱引きはここで一呼吸。

シタクと呼ばれる伝説上の人物に扮した地元の中学生が登場。綱の中央でにらみ合い、会場のボルテージは最高潮に。

審判の旗が振り下ろされるとスタートです!

綱引きの途中に休憩がある

皆さん勢いよく綱を引っ張ります。ここで糸満大綱引のルールをご紹介します。

・10m引いたほうが勝ち
・30分で10m引けない時は、2m以上引いたほうが優勢勝ち
・双方2m以上引けない場合は引き分け

10m』って結構な距離です。そして『30分』という競技時間も長いです。そのため、こんなユニークな光景を見ることが出来ます。

f:id:beautifuldreaman:20191004060402j:plain

休憩です。

リーダーの方の合図で皆さん一斉に綱の上に座ります。サッカーのハーフタイムのように、お互いのチームが一緒に休憩を取るのではなく、休憩の間も、もう一方のチームは綱を引っ張っています。

f:id:beautifuldreaman:20191004060812j:plain

電話するのもOKです。勝負事ですが、このゆるさがとてもいいなと思いました。

開始から30分、勝負の結果は

f:id:beautifuldreaman:20191004061120j:plain

そしてまた引っ張ります。

綱引きが始まる前に「何時に終わるか分かりませんが、皆さんぜひご参加ください」とアナウンスがされていましたがその意味がようやく分かりました。

f:id:beautifuldreaman:20191004061413j:plain

大体1分引いて1分休むという感じです。最初から時間内に、10m引く気なんてないのです。休憩の時間を利用して、カメラマンさんも綱の上から写真を撮ることが出来ます。

f:id:beautifuldreaman:20191004061707j:plain
f:id:beautifuldreaman:20191004061816j:plain

それでも少しずつですが綱は引っ張られています。

f:id:beautifuldreaman:20191004061936j:plain

この方はどうやら名物おじさんのようです。そして30分が経ちました…

f:id:beautifuldreaman:20191004062143j:plain

今年の糸満大綱引は30分で4m30cmを引いた北組が優勢勝ち。通算成績は北組が38勝20敗6引き分けになったそうです。

糸満大綱引は五穀豊穣・大漁祈願・家内安全・無病息災を願い、勝負の結果で吉凶を占う行事。勝敗よりも融和と調和を図り、絆を深めるものなのだそう。

それを表しているのがまさに「休憩」の時間です。

f:id:beautifuldreaman:20191004062755j:plain

最後には綱を切って持ち帰るのもOKです。のこぎりを持参している人のところに人だかりができます(銃刀法…笑。まぁ、これが沖縄です)。

今年の糸満大綱引には市内外から約3万人が訪れました。10月13日には沖縄三大綱引のひとつ那覇大綱挽が行われます。綱引きは沖縄の伝統を感じることが出来るイベントです。

皆さんも足を運んでみてはいかが?

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 555人 Instagram 1047人
~沖縄移住276日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました