日本最南端のバス停 西表島・豊原に行ってみた|2021年→2022年 年末年始の旅 その20

2021年→2022年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2021年→2022年 年末年始の旅】その20をお届けします。

★参考:前回の記事★

西表島交通に乗車し豊原へ

由布島を散策し、西表島に戻ってきました。

ここからは、西表島交通の路線バスに乗車し、終点の「豊原」を目指します。

「由布水牛車乗場」バス停に置かれていた自動販売機には、「ホット」の飲み物がありました

沖縄の自動販売機にホットがあるのは珍しいですが、観光地だからでしょうか。

ちなみに、この日も風が強く、厚着をしていてもなかなか寒かったです。

沖縄本島では、レンタカーを借りる人が多いので、路線バスを利用する旅行者は少ないですが、西表島では、バスを利用する人も多いようです。

波照間島で、皆さんとりあえず「日本最南端の碑」に行くのと同じで、日本最南端の路線バスだからというのが理由でしょうか。

どうやら違うようです。

石垣島行きの船が出ている大原港に到着すると、皆さん降りてしまいました。

「日本最南端」が理由でこのバスを利用するのであれば、このバスの終点である「豊原」まで乗車するはずです。

日本最南端のバス停

間もなく、終点の豊原に到着します。料金は520円です。

豊原には「日本最南端のバス停」という看板が設置されています。

私は日本最北端「宗谷岬」、日本最東端「納沙布岬」まで、路線バスを利用して行ったことがあるので、これで日本最北端と最南端のバス停を制覇することが出来ました。

★参考:宗谷岬に行った時の話★

★参考:納沙布岬に行った時の話★

西表島にはもうひとつ、「白浜」というバス停があり、そちらには日本最西端の看板があるようです。

ただ、西表島よりもさらに西にある「与那国島」にも、町営バスが運行しており、そちらの「久部良」バス停が日本最西端であるという説もあります。

バス停のそばには「開拓之碑」が置かれていました。

前回の記事でご紹介しましたが、西表島は長年、マラリアの影響で定住が難しい島でした。

戦後、琉球政府の開拓移住政策に基づいて、開拓移住「豊原団」が入植し、未開の地を切り開いたそうです。

豊原から大原港まで歩く

この日は午後の船で石垣島に戻り、夜の飛行機で中部国際空港へ飛びます。

豊原からのバスは1日5便しかないため、ここから大原港までは歩きます。

約2.5kmなので、それほど遠いわけではありません。

道端にヤギがいました。

またいました。

一見すると野生のように見えますが、角がないため、こちらは飼われているものと思われます。

さとうきびの収穫シーズンということで、ユンボで収穫が行われていました。

恐らく、多くの人がイメージしているようなさとうきび刈りの光景ではないかと思いますが、さとうきびは機械化が進んでおり、手で刈ることは少なくなっています。

こちらはすでに収穫を終え、新しい苗が植えられた畑です。

収穫されたさとうきびは、こちらの製糖工場に集積され、黒糖などに加工されます。

沖縄らしい、さとうきび畑の景色が広がる一方で、北海道のように、牧草ロールも見られます。

そして、亜熱帯を感じさせるマングローブの川

西表島は大きな島ですが、日帰りなので、観光はこれにて終了。大原港から船に乗船します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました