【宮古島の旅】日本一綺麗な海がここにあった。日本最大級のサンゴ礁「八重干瀬」ツアーに参加|2018年 旅行記その3

宮古島旅行記

ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は2018年の
宮古島旅行記」その3
をお届けします。

これまでの旅の思い出を振り返るシリーズです。

★前回の旅行記★

八重干瀬へ向けて出発

宮古島2日目。

この日は宮古島のそばにある
日本最大級のサンゴ礁「八重干瀬(やびじ)」
へ行くシュノーケルツアーに参加します。

先に書いておくと、この記事では写真を通じて
「様々な海の青」
を楽しむことが出来ます。

池間島からツアーの船に乗ります。

すでに海の色がきれいです。

ツアーの参加者は20名くらい。
一人で参加しているのは私だけのようです。

風力発電の風車が3つ並んでいます。

こちらが宮古島の最北端にあたる
西平安名崎」です。

池間大橋の下を通過します。

橋の全長1425m。

宮古島には、
周辺の離島とを結ぶ橋が3つありますが、
池間大橋はその中で一番早く作られた橋です。

快晴の下、船は揺れもほとんどなく
青海原を進みます。

所々、浅くなっているところは
海の色が変わっています。

シュノーケルで海の中へ

海上に境界線があるわけではないので
どこからが八重干瀬なのかは分かりません。

また、船の上からも海の中の
サンゴ礁を見ることは出来ません。

しかし、シュノーケルで海に入ると…

【シュノーケル】宮古島 八重干瀬で泳ぐ~2018年7月28日~

カラフルな熱帯魚たちが沢山泳いでいました。

まさに魚たちの楽園。

八重干瀬は南北約17km、
東西約6.5kmにもわたる
日本最大の卓上サンゴ礁群。

サンゴ礁の総数は100以上にもなるそうです。

休憩中のアオウミガメも
見つけることが出来ました。

シュノーケルを楽しんだ後はお昼休憩です。

青海原に突如、
蛍光ペンの水色のような色になっている
スポットが現れました。

「やばい、やばい(笑)」

あまりの美しさに、
思わずそうつぶやいてしまいます。

本当に綺麗な景色を見たとき
人は「キレイ!」ではなく
「すごい!!」というリアクションをします。

船からも歓声が上がっていました。

到着しました。
船は停泊し、ここでお昼の時間。

お弁当はツアーのお店が用意してくれています。
また、飲み物(さんぴん茶)は
ツアー中いつでも飲み放題です。

いや、贅沢すぎる…

こんな場所でお昼ご飯を食べるというのは
世界中でもなかなか無いのでは。

その海の色に
ただただ見惚れてしまいます。

ご飯を食べた後はしばらく自由時間。

海で泳ぐことも出来ましたが、
こうした水色が綺麗な海は
生き物はほとんど棲んでいません。

私は海には入らず、
この景色を思う存分楽しんでいました。

【島旅】宮古島 八重干瀬~2018年7年28日~

私がこれまで見てきた中で
間違いなく一番きれいな海。

いや、これよりも綺麗な海を探すのは
国内、海外を含めても難しいでしょう。

日本一綺麗な海はここにありました。

実際は船の周囲360度を
この景色に囲まれているので
写真で見るよりもずっと綺麗です。

しばらく、贅沢すぎる時間を過ごした後は
池間島の港へと戻ります。

八重干瀬ツアーはいくつか業者があるようで
他の船も入れ替わりでやってきました。

海を眺めていたら
息継ぎをしているウミガメさんを
たまたま見つけることが出来ました。

.

今回はここまで。
本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1164人(前日比+3) 
Instagram 2414人(前日比+6)
Youtube 46428回 (前日比+1388)

~移住2年目 244日目終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました