穴場スポット 道の駅ぎのざを見学!見どころをご紹介|沖縄原付1周 2021 旅行記その3

原付の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「原付沖縄本島1周2021」旅行記その3をお届けします。

★前回の記事★

道の駅ぎのざで休憩

原付で沖縄本島を反時計回りで1周している途中です。

13時前、金武町から宜野座村に入りました。

西原町での休憩から2時間が経っており、そろそろ休憩ということで、道の駅ぎのざへやって来ました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8508-1024x768.jpg です

道の駅ぎのざには、路線バスで訪れることも出来ます。

沖縄の道の駅といえば、許田いとまんが人気ですが、ぎのざはあまり知られていません。

もともと物産館として運営されていた施設が、2014年に道の駅として登録されたそうです。さらに、2016年には、沖縄県で初めて、重点道の駅にも指定されました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8494-1024x768.jpg です

2000年に行われた九州・沖縄サミットの際、イタリアの首相が宜野座村を訪問したそうで、この案内版には、当時のイタリア首相と宜野座村長の署名が書かれています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8492-1024x768.jpg です

その記念に建立されたのが【真実の口】。

「ウソつきが、この顔の口に手を入れると、ガブっと噛み切られる」という伝説があります。

本場イタリアの、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会にある像のレプリカですが、せっかくなので、私も手を入れてみましたが、特に何も起こりませんでした

2019年にリニューアルオープン

2019年にリニューアルオープンされ、「ぎ~のくんランド」や「ぎ~のくん広場」が誕生しました。

ぎ~のくんランドでは、地元の子供たちが遊んでいましたが、ぎ~のくん広場は、コロナ対策で使用禁止。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8498-1024x768.jpg です

こちらはパブリックスペース

Wi-fiも使えるので、休憩だけでなく、作業したりすることも出来ます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8503-1024x768.jpg です

がっつり休憩したいという場合は、仮眠室もあります。

それほど広くはありませんが、中は畳が敷かれており、横になって寝ることが出来ます。ただ、何時から何時まで利用することが出来るのかは不明です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8499-1024x768.jpg です

宜野座村が、阪神タイガースの春季キャンプ地となっていることから、道の駅ぎのざには、阪神のグッズが並ぶ展示室もあります。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8500-1024x768.jpg です

見学は無料です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8501-1024x768.jpg です

チーム全選手のサイン入りボールがあるのは、日本でここだけかもしれません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8502-1024x768.jpg です

阪神のグッズが並ぶショーケースに、さらっと「宜野座高校ラグビー部」のユニホームと、ラグビー部員の直筆署名入りボールも置かれていました(笑)

道の駅で販売されている特産品

道の駅といえば、その地域ならではの特産品も、楽しみのひとつです。

宜野座村産のパイナップル

果実に張られたシールには「出荷 8月9日」と書かれています。この日は8月10日なので、前日に出荷(栽培?)されたばかり果実で、200円というのは安すぎる気がします。

こちらは表面の見た目が悪い、いわゆるB級マンゴー

1ネットに3つ入って1000円という、マンゴーにしては破格のお値段です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8483-1024x768.jpg です

マンゴーバター石けん

マンゴーの種からわずかにとれる油脂成分を使って作られた石鹸です。

派手な色をした、こちらの果物はドラゴンフルーツ

こちらの緑色の果実はグアバ。

グアバは「グアバ茶」が有名ですが、グアバ生産量日本一の沖縄では、生のまま食べている人が多いです。

バナナも沖縄県産で、沖縄が日本一の生産量です。

バナナは、日本で最も消費量が多い果物ですが、99%が輸入品で、国産バナナは非常に珍しいのです。

カボチャ!? 

既成概念を壊してくる、ヒョウタンのようなフォルムをしていますが、一応かぼちゃのようです。中身がどうなっているのか気になります。

金武町産の田芋が、真空パックで販売されていました。

沖縄では見られない食材ですが、沖縄では子孫繁栄をもたらす縁起物として、お正月や盆などの行事料理には欠かせません

★参考:田芋の収穫体験!★

ひじきもまた、沖縄料理には欠かせない具材と言えるでしょう。

ちなみに、沖縄で生産されているひじきの、およそ90%が与那原町で生産されています

手作りサーターアンダギーが並んでいるも、沖縄ならではです。

昼食抜きで旅を再開する

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_8489-1024x768.jpg です

いくつか飲食店もありましたが、この時は、休業しているお店が多かったです。

道の駅の横にあったセブンイレブンで昼食を済ませ、旅を再開します。

時刻は13時半前、辺戸岬まではまだ70km以上あります。

この旅で初めての給油をしました。

ここまで約90kmを走って1.92Lを消費。リッター40kmくらいの計算になるので、なかなかの燃費のよさです。

引き続き、故障しないことを願いながら、原付を走らせます。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました