フェリー海邦の船内はラグジュアリー。JALのような座席|2019 渡名喜島旅行記 その3

渡名喜島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【渡名喜島旅行記】その3をお届け致します!

★前回の記事★

ラグジュアリーな内装、JALのシート?

渡名喜島を経由し、久米島へ向かう「フェリー海邦」。この船がなかなか綺麗でした。

f:id:beautifuldreaman:20191124201119j:plain

こちらは受付デスク、そして階段。落ち着いた雰囲気で、とても清潔感ある船内です。

f:id:beautifuldreaman:20191124201554j:plain

客室はこんな感じ

f:id:beautifuldreaman:20191124202113j:plain

定期船ではなく飛行機のような座席です。JALのエコノミークラスを思わせます。

前後のスペースも広めなので、リクライニングをするにも、それほど気を遣わなくて済みます。

そして、この写真の右、ドアがあるのが分かりますか?

秘密の部屋がある

f:id:beautifuldreaman:20191124202648j:plain

こちらは特別室(洋室)と書いてあります。

SPECIAL BED ROOM ということは、ベッドが置いてあるのでしょうか。

結局、ドアを開ける勇気はありませんでしたが、この部屋の横にこんなスペースがありました。

f:id:beautifuldreaman:20191124203038j:plain

談話室です。先ほどの客室の前方につけられた、テレビの裏側に当たる場所です。

ここに入るにも一応ドアがあり、使っていいの分からない雰囲気なので、誰も人がいません。

ただ、特に注意書きなどはないので、中に入っても問題はないかと思われます。

クルーズ船のような雰囲気

f:id:beautifuldreaman:20191124202519j:plain

続いて、甲板に出てみましょう。

f:id:beautifuldreaman:20191124203456j:plain

木目調の床に白塗りの船体。まるでクルーズ船のような雰囲気です。

椅子やテーブルも設置されています。

f:id:beautifuldreaman:20191124204209j:plain

甲板からは慶良間諸島が見えました。

f:id:beautifuldreaman:20191124204412j:plain

そして写真のように、 フェリー海邦では船首からの景色を眺めることが出来ます。

これが意外と珍しいのです。船首は大きく波をかぶることがあるので、立ち入り出来ない船が多いです。ちなみに、船の操舵室は、写真を撮っているこの場所の真上にあります。

f:id:beautifuldreaman:20191124204339j:plain

渡名喜島に到着する直前、久米島からやってきた「フェリー琉球」とすれ違いました。

この写真で船首に波が立っているように、私が乗っているフェリー海邦も、思ったより揺れた航海となりました。

渡名喜島に上陸

f:id:beautifuldreaman:20191124205309j:plain

那覇を出港してから約2時間、渡名喜島に到着します。

f:id:beautifuldreaman:20191128045017j:plain

おそらくこれで、私の上陸した島の数は55になるはずです。

このとき時刻は11時ちょうど。

f:id:beautifuldreaman:20191128045620j:plain

フェリー海邦は渡名喜島での下船・荷役作業を早々に終え、すぐに久米島へ向けて出港していきました。

この船が久米島で折り返し、再び渡名喜島にやってくるのは15時半

約4時間半の渡名喜島滞在となります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

【フォロワー1000人】目指す!
本日の結果
Twitter 728人 Instagram 1255人
~沖縄移住331日目、終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました