沖縄県産ピーマン!完熟の赤いピーマンを丸かじり。ピーマン収穫を体験する|2021年 旅行記その31

南国日記~沖縄移住の記録~

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「沖縄県産ピーマン!収穫を体験する」をお届けします。

★前回の旅行記★

沖縄のピーマンハウスへ

子どもが苦手な野菜のひとつ「ピーマン」。タキイ種苗が発表した【嫌いな野菜ランキング2020】でも、ピーマンは3位にランクインしています。

ピーマンは多くの人に知られている野菜ですが、ピーマンが実っている様子を見たことはありますか。

先日も私も初めて、沖縄でピーマンハウスを見学させていただきました。

お、大きい… 手のひらサイズのピーマンがつるにぶら下がっています。

沖縄のピーマン生産量は全国11位。「ちぐさ」というサイズの大きいピーマンが、沖縄本島の南部で栽培されています。

ピーマンの収穫をお手伝いする

こちらがピーマンの花。これも初めて見ました。

この花が枯れると果実が出来ます。沖縄では3月から6月まで、ピーマンの収穫が行われているそうです。今回私は見学だけでなく、収穫のお手伝いということで、ハウスにお邪魔していました。

ピーマンの収穫もまた、なかなか珍しい体験です。

★珍しい収穫体験in沖縄★

こちらが今回お誘いいただいたDさん。

Dさんはみかんと同じように、二度切りでピーマンを収穫しています。私はDさんが次々と収穫するピーマンに残ったつるの部分を、はさみで切り落とす作業。

このテカテカの光沢が獲れたての証拠でしょうか。

沖縄県産ピーマンは県内に出荷され、県外にはほとんど出回りません。沖縄でピーマンって、イメージないですよね~

赤いピーマンを丸かじり!甘くてみずみずしい

ピーマンといえば「」です。

そのため、赤いピーマンは出荷売ることが出来ないそうです。ピーマンは熟してくると、緑から黒、赤へと色が変化していきます。

赤いピーマンとパプリカの違いについてですが、植物学的には明確な分類・定義はないそうです。

ネットでは「果肉が厚くてリンゴの形に近いもの」がパプリカとも言われていますが、ちぐさは果肉が厚くて形もリンゴに近いです。パプリカになるのでしょうか。

それは置いといて、出荷するには大きさや形も重要です。

ただ、私が面白いなと思ったのは小さな赤いピーマンたち。こうしたピーマンは初めて見ました。

出荷することが出来ず、捨ててしまうということで、その場で味見をさせてもらいました。

生のピーマンを丸かじりするのも初めてですが、こんなに甘くみずみずしいピーマンを食べるのも初めてのことでした。ピーマンの概念が変わった気がします。

赤いピーマンは完熟の状態で、甘みが増しています。とても美味しいのですが、すでに完熟状態ということで、日持ちせず、市場には流通していません。

まさに産地でしか食べられないものです。ここでしか出来ない貴重な体験をさせていただきました。

でも、ここでしか食べられないのは勿体ない!それくらい美味しいピーマンです。

★購入はこちらから★

【ご協力お願いします】沖縄ピーマン800g~1kg
【ご協力お願いします】沖縄ピーマン800g~1kgをメルカリでお得に通販、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。新品/未使用品も多数、支払いはクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMが利用可能で、品物が届いてから出品者に入金される独自システムのため安心です。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

.

【SNS本日の結果】
Twitter 1498人(前日比+4) 
Instagram 2737人(前日比+4)
Youtube 178957回 (前日比+826)

~移住3年目141日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました