海洋博公園で無料のイルカショーとイルカの餌付けを楽しむ|2021年 旅行記その36

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「1泊2日!沖縄旅行2021年 春 その4」をお届けします。

★前回の記事★

路線バスで海洋博公園へ

沖縄旅行2日目。今帰仁村にある結家からスタートです。

歩いていて見つけた「諸志区生活改善規定」という看板。田舎ならではの風習でしょうか。

この日は曇り空。特に予定も決めておらず、行きたい場所もなかったので、私はいよいよ “あの場所” に行くことを決めました。

ある場所とは「海洋博公園」です。 路線バスに揺られ、やって来ました。入口の先には伊江島が見えています。

海洋博公園は沖縄旅行で一番の定番観光地と言っていいでしょう。しかし、私がここに来るのは初めてです。

海洋博公園には「美ら海水族館」をはじめ、様々な施設がありますが、公園内を歩いている分にはお金がかかりません。

海洋博公園
海洋博公園は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して博覧会跡地に設置された国営公園です。沖縄観光で人気の沖縄美ら海水族館やイルカショー、プラネタリウム、ビーチほか多数の施設があります。

無料のイルカショー「おきちゃん劇場」

私が行きついたのは「おきちゃん劇場」。ここでは1日数回、イルカショーが行われており、なんと無料で見ることが出来ます。

開始時間が近づくにつれ、少しずつ人が集まってきました。通常は分かりませんが、この状況でも人がこれだけいるのは凄いことです。

海洋博公園・オキちゃん劇場 Short.ver

イルカショーが始まりました。飼育されたイルカによるショーをみた記憶がないので、もしかしたら人生初かもしれません。

飛んだり泣いたり、ボールを飛ばしたり、アクロバティックなイルカの動きに歓声が上がります。

まあ、確かに凄い… しかし、私の隣で「かわいい~」と話しながらイルカショーを楽しむ方に、途中から【小笠原諸島】を紹介したくてたまらなくなってしまいました(笑)

小笠原諸島では野生のイルカと一緒に泳ぐことが出来ます。

★参考:小笠原諸島 自然のイルカショー★

イルカの餌付け体験が面白い

コロナの影響で上映時間は短く設定されており、あっという間に終わってしまいましたが、それでも十分楽しむことが出来ました。

終了後、しばらくイルカが泳ぐ水槽を眺めていました。野生のイルカとは違い、泳ぎもゆっくりで、水槽の中でくつろいでいるようです。

「また小笠原でイルカと泳ぎたいな」と思いながら、移動しようとすると面白い案内を見つけました。

イルカの給餌体験

どうやらイルカに餌をあげる体験が出来るようです。これは今までやったことがない体験なので、さっそく列に並んでみました。

料金の案内はなく、「いくらかかるんだろうか」と少し不安に思っていましたが、無料のイルカショーに続き、こちらも太っ腹の500円。

バケツに入ったししゃも数匹貰って、イルカの所へ移動します。

口を開けて待つイルカの、口にししゃもが入るように投げてあげます。なかなか面白いです。

沖縄・海洋博公園 イルカに餌付けする体験(500円)

他に参加しているのはちびっこがいるファミリーやカップル。

でもそんなの関係ありません。26歳男1人でも、「お早めにお願いします」とスタッフの方に注意されるくらい、楽しめる貴重な体験でした。これは多くの人におすすめしたいです。

無料のイルカショーとイルカへの餌付けを楽しんだ後は、いよいよ美ら海水族館です。

沖縄移住前も、移住後も、これまで一度も来たことがなかった場所へやってきました。

でもやっぱり、中に入るのは止めました。逆にここまで来たら、散々あちこち行きながらも、「美ら海水族館に行ったことがない」が価値になる気がするのです。

そもそも、本当に自分が行きたい場所であれば、とっくに来ているはずです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました