絶景!果報バンタ おすすめの時間帯をご紹介 ぬちまーす工場も無料で見学|2019年 沖縄旅行記

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「果報バンタとぬちまーす工場に行ってきた」ので、その様子をご紹介します。

★こちらもおすすめ★

宮城島・果報バンタへ

とある休日。この日の天気予報は雨だったので、どこかへ出掛ける予定は立てていませんでした。

f:id:beautifuldreaman:20190531123938j:plain

しかし、朝起きると太陽が顔を出し、青空が広がっていました。これは行くしかない

ということで、5分後には原付に乗っていました。

行き先は「果報バンタ」。果報バンタがあるのはうるま市の宮城島。宮城島の周辺は与勝諸島といい、小さな島が点在していますが、それらの島は橋で結ばれているので、車で島に上陸することが可能です。

★参考:与勝諸島旅行記★

f:id:beautifuldreaman:20190531124908j:plain

道路沿いに立っている「ぬちまーす工場」の看板を曲がります。

f:id:beautifuldreaman:20190531123857j:plain

道を曲がるとひまわり畑がありました!まだ5月ですが綺麗に咲き誇っています。また、ひまわりの背景にサトウキビ畑があるというのが、沖縄らしくて素敵です。

f:id:beautifuldreaman:20190531125756j:plain

車だと那覇空港から1時間半ほどで着くようですが、原付では2時間以上。9時過ぎに到着しました。案内図を確認すると、ぬちまーす工場の駐車場の先に果報バンタへ続く道があるようです。

f:id:beautifuldreaman:20190531130609j:plain

看板がある方へと歩きます。

この看板には「HAPPY CLIFF」と書かれています。果報という言葉には、沖縄で「幸せを運ぶ」という意味があるため、英語では ”HAPPY CLIFF”呼ばれています。

インスタ映えの人気スポット

【沖縄ライフ 】果報バンタに行ってみた①~2019年5月31日 ~

この景色がインスタ映え絶景スポットとして人気で、普段であれば多くの人が訪れています。今回は朝9時過ぎ、しかも平日ということで、他に人もおらず、果報バンタの絶景を独り占めすることが出来ました。

朝起きて、天気を見て思い立ち、すぐにこんな絶景に出会えるのは、沖縄に住んでいる醍醐味。気温も高すぎず、とても気持ちのいい天気だったので、のんびり景色を見て過ごしたかったのですが、ひとつ問題が…

f:id:beautifuldreaman:20190531131319j:plain

分かりますかね。なぜか大量のショウジョウバエがいました。口にも鼻にも服にも入ってくるほどの数だったので、残念ですが、写真を撮ってすぐに駐車場へ戻りました。

午前中は綺麗な写真が撮れない

ちなみに、この日の潮はこんな感じでした。

f:id:beautifuldreaman:20190531132502p:plain

干潮は10時53分なので、私が訪れた9時過ぎは潮が低かったようです

潮が低いことは、沖縄の海が綺麗に見える最低条件。ただ、動画を見ても分かるように、太陽の日差しが海に反射してしまい、あまり綺麗には撮れていません。

写真にするとこんな感じ。暗くなってしまいます。果報バンタへ行くときには、時間帯も気にするのがベストです。

こちらは【お昼過ぎの時間×潮が引いた日】に撮った写真。写真での見え方が全然異なります。おすすめの時間帯は、太陽が真上に来るお昼前後の時間に、潮が引くタイミングということです。

果報バンタは沖縄本島でも、トップクラスの絶景スポットだと思います。

ちなみに、こちらは雨の日の果報バンタ。日差しの反射が無いので、海の蒼さははっきりとしています。

展望台と駐車場の間にもパワースポット

f:id:beautifuldreaman:20190531125701j:plain

ぬちまーす工場の駐車場にある、一見ただの雑木林も「はなり獄」というパワースポット。

一帯がひとつの石灰岩で出来た丘になっており、木々の中には「三天御座 (みてぃんうざ)」があります。

こちらは2011年4月に発見された鍾乳洞。大きなガジュマルとソテツによって守られたこの空間は、「要」となるエネルギーのお福分けがいただける聖域とのこと。いわゆるパワースポットです。他にも、近くには健康にご利益のある「龍神風道」という聖域もあるそうです。

ぬちまーす工場も見学

そしてここまで来たら、「ぬちまーす工場」も見学したいところです。

駐車料金や工場見学料もかかりません。

【沖縄ライフ】 ぬちまーす工場見学~2019年5月31日 ~

工場見学は製塩の過程を上から眺めるという感じ。

沖縄の言葉で「命の塩」を意味するぬちまーす。100%沖縄のちゅら海から生まれた、海の結晶ともいえる海塩です。その技術・美しさ・品質は世界的にも高く評価されているようで、数々の賞を受賞しています。

ちなみにこの飴はスーパーの飴コーナーで売られていたもの。

原料には「ぬちまーす」と書かれていますが、製造場所は名古屋!こういったことは意外と多いです。

宮城島のぬちまーす工場には、レストランやお土産屋さんも併設されています。ただ、違いの分からない私は、「うーん。塩だもんなぁ…」と、レストランやショップには目もくれず、家に帰ることにしました。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました