南国の植物と花がお出迎え!園内を歩いて1周する|沖縄・東南植物楽園 2020旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は【東南植物楽園】に行った時の様子をご紹介します。

★参考:冬の沖縄旅行のおすすめ★

東南植物楽園に行ってきました

東南植物楽園は、那覇空港から高速道路を使って車で約40分。

沖縄本島中部・沖縄市にあります。

今回私の持ち物はスマホと財布だけ。原付でふらっと、近くのコンビニに行くような感覚です。

コロナの影響で、観光客(「わ」のナンバーの車)はいない一方で、日曜日の午後なので、家族連れの方を中心にぼちぼちと人はいました。

入口にはきれいなピンクの花が飾られています。

こちらは南国を代表する花「ブーゲンビリア」です。沖縄では道端などで多く見ることが出来ます。

駐車場を挟んで、園内には2つのエリアがあります。

エリア間を移動するときは駐車場を通る、つまり、一度施設の外に出る必要があるため、入場時にはシールを渡されます。

シールを見えるところに貼ったら見学スタート!

ご利用案内 | 【公式】東南植物楽園 | 沖縄北インターからすぐ 
沖縄自動車道沖縄北インターからすぐ、南国の自然や動物に触れ合える場所、東南植物楽園。三世代で楽しめる体験プログラムやレストランやウェディンのご利用など。営業時間・料金のご案内。

なお料金は、季節や時間帯、前売り、当日などによって変わるため、複雑な仕組みです。詳しくは上のホームページをご確認ください。

ぐるっと園内を一周する

園内に入るとすぐに大きな池と噴水、そのバックには「東南植物楽園」という文字のオブジェがあります。

まさに観光地という感じの景色です。

マップを眺めながらどうしようか考えていると、スタッフの方に「どちらへ行かれますか」と声をかけていただきました。

ぐるっと園内を一周したい

とお伝えたところ、コースを教えていただいたので、その通りに歩いてみることにしました。

まずは「水上楽園エリア」を散策します。

水上楽園には大きな湖が3つあります。

こちらは入ってすぐのところにある「繁栄の湖」。

ヤシの木が生い茂り、異国のジャングルの雰囲気。沖縄にもヤシの木はありますが、自然のままでこうした雰囲気の場所は多くありません。

一概に「ヤシの木」といっても、ヤシ科の植物は世界に3000種あると言われています。

幹が細いので、倒れてしまわないか心配になりますが、ヤシの木の根は横に伸びており、風の抵抗を受けにくく、南国の台風にも耐えることが出来るそうです。

最近ではこんなこともニュースになっていました。

中国新聞デジタル出ていた記事。街路樹として植えられたヤシが高く育ちすぎている問題です。

ヤシの木は枝がないものの、木の皮が剥がれたり、大きな葉っぱが落ちたりすることがあります。それが車や人に当たるのを防ぐのと、維持管理費削減のために伐採するようです。

沖縄でもよく道路にヤシの残骸があるのを目にします。

亜熱帯ならではの花と木々

ピンクボールが咲いていました。

アジサイのような見た目の花で、下向きに咲くことから別名「逆さアジサイ」とも言われています。

マダガスカルが原産ですが、沖縄の道端で見かけることもあります。

この川をボートで行くのも、アトラクションのようで楽しそうです。

南国の花の定番「ハイビスカス」。

沖縄の方言で「アカバナー」。沖縄では年中咲いているのを見ることが出来ます。

色や花びらの形などが様々で、実は5000種以上もあると言われています。花そのものの寿命は1日ですが、枝が丈夫なので、防風林の役割も果たしています

この魅惑的な植物はなんでしょう。

エメラルドグリーン、月のような形。

角度を変えて何枚も写真を撮ってしまいます。

この植物の名は「ヒスイカズラ」。

フィリピン原産のつる性植物で、花の色が宝石の翡翠に似ていることが名前の由来です。

絶滅危惧種に指定されている植物でもあります。

全国の植物園の温室で見られるそうですが、沖縄では屋外でその姿を見ることが出来ます

ただ、さすがに自生はしていないので、どこでも見られるわけではありません。

こちらの花はプラスチックでできています(笑) 

いや、注目すべきはこの1本の木。

バオバブ」といいます。

アフリカを象徴する樹木として有名です。東南植物楽園のパンフレットにも大きく書かれていたので、期待して行ってみたら、まさかの1本だけ

これにはちょっと笑ってしまいました(笑)

東南植物楽園で恋愛成就はするのか

池にハート模様が浮かんでいます。

これをインスタ映えスポットというのでしょうか。

恋愛成就のスポットにもなっています。

ガチャガチャで南京錠をゲットして、それをハート型の柵にくくりつけるというもの。

しかし、スペースにも限りがあるので、いつかスタッフの方によって外されてしまうはず。そもそも、ガチャガチャ1回の500円で結ばれる愛なんて、きっと儚いものです…

ちなみに、東南植物楽園ではイルミネーションも行われており、2021年の「イルミネーションアワード」では、全国3位にランクインしています。

夜の時間もおすすめなようです。

東南植物楽園の生き物たち

看板を支える謎のオブジェ。

どこかの民族の伝統工芸品のような感じがします。

こちらにも謎のオブジェが置かれていました。

いかにも熱帯のジャングルを感じさせる川です。

川の先は池のようになっています。

ちょうど、池の真ん中に置かれたコイのオブジェにサギが止まっていました。

池にはコイが泳いでおり、釣り堀として楽しむことも出来ます【竿・バケツ・エサ10個で300円】。

体験が楽しめる小屋もあります。

ここではシーサーなど、ちょっとした手作りお土産を作ることが出来ます。

何でしょう、この真っ白な牛のオブジェたちは。

可愛げは一切なく、とても戦闘的な顔をしています。

東南植物楽園と牛の関係を調べてみましたが、こうしたオブジェが置かれている理由は特に分かりませんでした。

こちらは生きているカピパラリクガメです。

カピパラは気ままに歩いたりしてますが、リクガメはびくともしません。

100円でエサやりをすることも出来ます。

エサとしてキャベツと人参が置かれていました。

またカメがいました、が、今度はウサギと一緒に飼育されています。

しかも見つめあってます(笑)

ウサギとカメ。

ライバル関係にあるとされる両者ですが、レースをしている最中、どうやら恋に落ちてしまったようです。

【沖縄】エサを分けあうウサギとカメ

しばらくその様子を眺めていると、ちょうど飼育員さんがエサを持ってきました

カメさんのことを置いて、さっさとエサへ向かうウサギさんと、のっそりと身体の向きを変えるカメさん。そしてウサギと一緒に食べるという… 

何だかとても平和的で癒され、結局ここで私は、20分くらいウサギとカメを眺めていました。

ヤギさん。沖縄の方言でヒージャーといいます。

沖縄ではヤギ料理店があるほど「ヤギを食べる文化」が盛んで、かつては国内のヤギ肉輸入の100%を沖縄が占めていたそうです。

最近ではイスラム圏から日本に訪れる観光客向けの「ハラールフード」として沖縄県外での需要が増えており、2017年には輸入量のうち、沖縄県が占める割合は23%にまで縮小しました。

私も一度食べたことがあるのですが、クセも臭みも強めです。

霊長目ヒト科ヒト属ヒトもいました(笑)

東南植物楽園では、今回ご紹介した以外にもリスザルが飼育されています。

さらにバードオアシスというエリアでは、クジャクなど、鳥たちを見ることも出来ます。

1時間40分で園内を1周しました

この植物の名前は忘れてしまいましたが、水が張られた地面に生えていて迫力があります。

植物に囲まれたこうした道は、いかにも「植物園」という感じがします。

胡蝶蘭が綺麗に咲いています。

沖縄県の胡蝶蘭(洋ラン)生産数・出荷数は、福岡県、徳島県に次いで全国3位となっています。

色によって花言葉が変わり、様々なシーンで用いられる胡蝶蘭ですが、紫色は流通したばかりなので、花言葉はまだないそうです。

そして、木々の中に突如として置かれている赤い光に照らされた牛の像

普通に怖いです(笑)

広場に置かれていた、真っ白で威嚇的な顔をした牛のオブジェもそうですが、東南植物楽園は何か牛と関係があるのでしょうか

調べても情報は特に出てきませんでした。

池が鏡のようになっており、そこにヤシの木が映っていて綺麗です。

池の上に設置されている東屋には、エイサーの太鼓が置かれていました。

軽く叩くと「ポンッ」という高めのいい音が出ます。

道でアヒルさんたちがお散歩していました。

飼育員の方が見ている様子もないので、どうやら園内で放し飼いされているようです。

入口の近くまで戻ってきました。

今回は1時間40分ほどかかりましたが、300円のヤッシー号(バス)もあるので、これに乗ってゆったり園内を巡ることも出来ます。

また、入口付近にはお土産屋さんなどが入ったお店もあるので、そこで少し休憩するのもいいかもしれません。

いい雰囲気のユスラヤシ並木

駐車場を通り、もうひとつのエリアへ向かいます。

こちらはヘゴ。沖縄本島の北部、やんばるに自生している木です。

ヘゴ林は神聖な場所で、「深呼吸をして聖なるパワーを感じてみましょう」的なことが書かれた看板が置かれていました。

ただ、調べてみると、沖縄でヘゴの木が特別に神聖視されているわけではないようです。

ソフトクリームの絵にブーゲンビリアの花。

インスタ映えスポットです。

こちらが東南植物楽園を代表するスポット「ユスラヤシ並木」。

1968年、大林正宗氏が台湾からユスラヤシの種を持ち込んだことが、東南植物楽園の始まりとされています。

園内にはおよそ3000本ものユスラヤシが植えられているそうです。

高い木々に覆われ、雰囲気があっていい場所です。

これにて東南植物楽園の散策は終了。

トータル2時間ほどの滞在になりましたが、なかなか楽しむことが出来てよかったです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

★続きはこちら★

【SNS本日の結果】
Twitter 1102人(前日比+0) 
Instagram 2074人(前日比+6)
Youtube 22210回 (前日比+74)

~移住2年目 150日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました