おんなの駅が面白かった!ローカルなグルメと地元の特産品が並ぶ ドライブにもおすすめ

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「おんなの駅」に行ってきたので、その時の様子をご紹介します。

女の駅ではなく恩納の駅

正式名称は『おんなの駅 なかゆくい市場』。「女」ではなく「恩納」です。

道の駅のような施設ですが、道の駅ではありません。営業時間は10時から19時までとなっています。

国道58号線沿い、恩納村の海沿いに位置しているので…

道の駅の向かいには、オーシャンビューが広がります。

この海で行われているのが、もずくの養殖。沖縄のもずく生産量は全国生産量の9割を占めており、恩納村は、沖縄県内で初めてもずくの養殖に成功した地でもあります。

おんなの駅にある、水産物販売直売店「浜の家」で、もずくが販売されています。

沖縄県外でもずくと言えば、「もずく酢」として販売されているのが一般的ですが、沖縄県産の生もずくは、サラダと一緒にしたりして、そのまま食べるのがおすすめです。

生もずくも、そのまま食べると海の塩っ気が感じられますが、より「塩」を感じたい方には、沖縄の塩コーナーもあります

おんなの駅で名物となっている海のグルメは、もずくよりも「ウニ焼き」です。

ウニ焼きのウニはウニソース。ムール貝Verとホタテ貝Verがあります。

他にも、ご飯のお供にもなりそうなウニ商品があります。

沖縄のウニはあまり聞きませんが、シラヒゲウニという種類が獲れるそうです。

しかし、ウニソースにどれほどウニが入っているか、また、ウニ商品に使われているウニが沖縄県産であるかは謎です。

沖縄らしいお店が並ぶ

外のアーケードがにも、沖縄らしいお店が並んでいます。

丸焼きたこせんべい

どんなものか気になりましたが、開店直後の時間だったので、出来上がったものを見ることは出来ず。

右側はブルーシールアイス、左側は沖縄らしい小物が販売されている具志堅商店。

豚横断注意」という、可愛らしくもリアルな標識がありました。

もちろん、実際に豚が歩いているわけではありません(笑)

標識の向かいにあるのは、てびち唐揚げのお店です。

てびちは豚の足の部分にあたります。

トロトロに煮込まれているのが一般的で、唐揚げにされているのは初めて見ました。

タコライスならぬタコスサンド。

サーターアンダギーの専門店もあります。

様々な味があるのも面白いですが、揚げたては全然違うので、一度食べてみるのがおすすめです。

お土産の種類も豊富

続いては、お土産などが揃う建物の中へ。

早速大きなクリスマスツリーがありました。

そのツリーの根元に置かれている商品が「ざまみのシークワーサー」という、沖縄らしい光景です。

こちらは泡盛専門のコーナー。

沖縄各地の泡盛が揃っており、種類・数ともに豊富です。

萬座は、恩納村で唯一の酒造で作られている泡盛。その名前は「万座毛」に由来しています。

入口にサンゴの海を再現した水槽があります。

クマノミなどの熱帯魚が泳ぐ中、大きな瓶が置かれていますが、こちらも海水で熟成させているという泡盛です。

お酒だけでなく、こちらの商品棚に並ぶ飲み物は、アセローラやシークワーサーなど、スーパーやコンビニなどでは見られないラインナップです。

農作物も充実

地元で採れた農産物も充実しています。

こちらは乾燥させたローゼル。11月と12月に旬を迎え、ハイビスカスティーの原料に使われます。

生産量などの統計を調べてみても、情報はほとんど出てきません。恐らく国内生産のほとんどが沖縄県です。

こうきバナナ

沖縄で採れるバナナは「島バナナ」と言われ、一般的な輸入バナナよりも小さめです。

栽培している農家さんが少なく、県外の市場にもあまり出回らず、県内でも高級フルーツとなっています。

スターフルーツ

果実を切ると、断面が星形になることがその名の由来となっています。

フルーツパパイヤ

果実が緑のものはサラダとして使われますが、熟して色が変わってくると、その用途がフルーツに変わるのが特徴です。

今季初入荷とされていたのが「アテモヤ」。

日本では『森のアイスクリーム』、アメリカでは『カスタードアップル』と言われ、なかなか美味しいそうですが、私は食べたことがありません。

いつか食べてみたいフルーツです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_3209-1024x768.jpg です

沖縄本島中北部へ行くときは、高速道路を使ってしまう人が多いですが、たまには国道58号線を北上し、こうした場所に立ち寄ってみるのもおすすめです。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました