冬の汽車の旅!普通列車で苫小牧駅から旭川駅へ|2020年→2021年 年末年始の旅 その6

2020年→2021年 年末年始の旅

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は【2020年→2021年 年末年始の旅】その6をお届けします。

★前回の記事★

苫小牧駅で北海道&東日本パスゲット

沖縄から名古屋まで飛行機で飛び、名古屋からは船に40時間乗船し、北海道・苫小牧に上陸しました。

港からは、歩いて苫小牧駅へ。

ここからは鉄道の旅です。

利用するのは「北海道&東日本パス」。

連続する7日間、JR北海道・JR東日本の普通列車が乗り放題で11,330円という、お得な切符です。

『普通列車乗り放題』といえば、「青春18きっぷ」が有名です。苫小牧駅にもポスターが貼られていました。

青春18きっぷは5日間で12,050円、日本全国で利用することが出来ますが、北海道や東北を旅する場合は「北海道&東日本パス」の方が安いのです。

利用するのは13時26分発の岩見沢行き。

まだ出発までは、1時間以上あります。

見えているのは、王子製紙工場の煙突

苫小牧駅構内にはベンチもありますが、暖房が効いた環境で、時間をつぶせる場所はありません

列車が来るまでの約1時間、寒い中座って待っているのは辛いので、避難場所を探します。

寒い!ミスドに避難する

駅前には芸術的なオブジェが並べられていました。

夜になると、イルミネーションになるようです。

しかし、まだ真昼間で、この時の私にとって、こんなものはどうでもよく、とにかく暖かい避難場所を探していました。

幸い、駅前のドンキホーテの中に、ミスタードーナツがありました。

時間つぶしのためのネタ(本など)は、多く用意していたので、待ち時間も退屈はしません。

列車の時間が近づいてきたので外に出ると、青空の下、粉雪が舞っていました。

写真でも、よく見ると、白い点が写っています。

ということで、苫小牧からは1両編成のローカルな列車で、岩見沢駅まで向かいます。

岩見沢から先はまた列車を乗り換えて、この日の目的地は旭川です。

貴重になる北海道の汽車の旅

北海道内で多く利用されているキハ40と記念撮影。

電気を使わず、軽油を動力源にするディーゼル車で国鉄時代から活躍しており、北海道では「汽車」と言われてます。

LEDで行き先が表示される時代ですが、これも終着駅に着く度、手作業で表札の交換が行われています。

2021年春からは新型車両が導入されるそうで、こうしたレトロな車両が見られるのも、そう長くはなさそうです。

車両だけでなく、路線ごと無くなってしまう(廃線になる)可能性も十分あります。

写真は駅に置かれていた、JR北海道のパンフレット

路線(いわば事業)に大きな「赤字」が生じていることを紹介するパンフレットが、一民間の会社から発行されるというのは、普通ではあり得ません。

危機的状況であることが見て取れます。

岩見沢行きの列車もお客さんはゼロ。

鉄道でしか見られない景色は、そこを走る列車がなければ見ることは出来ません。特に冬は、雪が積もって、歩くことが出来ない道もあったりするので、鉄道でしか行けない場所が多くなります。

今回、私が冬の北海道を汽車で巡りたかったのも、これが理由です。

苫小牧は雪が少なめでしたが、北上するにつれて、少しずつ、積もる雪の量が増えてきました

そして、出発から約1時間で、駅標が埋まるほどの積雪に。

車窓はすっかり一面の銀世界です。

綺麗な景色ですが、ここから1週間北海道を旅するので、どこにいっても車窓の景色はこんな感じになります。

岩見沢に到着

ということで、乗り換え地点「岩見沢」に到着です。

私が乗っていた汽車の顔は、雪の厚化粧に覆われています。

次の汽車まで40分ほど時間があります。

微妙な待ち時間ですが、じっとして待っているのは寒いので、駅をぶらぶらしてみます。

それより気になるのは、写真に半袖の方が映っていること…

駅には合格祈願の絵馬が無料で置かれていました。

「何か書きたい」と思いましたが、止めておきます。

駅前の様子です。雪が降っています。

除雪はされていますが、なかなかの積雪。

そして今回、私の靴は、普段沖縄で履いているスニーカーです。

雪の対策は一切していないので、外を歩くのは断念しました。

ホームには馬の像が置かれています。

2006年まで岩見沢競馬場でばんえい競馬が行われており、その名残を今に伝えています。

時刻はまだ夕方の3時ですが、もう太陽が沈もうとしています

そしてホームと線路上では、人の手によって雪かきが行われています。

除雪作業員募集のポスターもありました。

16時間労働… 

北国の冬ならではのなかなかハードなお仕事です。

旭川までは約1時間半ほど、電車での移動です。

旭川駅前のビジネスホテルに宿泊

びばい

漢字で書くと「美しく唄う」と書いて『美唄』。

素敵な地名です。

相変わらず車内はガラガラです。

前日まで船の移動で、さんざん寝ていたので、ウトウトとすることもなく、移動中は本を読んだり、パソコン作業をしたりしていました。

あっという間に旭川に到着しました。

時刻は17時半。

この日は駅の近くのビジネスホテルに泊まります。

道は綺麗にライトアップされていますが、歩いている人はほとんどいません。

そして、何より寒い

雪も降っていますが、傘を差さずに歩いているので、服や荷物にどんどん雪が積もっていきます

こちらがこの日の宿。翌日もこちらに泊まります。

狭い部屋ですが、寝て、充電出来て、身体を流せればいいのです。

むしろ、どんなにいい場所に泊まっても、一人旅では家にいるのとそんなに環境は変わりません。

夕食はフェリーいしかりの船内で買った「台湾まぜそば」でした。

これにて旅の3日目は終了です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

★続きはこちら★

コメント

タイトルとURLをコピーしました