かつてのナンパ島を歩く 白砂のビーチとおしゃれなガラスを見る|2018年冬 新島旅行記 その3

新島・式根島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2018年 新島・式根島旅行記」その3をお届けします。

★前回の記事★

ナンパ島を歩いてみた

新島滞在2日目

この日は朝から晴れた新島を、歩いて巡ります

こちらは「砂んごいの道」。

新島の方言で「舗装されていない自然のままの道」という意味になるそうです。

半世紀以上前の新島は、こうしたコーガ石の石垣と砂で道が作られていたそうです。

どことなく、沖縄の離島を感じさせる景色でもあります。

前日に続き、この日も羽伏浦海岸にやってきました。

港周辺の集落や、空港から歩いて30分で、この絶景ビーチが広がるのは、なかなか贅沢です。

しかし、広大なプライベートビーチ状態で、歩いていても、すれ違う人はゼロ

ちなみに、この日は日曜日です。

バブルの時代、女子大生や女子高生のバカンス先として人気だった新島。

そして、女子たちを狙った男子たちも島に集まるようになり、別名「ナンパ島」とまで言われていました。

ネットでは、当時の様子を紹介する、様々な記事がありますが、今の新島からは想像もつきません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_5070-1024x768.jpg です

島にディスコが3軒もあったそうです。

今では歩いていても、聞こえてくるのは鳥の鳴き声だけ。のどかな雰囲気です。

一方で、夏のさるびあ丸には、若者も多く乗船しているので、雰囲気がまた違うのかもしれません

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 無題-1.png です

ちなみに、毎年多くの若者で賑わう「東京湾納涼船(さるびあ丸)」では、ナンパが禁止されています(笑)

★参考:出会いを楽しみたいなら小笠原へ行け!★

白ママ断層とダイナミックな自然

ちょうど、島民の方が運転すると思われるが、海岸へと降りていきました。

どうやら、車でも砂浜を走ることが出来るようです。

前回もご紹介しましたが、新島の海の砂はこんな感じ。

ガラス質の石英で出来ています。

こうした砂がどこから来ているのかというと…

こちらの断崖絶壁、白ママ断層と呼ばれています。

ママは「崖」の意味

最も高いところで、その高さは250mにもなるそうです。

この先は砂浜が狭くなっており、写真でも若干煙っている様子が分かります。

これがまさに、崖が侵食されている証です。

こうして削られて、細かくなったものが流れて堆積し、羽伏浦海岸を作っています。

ダイナミックな自然の営みを感じられるスポットです。

シークレット」と言われる、サーフスポットにもなっています

新島ガラスアートセンターへ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_5027-1024x768.jpg です

新島の道端には、写真のような、ガラスで作られた標識があります。

このオリーブ色のガラスが、コーガ石で作られた「新島ガラス」。着色をしているのではなく、ガラスを作る過程で、自然にこの色が出てくるそうです。

新島にはモヤイ像だけでなく、新島ガラスを使ったオブジェも多く置かれています。

こちらは「東京都島しょ保健所 大島出張所新島支所」。

柱にも新島ガラスが組み込まれています。

羽伏浦海岸から集落の方へ戻ってくると、青空は一転、冷たい雨が降ってきました

しかし、部屋でじっとしていても退屈です。

午後は、新島ガラスを紹介・販売する「新島ガラスアートセンター」へ行くことにしました。

雨の中でしたが、集落から30分ほどで行くことが出来ます。

ガラスアートセンターでは、作品の展示と販売が行われている他、ガラスづくり体験も行われています。

基本的に写真撮影はNG。こちらはお土産用に並ぶコップです。

ガラスアートセンターからまました温泉へ

新島には温泉もあります。

こちらは、港からガラスアートセンターへ向かう途中にある 湯の浜露天温泉

無料・年中無休・24時間営業ですが、水着が必要なので今回はスルー。

晴れていれば、夜に星を見ながら、温泉に浸かることも出来ます。

ガラスアートセンターの目の前にある、まました温泉を利用してから、集落へ戻ります。

こちらは、内風呂・露天風呂・サウナもあって300円。さらに、700円を支払うと、羽伏浦海岸の砂を使った、砂蒸し風呂も利用することが出来ます。

新島は雨が降っていましたが、露天風呂からは、遠くの夕焼けを見ることが出来ました。

翌日は朝一の連絡船式根島へ。

ガラスアートセンターでたまたま話を聞いたスタッフSさんが、我々と同い年で、会話も弾み、夜は居酒屋で一緒にお酒も呑みました

Sさんは、朝の港にも、見送りに来てくれました。どんなに綺麗な景色よりも、こういうのが何よりの思い出になります。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました