イルカにクジラ 南島も!海のツアーがおすすめな理由|初めての小笠原諸島 旅行記7

初めての小笠原諸島

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【初めての小笠原諸島旅行記】その7をお届けします。

★前回の記事★

小笠原旅行はツアーで楽しむ

小笠原諸島では、ナイトツアーがあったり、宿で宴があったりして、夜も遅くなりがちですが、朝も比較的早めです

f:id:beautifuldreaman:20191106074306j:plain

それは島内ツアーに行くお客さんが多いから。

小笠原諸島では観光客のおよそ8割が、島での滞在中、何らかのツアーに申込むとされています。

おがさわら丸が父島に入港している間は、「1日ツアー」を実施している業者が多く、その集合時間が8時だったりすることが多いです。

では一体、小笠原にはどんなツアーがあるのでしょうか。今回は海のツアーを中心にご紹介します。

その1. ドルフィンスイム・ウォッチング

f:id:beautifuldreaman:20191106074807j:plain

小笠原では野生のイルカと一緒に泳ぐことが出来ます。

御蔵島をはじめ、野生のイルカと泳ぐことが出来る場所はいくつかありますが、通年でドルフィンスイムを楽しむことが出来るのは小笠原だけ。

【ちょっと衝撃映像】小笠原諸島でイルカに食べられそうになりました(ドルフィンスイム)その2

しかし、イルカと泳ぐのはなかなかハードです。プールと違って波もあり、当然足も着きません。

一方で、イルカの方から船や人間に寄ってくることも多いです。

イルカが泳ぐ小笠原の海。船上からイルカショーを楽しむ。

そんなときは船に乗りながら、イルカウォッチングを楽しむことが出来ます。

その2. 南島上陸

 南島は、父島のそばに浮かぶ小さな無人島です。

f:id:beautifuldreaman:20191106075231j:plain

「沈水カルスト地形」という、珍しい地形が美しい景観を作り出しており、島そのものが国の天然記念物に指定されています。

南島は本当に素敵な島なので、初めて小笠原を訪れる人は、絶対に訪れてほしい場所でもあります。

f:id:beautifuldreaman:20191106075520j:plain

上陸するには東京都の認定を受けたガイドの同行が必要で、1日の上陸人数にも制限が設けられています。

f:id:beautifuldreaman:20191106075602j:plain

南島に行くだけのツアーはほとんどありません。それは父島から南島に行く途中、イルカと出会える確率が高いから。

ドルフィンスイム・ウォッチングのツアーに、南島上陸が組み込まれている場合がほとんどです。

その3. ホエールウォッチング

f:id:beautifuldreaman:20191106192611p:plain

小笠原の海には野生のクジラもやってきます。

夏場はマッコウクジラ、冬場はザトウクジラという、季節によって見られるクジラの種類は異なりますが、ホエールウォッチングのメインはザトウクジラ。

クジラとイルカが一緒に泳ぐ海 ~小笠原諸島・父島~

夏場のマッコウクジラは「見れたらラッキー」という感覚で、クジラを探すことがメインのツアーはほとんど行われていません。

f:id:beautifuldreaman:20191106192909p:plain

マッコウクジラは動きが地味で、ジャンプしたりはしません。見ることが出来るのは尾びれぐらいです。

そして、尾びれが見えたら、クジラはそのまま勢いよく海底へと行ってしまうので、しばらくは姿を見ることが出来なくなります。

f:id:beautifuldreaman:20191106193214p:plain

私も、ツアーの最中にマッコウクジラを見たことはありませんが、一度だけ、父島に向かうおがさわら丸から、その尾びれをみたことはあります。

小笠原といえばやっぱりクジラとイルカ

f:id:beautifuldreaman:20191106193602j:plain

海の体験ツアーは他にも、カヤック・SUP・釣りなどがありますが、小笠原の海のツアーのメインは、イルカと南島、冬場のクジラです。

イルカやクジラは野生なので、見ることが出来るかどうかは運次第ですが、かなり高い確率で見ることが出来ます。

一方、冬場は南島に上陸することが出来ません

時化の影響で、島に船が接岸出来ないことが多いので、島自体への立入りも禁止にして、植生回復期間としているのです。

f:id:beautifuldreaman:20191106193827j:plain

ということで、海のツアーについてはここまで。次回は陸のツアー、そして、小笠原で行われているツアーの特徴についてご紹介します。

私の小笠原滞在2日目の様子はその後!。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました