曇りの波照間島を原付で巡る 海はいまいち 星も見れず!これが島の現実|2016年 旅行記その5

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「2016年 春 石垣島・波照間島旅行記(人生初の沖縄旅)」その5をお届けします。

★前回の記事★

島暮らしの現実を体験する

時化の影響で、船が全便欠航となり、波照間島から出ることが出来なくなりました

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-338-1024x768.jpg です

波照間島の1周道路は約9km

原付であれば、20分ほどで1周することが出来てしまいます。

島に上陸したのは、 前日の昼過ぎですが、すでに数え切れないくらい島を1周しており、もうやることがありません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-360-1024x768.jpg です

晴れていれば話は別ですが、曇っていて、さらに寒いので、非常に退屈です。

さすがに部屋でじっとしているのは勿体ないので、とりあえずまた、宿で原付を借りて、島を彷徨います

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-427-1024x768.jpg です

この体験を通じて、島暮らしの現実を知ることが出来たような気がします。

島旅が好きでも、今のところ住みたいとは思えません。

島に住んでいたら、恐らくこういう天気の時には、家から一歩も出ないと思いますが、それでも退屈せず過ごせるかが、島暮らしの重要なポイントだと思います。

部屋にいたら、見える景色は東京も島も、基本的には変わらないので、インドアな人の方が、島には向いているのかもしれません。

★参考:沖縄に移住してみた感想★

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-269-1024x768.jpg です

この写真をよく見ると、原っぱの中に1本、まっすぐ伸びたコンクリートの道があります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-386-1024x768.jpg です

こちらは波照間空港

この日は元々、西表島に滞在する予定だったので、波照間島から出られないのは、正直それほど問題ではありませんでした。

しかし、船の欠航が数日続き、石垣島からの帰りの飛行機に乗れないとなったら話は別です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-272-1024x768.jpg です

「船がダメなら飛行機で」と言いたいところですが、当時も2022年8月現在も、波照間空港には定期便がありません

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-354-1024x768.jpg です

結局、やってきたのはニシハマです。

美しいビーチと紹介されているので、ネットやSNSに出ているのは美しい景色ばかり。

最悪のコンディションのニシハマは、ある意味貴重です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-357-1024x768.jpg です

船が全便欠航となるような日のニシハマはこんな感じ。

泳いでいる人はもちろん、ビーチにも人は誰もいません。

曇りで風が強い時の波照間島・ニシハマ

波照間島~石垣島の海は荒れていたのかもしれませんが、島は雨も降っておらず、風がやや強い程度。

台風など、もっとひどいときもあるはずなので、「最悪」とは言えない状態かもしれません。

曇天の波照間島を観光する

ひたすら自然の景色を見ながら、原付で走っていたので、気分転換に文明を感じる場所へ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-395-1024x768.jpg です

こちらは「モンパの木」というお店。

波照間島Tシャツなど、お土産になるような雑貨が販売されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-407-1024x768.jpg です

こちらのシーサーは、目に「タカラガイ」が使われています。

タカラガイは沖縄のビーチによく落ちている貝ですが、かつて中国で、お金として使われていました。

今では金運アップのお守りになっているので、このシーサーはお金に目がくらんで…笑

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-034-1024x768.jpg です

今回泊まった西浜荘も知る人ぞ知る宿ですが、こちらの【たましろ】も有名です。

「日本一汚い」「ご飯のボリュームが異常」など、今も旅先で様々な噂を耳にします。

いつか泊まってみたい宿です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-400-1024x768.jpg です

昼食は、この天気でも営業していた飲食店でソーキそば

この旅で初めての、沖縄らしいグルメです。

そして、午後もまた、原付で島を走ります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-402-1024x768.jpg です

岩で作られた、高さ4mにもなるこちらの高台は「コート盛」。

日本が鎖国をしていた時代、薩摩藩支配下の琉球王国時代に作られ、ここから海上の船を監視していたそうです。

先島諸島の島々には、こうした「火番盛」が点在しています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-477-1024x768.jpg です

下田原城跡」という看板を見つけました。

ウィキペディアによると、こちらは琉球王朝による統一を示す、重要な遺跡だそう。2003年には、国の史跡に指定されています。

近くには貝塚もあり、波照間島には紀元前から人が住んでいたと言われています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-466-1024x768.jpg です

ヤギがいました。

一方で、ニシハマにも人はおらず、原付で巡っていても、誰かとすれ違うことはほとんどありませんでした。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-433-1024x768.jpg です

他にも観光客はいたはずですが、皆さん宿に籠って過ごしていたのでしょうか。

天気の悪い島を満喫するのは、なかなか難易度が高いことなのです。

結局またニシハマへ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-416-1024x768.jpg です

結局、午後もまた、ニシハマへやってきました。

坂道の向こうに海が見える景色は、何度見ても素敵です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-410-1024x768.jpg です

潮が引いているせいか、これまでよりも綺麗に見えるような気がします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-413-1024x768.jpg です

この日も相変わらず寒く、埼玉を出発した時と同じような服装で行動していましたが、暇すぎるので、海へ入ることにしました。

覚悟を決めて、顔を水中に入れてみましたが、前日と同様、魚はほとんどいません。

非常に地味な水中の景色、そしてやっぱり、水中から身体を出すと、吹き付ける風に身体が凍えます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2016-春旅-波照間-419-1024x768.jpg です

まあこれも貴重な経験です。

またコンディションがいい時にリベンジすると心に誓い、ニシハマを後にしました。

★参考:リベンジを果たした時のニシハマ★

【島旅10秒動画】波照間島、ベストコンディションのニシハマブルー

宿へ戻り、この日の夕食であるを調理します!

「島で刺身が食べれる場所はないですか」と宿の方に聞いたところ、「無いからこれ食べていよ」と、冷凍で保存してあったものを頂いたのでした。

鯛めしとあら汁を食べて、波照間島2日目は終わりました。

晴れた島の景色を見たかった

波照間島滞在3日目を迎えました。

飛行機の都合上、この日島から出られないと、非常に面倒なことになりますが、雨が降り、朝一番の船は欠航

しかし、どうあがいても仕方のないことです。

雨の中、偶然持参していた合羽を着て、とりあえず原付で島を走ります。

ヤギとトラクター。

どうやら午後の船は出るようで、この見慣れた島の景色ともお別れです。

もはやルーティンとなったニシハマチェック。

最後まで、晴れた島の景色を見ることは出来ませんでした。

マンホールには「南十字星が輝く島」と書かれています。

波照間島で過ごした2晩、星はひとつも見ることが出来ませんでした。

13時、石垣島行きの船がやってきました。

3月下旬ということで、ちょうど島の先生が異動で去る場面に遭遇。

こちらは最後に皆で、校歌を歌っている時の様子です。

波照間島のお見送り 2015.3.25

さらば波照間島。

先生を見送る子供たちが船を追いかけてきます。ドラマや映画でみるような光景に、全く関係のない私も、感動してしまいました(笑)

貨客船も入港していました。

人のみでも利用することが出来て、高速船より時間はかかりますが、値段は安く抑えることが出来ます。

約1時間で石垣島に到着。

相変わらず雨は降っていますが、ここからは石垣島を車で巡ります

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました