【宮古島の旅】与那覇前浜ビーチと来間島へ!夕陽は砂山ビーチから。大満足の宮古島でした|2018年 旅行記 最終回

宮古島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の「宮古島旅行記 最終回」をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

日本一美しい?与那覇前浜ビーチ

宮古島滞在2日目。

八重干瀬ツアーから戻ると時刻もう15時過ぎ。

』と書かれた石碑。

山や川がない宮古島。

水源が乏しく、地下ダムが出来るまでは、水不足に悩まされることも多かったそう。

一方で、山や川がないので土砂が海に流れ出ることがなく、海が綺麗なまま保たれています。

池間島からやってきたのは来間島の手前にある「与那覇前浜ビーチ

約7kmにわたって広がる砂浜にはパラソルが立てられており、海の家もあり、多くの人が海水浴を楽しんでいます。

『日本一綺麗なビーチ』が紹介される際、ほぼ必ず上位に登場するビーチ。

期待していたのですが、池間大橋と比べると…

早々に与那覇前浜を後にして来間島へと渡ります。

この写真は来間大橋からの景色。

これで宮古島と周辺離島を繋ぐ3つの橋をコンプリートしました。

来間島上陸

草っ原の校庭が広がる来間小学校。

120年以上の歴史があるそうですが、2019年度をもって廃校になりました。

ちなみに、伊良部島にある伊良部高校も2018年度をもって廃校になりました。

沖縄県全体でみると、宮古島にも人口減少・高齢化の波が押し寄せています。

来間島でやってきたのは「竜宮展望台

島で一番の観光名所とも言われています。

こちらが竜宮展望台からの景色。

来間大橋と対岸に与那覇前浜ビーチが見える絶景が広がっています。

時刻はもう17時。

すでに陽が傾いていますが、それでもこれだけ綺麗なのは凄いことです。

砂山ビーチから眺める夕陽

夕陽を見るためにやってきたのは砂山ビーチ

私以外にも、ビーチには多くの人が訪れていました。

水平線に沈む夕陽を見ることは出来るでしょうか。

この後太陽は、水平線の彼方の雲に隠れてしまいました。

それでもこの日は、朝から夕陽まで宮古島の美しい景色を楽しむことが出来て、大満足の1日でした。

時刻はもう20時前。

やっと暗くなってきました。

この日は止まっているゲストハウスでBBQをやるということで、夜も楽しみにしていました。

2泊3日 宮古島滞在終了

そして待ちに待ったBBQ。

頻繁に行っているわけではないそうで、たまたま参加することが出来ました。

他のゲストの方とも語ったりして、こうした交流が、私が旅で楽しみにしていることのひとつです。

★私が泊まったゲストハウス★

ゲストハウスファミリアは魅力あふれる宿|実際に泊った感想を公開 | みやれこ
宮古島へ旅行するとき、リゾートホテルを利用する方が多いのではないでしょうか。 海を見ながらのんびり南国気分…もいいですが 「旅先で交流を楽しみたい!」「宿代は安く抑えてアクティビティにまわしたい!」 という方もいるはず。そんな方にはゲストハ

オーナーさんからも、かなり深掘った話を聞くことも出来て、とてもいい夜を過ごすことが出来ました。

翌朝、空港までもオーナーさんが送ってくれました。

これにて2泊3日の宮古島滞在終了

天気にも宿にも恵まれて大満足の旅になりました。

.

ちなみに、私は宮古島から帰って来て、その日から「地方移住」を目標にして日記をつけるようにしました。

その日記を書き始めてから約5カ月後、私は沖縄に移住しました。

☀上陸した島☀
No.42 宮古島(沖縄県)

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1194人(前日比+9) 
Instagram 2417人(前日比+2)
Youtube 48530回 (前日比+667)

~移住2年目 247日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました