ザネー浜(Beach51)の海が絶景だった!フォトジェニックな沖縄本島のおすすめスポット

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は沖縄本島の絶景スポット「ザネー浜(Beach51)」をご紹介します。

ザネー浜へのアクセス

沖縄本島で海の絶景スポットはいくつかありますが、その中でもおすすめは「ザネー浜」です。

沖縄本島中部・恩納村にある「真栄田岬」から歩いて10分ほど。Beach51という名前でも知られていますが、その名前の由来ははっきりとしていないそうです。

★参考:真栄田岬には青の洞窟があります★

ザネー浜は知る人ぞ知るスポットなので、途中に看板などはありません。「オーシャンリゾート真栄田岬」と「Pizzeria da Enzo」が目印です。

駐車場はありません。道もそれほど広くはないので、路上駐車はNG。車は真栄田岬の有料駐車場に停めるようにしましょう。

「3」と書かれた看板がある、こちらの道がザネー浜の入口。鎖が掛けられていますが、車の侵入を防止することが目的で、徒歩で中に入ることは認められているようです。

「入ってもよい」と明確に示されているわけでもなければ、「入ってはいけない」と示されているわけでもありません。鎖を超えた先に、ポイ捨て等の注意看板があるということからも、徒歩での侵入は認められているのでしょう。

一方で、周辺の畑は管理者がいるので、利用者のマナーが悪いと、立ち入りになる可能性も十分考えられます。

青海原に突き出た崖からの絶景

ザネー浜の絶景スポットは、この看板の左にある道の先にあります。

熱帯を感じさせる植物の緑に囲まれた道を歩きます。

空が見え、目線の先に青海原が見えてきました。

ここはザネー浜を上から見下ろす、崖のようになっています。似たような絶景スポットに、うるま市の「果報バンタ」があり、そちらもまたおすすめです。

★参考:果報バンタもおすすめ★

到着しました。沖縄を感じさせるコバルトブルーの海と水平線が見えています。

多くの人が訪れている影響で歩く道はありますが、おそらく人の手は加わっていないと思われます。崖の先端まで行くことができますが、柵などはないため、これほど美しい景色を写真に収めることが出来るのです。

崖の先端はこんな感じ。どうか事故などが起きず、この環境が今後も続くことを願うばかりです。路上駐車をしないことをはじめ、観光客のモラルの高さが求められます

青のグラデーション。沖に向かって青が濃くなっていく様子が分かります。

潮汐によって海の色は変わります。

こちらは別の時に撮影した写真。基本的に海は干潮の時間が綺麗に見えるものですが、ここは元々が浅いようで、潮が引くと一部海底が露出してしまい、それほど綺麗な景色ではありません。

また、太陽が真上に来る、正午前後の時間がおすすめです。

こちらがザネー浜。プライベートビーチ感に溢れています。

シュノーケルをしている方がいました。

透明度が高く、まるで宙に浮いているように見えます。

ザネー浜に降りてみる

せっかくなので、ザネー浜へ降りてみます。

崖から看板まで戻り、右手にある階段を下りていきます。階段まであるということは、やはり歩いてこちらへ入ることは問題ないようです。

ザネー浜の景色。海は高い場所から見下ろすのが綺麗です。ドローン撮影が人気の理由が分かります。

恐らくこちらで泳いでいるご本人は、宙に浮いているように見えていることには気付かないでしょう。

琉球石灰岩の隆起した地形が見られます。こうした地形が作る景色は、小笠原諸島・南島周辺の様子を思い出させます。

★参考:小笠原諸島・南島について★

ということで、今回は沖縄の海を楽しむことが出来る、本島の絶景スポット「ザネー浜(Beach51)をご紹介しました。

沖縄本島も海は綺麗ですが、海を見渡す絶景スポットは意外と少ない印象です。フォトジェニックな写真を撮りたい方はぜひ、ルールやマナーを守って訪れてみてください。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★こちらもおすすめ★

コメント

タイトルとURLをコピーしました