死ぬまでに見るべき絶景にも選ばれた!二重式カルデラを体験|2015年夏 青ヶ島旅行記3

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2015年夏「八丈島・青ヶ島旅行記」その3をお届けします。

★前回の記事★

ひんぎゃを体験する!

青ヶ島に上陸し、港から集落を目指して歩いています。

青ヶ島は火山活動度ランクCの活火山。山の斜面をよく見ると、地面から湯気(水蒸気)が立っていることが分かります。

翌日撮影

こうした噴気孔を「ひんぎゃ(語源:火の際)」と呼び、青ヶ島では昔から、様々な形で活用されてきました。

こちらは、蒸気を利用して蒸し調理が出来る「地熱釜」。誰でも無料で自由に使っていいそうです。

網は常設されているので、これに蒸かしたいものを入れて、しばらく放置します。宿の方から生卵を頂いたので、ゆで卵になるか試してみましたが、しばらく経ってから取り出してみても、生卵のままでした(笑) 自然の熱なので、常に熱いわけではないようです。

ひんぎゃの蒸気を利用したサウナもあります。ここもやはり自然の熱なので、日によって温度が変わり、だいたい60度前後になるそうです。300円で利用することが出来ますが、今回はゆっくりする時間がなかったので入らず。

青ヶ島村製塩事業所で作られているのは、青ヶ島の海水を地熱蒸気で温めた「ひんぎゃの塩」。青ヶ島の定番お土産のひとつとなっています。

★参考:那覇空港にもひんぎゃの塩が売ってます

死ぬまでに見るべき絶景13選

青ヶ島は標高1100mの山の頂上部にあたり、見えていない部分は海面下にあります。

こちらが青ヶ島を代表する景色。周囲を崖に囲まれた中にもうひとつ、プリン形の小さな山があり、この地形を二重式カルデラといいます。

青ヶ島自体は数千年前の噴火で誕生し、1785年の大噴火によって丸山火砕丘(プリン形の山)が形成されました。

2014年、アメリカの環境保護NGOが発表した「死ぬまでに見るべき絶景13選」に日本で唯一選ばれ、世界的にも有名になりました。

ここまでは内輪山の周辺を歩いていましたが、山を登り、外輪山の上までやってきました。

外輪山から海方向へと延びる道からは、絶景が広がります。

絶壁になっているので、海へ降りることは難しいです。島の人は港で海水浴をするようですが、観光で訪れた人が遊べるような海はありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2015-%E5%A4%8F-%E5%85%AB%E4%B8%88%E5%B3%B6%EF%BC%86%E9%9D%92%E3%83%B6%E5%B3%B6-188-1024x768.jpg です

ちなみに、港(外輪山の外)と外輪山の内側は、こちらのトンネルでつながっています。

大凸部展望台から見る二重式カルデラ

「死ぬまでに見るべき絶景13選」に選ばれた青ヶ島の二重式カルデラを一望するには、ヘリコプターか、大凸部という展望台が一般的。今回は往復とも船なので、ヘリではなく、大凸部展望台からの景色をご紹介します。

集落を抜けて山の中へ。展望台までは遊歩道が整備されています。

こちらが標高423m・大凸部展望台からの景色。二重式カルデラの頂上部、つまり青ヶ島の最高地点にあたり、島の特徴的な地形を見ることが出来ます。

振り返ると太陽に照らされた青海原。イスもあるので、ここで太陽が沈んでいく様子を眺めます。

大凸部は海に面していますが、標高が高いためか、波の音などは聞こえません。もちろん、車や人の生活音もなく、トンボが羽を羽ばたかせるときの「パチパチパチ」という音だけが響きます。

水平線に雲があるようで、太陽はゆっくりじわじわと沈んでいきました。真っ暗になると危険なので、明るいうちに、急いで宿へと戻ります。

ちなみにこちらは翌日午前中の大凸部。どうしても内側が影になってしまい、暗めに映ります。大凸部の景色が最も美しいのは、太陽が真上に来る、夏の正午前後だと思われます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました