青森ねぶたを見物!祭りの目的や由来を考える|2016年北海道&東日本パス旅行記 その1

旅の思い出

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は2016年「北海道&東日本パスの旅」その1をお届けします。

★前回の北海道★

東北地方を北上する

今回からは2016年夏に北海道を旅した時の様子をお届けします。

出発は大宮駅。

大宮を出発してから数時間後、福島駅に到着しました。

埼玉から北海道へ行くといったら飛行機を利用するのが一般的ですが、私は「北海道&東日本パス」を利用しているため、普通電車を乗り継いで、東北地方を北上しています。

仙台駅に到着。写真の奥に写っている時計は、ちょうど12時過ぎを指しています。

この日の目標は青森なので、まだまだ移動を続けます。

16時過ぎ、盛岡に到着。

ここから青森まではJR線ではなく、青春18きっぷでは利用できない区間となりますが、北海道&東日本パスであればOKです。18きっぷの場合は盛岡から秋田経由となります。

北の果て・青森に到着しました。

この日は青森の一大イベント「青森ねぶた祭り」が行われていたので、駅前でその様子を見物します。

青森ねぶたを見物する

青森ねぶた祭りは、曜日に関わらず、毎年固定の8月2日~7日に実施されています。

2016年青森ねぶたの様子

こちらの動画が実際の様子です。青森の市街地が熱気に包まれています

駅からすぐの場所で行われており、最終日以外は19時から21時の間、ねぶたが練り歩きます。

混雑はしていますが、場所の譲り合いが積極的に行われていたのが、今も印象に残っています。

安いカメラでも手ぶれせず、なかなか綺麗に写真を撮ることが出来るのはありがたいです。

ねぶたの起源ははっきりと分かっていませんが、1700年頃は今の他のお祭りなどでみられる山車と、大きさはそれほど変わらなかったそうです。

その後、明治から戦後にかけて、どうやら「観光化」という流れでこれほど大きくなったとか。

祭りの由来が諸説ある中で、ねぶた祭りのホームページを見ても、例えば「無病息災を願う」など、現代もこのお祭りが行われている意味などは紹介されていません

ねぶたの下には企業看板が入っており、商業的な目的が強いと言えるでしょう(人が集まる→写真を撮る→広告価値が上がる)。

宿は青函フェリー

そんなわけで、鬼をも追い払うともされる、いかつい顔をしたねぶたが多い中で、たまにキャラクター的なものもあります。

こちらはNHKのキャラクター【どーもくん】です。「BSプレミ」という文字が見えていますが、やはりそういうことです(笑)。

飛鳥Ⅱも寄港していました。

「日本の伝統」などより商業的な目的が強いといえど、迫力があり、雰囲気もとてもいいことは間違いありません。日本中から多くの観光客が訪れます。

ということで、ねぶた祭りを見物した後にやってきたのはこの日の宿、青函フェリーです。

夜行の船に乗り、いよいよ北海道へ上陸します。

.

今回はここまで。本日もありがとうございました。

★続きはこちら★

.

~移住3年目364日目 終了~

コメント

タイトルとURLをコピーしました